足汗(足底多汗症)の原因や対処と改善法!病気の可能性はあるの?

足汗(足底多汗症)の原因や対処と改善法!病気の可能性はあるの?

冷え性の場合でも足汗をかく原因や解消法!

私達の体には、200~500万と言われる汗腺が存在し、その汗腺からの分泌液がいわゆると呼ばれているものになります。

日本人の場合、平均して230万ほどの汗腺が毎日活動して汗を分泌していると言われています。

また、汗と言うと、主に暑い時や運動時に上がった体温を下げるために分泌されるもの、と思ってしまいがちですが、顔や手の平、足の裏など特定の場所にのみ大量の汗をかく場合は、その働きとは全く関係なく発汗していることがあり、最近はこの局所的な汗に悩む人が増えています。

そこで今回は、足の裏にたくさんの汗をかいてしまう原因や、その対処法について調べてみました。


Sponsored Link

足汗や足の裏の汗がひどい場合の原因は?

asasts2
体の中で、足(主に足裏)にだけ大量の汗をかいてしまうものを、足底多汗症と言います。

多汗症とは、その名の通り汗を多くかいてしまう病気なのですが、その多汗症が足の裏にだけ起こるものが足底多汗症となります。

多汗症は、足の裏に限らず多くの場合が自律神経の異常によって発症すると言われています。

自律神経は、交感神経と副交感神経から成るもので、交感神経は主に私達が日中、活動的に動くために働く神経を指します。

汗を出す指令を行っているのも、交感神経になります。

一方の副交感神経は、リラックスを促す神経で、この2つがバランスを保つことで私達は精力的に働いたり、心身の疲れを癒すことができるのです。

しかし、何らかの原因で交感神経から副交感神経への切り替えが上手くいかなくなると、常に緊張や興奮した状態が続き、汗が大量に出てしまいます。

この時、精神的な発汗が起こりやすい場所が足裏のため、足汗が大量に出てしまうことがあるのです。

 

多汗症の原因と解消法と効果的なツボや漢方は?

 

冷え性なのに足汗をかく原因は?

asasts3
一般的に、汗をよくかく人は暑がりで、汗をあまりかかない人は寒がりだと言われています。

しかしこれは間違いで、実は体が冷えている人ほど汗をかくことがあるのをご存知ですか?

手足が冷たい方というのは、血液の流れが悪くなっていることが多いのですが、手足に血液が届かずに冷えが進むとそれを解消しようと体の末端に血液が集中するようになります。

そうすると、これまで冷えていたところが急に温かくなるので、その温度差で発汗が起こるのです。

冷え症なのに足裏に汗をかくという方は、このような理由があるからだと言えます。

 

末端冷え性を改善する5つの効果的な方法!

足裏の痛みの原因や症状!病気かどうかをチェック

 

足汗や足底多汗症の症状

asasts4
足底多汗症では、次のような症状に悩む方が多いと言われています。

  • 靴の中が常に蒸れていて気持ち悪い。
  • 仕事などで長時間靴が脱げないと、雑菌が繁殖して周囲にわかるような強烈なニオイを放つ。
  • サンダルを履くと、汗で滑ってしまう。
  • 裸足でフローリングを歩くとベタベタとくっついてしまう。

足の裏は体の中でも比較的汗をかきやすい場所、と言われているため、足の裏に汗をかくこと自体は特に問題はありません。

しかし、足汗に悩む方は中敷きが汗でぐっしょりになったり、汗による蒸れが原因で水虫になりやすいなど、日常生活にも支障をきたすほど汗をかいてしまうと言われています。

 

水虫の原因と症状と対処法や治療の仕方と予防!


Sponsored Link


 

足汗を止める対処法や改善法!

asasts5
足裏に汗をかきやすい方は、冷えによる血行不良が原因の可能性があります。

そのため、足湯をして足裏を温めることで、温度差をなくし汗をかきにくくすることができます。

また、足湯の際に殺菌作用のある木酢液を入れると、足のニオイを抑えることもできます。

この他、汗をこまめに拭き取ることも大切です。

ウェットティッシュなどで汗を拭き取ることで、不快な状態が改善されます。

仕事先などで素足になりにくい時は、ストッキングを取り替えるだけでも蒸れを解消して汗を抑えることができます。

 

汗の臭いの原因と即効で消す方法や対策と予防法!

 

においを伴う足汗の対処法や改善法!

asasts6
足汗をかくと、靴の中が蒸れてにおいが出やすくなり、そのにおいがストレスになって余計に足汗が出てしまうことがあるため、においに対するケアをしっかりと行うことが大切です。

では、においを伴う足汗にはどのような改善法があるのでしょうか。

①足のケアをしっかりと行う

足の指の間や爪に汚れがあると、足汗をかいた際に雑菌が増える原因となってしまいますので、垢を洗い流すのは勿論ですが、爪もこまめに切ってケアを万全にしましょう

②毎日同じ靴を履かない

いくら足を綺麗にしても、汗や汚れが付着した靴を履いていたら意味がありません。

特に足汗に悩んでいる方は、靴は毎日違うものを履くようにした方がにおいを軽減することができます。

履かない靴は、陰干ししておくとよいでしょう。

③中敷きや制汗剤を使う

汗の吸収に優れた中敷きを使ったり、靴を履く前に制汗剤を吹きかけておくことで、汗による足のべたつきやにおいを減らすことができます。

 

体臭の原因や種類と改善方法!体のニオイのもとを消すには?

 

足汗のニオイが原因で考えられる病気は?

asasts7
実は、汗自体は殆どにおいがしないため、足汗によって足がにおう原因というのは他にあると言えます。

足汗をかいて足がにおってしまうのは、皮膚に常在する菌が繁殖するためだと言われています。

しかし、足汗によって靴の中が蒸れて高温多湿になると、それを好む白癬菌というものも繁殖しやすくなります。

白癬菌とは、俗に言う水虫のことで、水虫自体はにおいはありませんが、上記の理由で皮膚の常在菌がにおいを発生させるため、足のにおいが気になる時は水虫を発症していることが十分に考えられます。

 

水虫薬おすすめ5選と選び方のポイント【市販薬】はコレ!

 

足汗がひどい場合、病院は何科に行けばいいの?

asasts8
足汗を抑える対策を行っても思うように改善しない時は、病院で診てもらうのも一つの方法と言えます。

その際、何科に行けばいいのか悩んでしまいますが、足汗を診てもらうなら皮膚科がよいでしょう。

最近は、発汗異常を専門に診てくれる病院もあるようですが、まだまだ数が少ないのが現状です。

近くに皮膚科がない時は、形成外科や美容外科でも診てもらえるようです。

 

寝汗がひどい時は病気のサイン?その原因や対策法!

 

足汗(足底多汗症)の原因や対処と改善法!病気の可能性はあるの?のまとめ

足汗は、一見人にはバレにくいものですが、においという別の問題が起こりやすいところです。

とは言え、汗をかかないようにするというのは難しいため、日頃から汗をこまめに拭き取ったり、足湯で足を温めて冷えを改善するなど、対策を行っていくことが大切です。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)