万博記念公園の桜祭りや夜桜2016の開花状況と見頃時期!

万博記念公園の桜祭りや夜桜2016の開花状況と見頃時期!

万博記念公園の桜の開花予想や見頃時期と夜桜のライトアップ!

万博記念公園は、万博跡地を整備して作られた公園で、正式名称を「日本万国博覧会記念公園」と言います。

万博記念公園と言えば、「太陽の塔」がとても有名ですが、万博終了後パビリオンの撤去跡に広大な芝生広場や草木が植えられ、季節の花を年中楽しめる公園として市民の憩いの場となっています。

また、園内には約5,500本の桜が咲き、大阪府屈指の桜の名所としても大変有名で、桜の名所100選にも選ばれています。

3月中旬には自然文化園付近のシダレザクラが開花を始め、4月下旬からは5,500本のうちの約半数を占めるソメイヨシノが一斉に開花し、園内をピンク色に染め上げます。

さらに4月上旬には太陽の塔付近でオオシマザクラが、4月中旬になると日本庭園でヤエザクラが咲き誇る、というように長い期間に渡って桜を楽しめるのも万博記念公園の特徴と言えるでしょう。

では、そんな万博記念公園の今年の桜の開花予想や見ごろ時期はいつくらいなのでしょうか。もう少し詳しく調べてみることにしましょう。


Sponsored Link

2016年の万博記念公園 桜祭りの日程や夜桜のライトアップや開花情報

 

桜の見頃時期:3月下旬~4月上旬

桜まつりの開催期間:3月下旬~4月上旬(桜の開花に合わせて)

夜桜のライトアップ期間:万博記念公園桜まつり開催期間中

夜桜の時間:17:00~21:00

住所:大阪府吹田市千里万博公園1-1
TEL:06-6877-7387

万博記念公園桜まつり公式ホームページ:http://www.expo70-park.jp/


Sponsored Link


万博記念公園 桜まつりの桜の見どころや楽しみ方!

 

桜まつり期間中は開園時間が延長され、自然文化園にある東大路の桜並木がライトアップされます。

太陽の光を浴びて可憐に咲く昼間の桜とは一味違い、夜桜は幽玄な美しさを感じることができます。昼と夜で全く違う桜を見ることができるのも、万博記念公園のお花見の楽しみ方の一つと言えるのではないでしょうか。

また、全国陶器市の開催や臨時のバーベキューコーナーが設置され、お祭り広場では屋台もオープンします。さらには、広い園内に大型遊具や博物館がありますので、一日中飽きることなく過ごせます。

万博記念公園のアクセス方法や駐車場について

 

電車の場合

大阪モノレール『万博記念公園駅』下車後、徒歩約5分。大阪モノレール『公園東口駅』下車後、徒歩約5分。

車の場合

近畿自動道『吹田IC』下車後、約5分。中国自動車道『中国吹田IC』下車後、約5分。

駐車場について

4,300台収容可能な有料駐車場あり。平日1回800円、土・日・祝は一回1,200円。

万博記念公園の地図

 

万博記念公園の桜のまとめ

いかがでしたか?

万博記念公園は夜桜の美しさが有名のスポットのようで、一色ではなく数色に分けて桜をライトアップして独特の演出が行われているそうです。

是非、他とは少し違う夜桜を見に、今年は万博記念公園へ出掛けてみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)