浅草でお土産を買うならコレ【絶対喜ばれるランキング】

浅草でお土産を買うならコレ【絶対喜ばれるランキング】

浅草で人気のお土産トップ10!

日本国内のみならず、海外からの観光客も多い浅草

下谷、本所、深川と並んで東京下町の外郭をなし、浅草寺を中心とした観光地エリアを一歩外れれば、今もなお古きよき日本の姿を残す下町風情をそこかしこで見ることができます。

また一方で、2012年に開業したスカイツリーによって浅草周辺を訪れる観光客も激増し、下町と近代的な建造物を同時に見ることができるスポットとして注目を集めています。

このように浅草は、東京観光へ行ったらなら是非立ち寄りたい魅力的な場所ですが、せっかく浅草に行ったなら浅草らしいお土産を買いたいですよね。

では、浅草で人気のお土産とは一体なんなのでしょうか。


Sponsored Link

浅草で買えるおススメの人気のお土産特集!

浅草土産の定番と言えば、やっぱり和菓子。古くから創業している老舗の名店が多いので、どこで選んでも安心して買えるのが嬉しいですよね。

一方で最近は「和菓子の町浅草で買える洋菓子」もお土産として人気となっています。

そこで今回は、定番の浅草の和菓子のお土産から、新進気鋭のニューカマーの洋菓子までを一挙にご紹介したいと思います。

勿論、和菓子と洋菓子以外のお土産もご紹介していますので、是非参考にして頂けたらと思います。

 

常盤堂雷おこし本舗の「雷おこし」

asaomiya2
浅草を代表するお土産と言えば、やはり雷おこしです。雷おこしのおこしとは、家をおこす、名をおこすという意味があり、縁起がよい物として昔から親しまれてきました。白砂糖や黒糖味の他、抹茶やピーナッツ、海苔など数多くの味があります。

価格:24枚入り1,296円、36枚入り1,944円他
場所:本店、田原町店、雷5656店他
営業時間:9:00~21:00(本店)、その他店舗によって異なる

 

元祖木村屋人形焼本舗の「人形焼」

asaomiya3
浅草で最も古い歴史を持つ人形焼店。明治元年の創業に初代が、五重塔、鳩、提灯、雷様の浅草にちなんだ4種類の人形焼を考案しました。あんが入った物と入ってない物が売っているので、好みに合わせて選べるのも嬉しいところです。

価格:あん入り10個入り800円、あん無し22個入り1,500円他
場所:東京都台東区浅草2-3-1
営業時間:9:30~18:30

 

舟和本店の「芋ようかん」

asaomiya4
さつまいも本来の甘みや旨味を生かすため、砂糖と少量の塩で作り、着色料や保存料、香料などは一切使わずに自然の風味を大切にしています。そのため、日持ちはしませんが家族や自分用のお土産として購入される方が多いようです。

価格:5本詰648円、8本詰め1,036円他
場所:本店、仲見世1号店、雷門店他
営業時間:平日10:00~19:00、土曜9:30~20:00、日曜9:30~19:30

 

テスタロッサカフェの「浅草シルクプリン」

asaomiya5
その名の通りシルクのようになめらかなプリンと、少しほろ苦いカラメルソースが絶妙なバランスに作られています。プリン容器には、レトロな絵柄が掛かれた瓶を採用しています。

価格:1個380円
場所:本店、雷門店他
営業時間:11:00~21:00(本店)、その他店舗によって異なる

 

入山煎餅の「入山煎餅」


Sponsored Link


asaomiya6
大正3年創業の老舗の煎餅屋。浅草で煎餅と言ったらここ、と言われるほど地元の方からも愛されています。店先で職人が一枚一枚を焼きあげる姿を見ることができ、1枚から購入できます。煎餅は厚くて硬く、食べ応えのあるタイプです。

価格:10枚入り1,300円他
場所:東京都台東区浅草1-13-4
営業時間:10:00~18:00

 

亀十の「どら焼き」

asaomiya7
通常のどら焼きより、焦げた色をしている皮が亀十の特徴。白餡と黒餡の2種類があり、ふわふわの生地に包まれた皮に、北海道十勝産の小豆で作られたあっさりめの餡との相性が抜群です。

価格:1個350円
場所:東京都台東区雷門2-18-11
営業時間:10:00~21:00

 

浅草ラスクの「浅草ラスク」

asaomiya8
和菓子の町浅草で新しい洋菓子の名物が作れないかということで考えられたのが、浅草ラスク。とは言っても、従来のラスクを作っても意味がないと考え、辿り着いたのが新感覚の味わいがするラスクを生み出すこと、でした。溶かしたバターの上澄みだけを使うというこだわりで、サクサクとした食感と、濃厚ながらも飽きのこない味に辿り着きました。

価格:プレーン8袋16枚入り(簡易袋)1,026円、(手提げ袋)1,134円他
場所:東京都台東区浅草1-18-2 雷門ホテル1F
営業時間:10:00~19:00

 

浅草九重の「あげまんじゅう」

asaomiya9
商品の材料は全て国産、揚げ油は最高級のごま油と言う、こだわりから生まれる一品。店頭で揚げたてを食べ歩きするのが人気ですが、お土産用のパック売りも行っています。家庭で温め直す手間がありますが、浅草の味を自宅で味わえるのは嬉しいですよね。

価格:あげまんじゅう5種類パック10個入り1,590円
場所:東京都台東区浅草2-3-1
営業時間:9:30~19:00

 

やげん堀七味唐辛子本舗の「七味唐辛子」

asaomiya10
唐辛子、焼唐辛子、黒ゴマ、けしの実、麻の実、粉山椒、陳皮の7種が配合された七味唐辛子は、辛さだけではなく奥深い味わいや香りがする日本が生んだ香辛料です。こちらでは、既製品を買えるだけではなくオリジナルの調合で独自の七味唐辛子を作ることができるので、世界に一つしかない味をお土産にするのも素敵です。

価格:アルミチャック袋入り中辛30g540円、木製竹筒型13㎝(中身入り)1,998円他
場所:本店、メトロ通り店
営業時間:10:00~19:00(本店)、10:00~18:00(メトロ通り店)

 

浅草きびだんご あづまの「きびだんご」

asaomiya17
江戸時代、仲見世に実在したきびだんごの実演販売を再現しています。おみやげ用のきびだんごは、1分間茹でた後付属のきな粉をまぶして頂きます。

価格:おみやげきびだんご525円
場所:東京都台東区浅草1-18-1
営業時間:9:00~19:00

 

浅草のお土産のまとめ

長く愛され続ける老舗の味も、浅草で生まれた新しい味も両方を楽しめるのが、今の浅草です。

風情ある街並を散策しながら、是非、浅草らしい一品をお土産に選んでお持ち帰り下さい。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)