五月病の原因や症状をチェック!治し方や対処法はコレ

五月病の原因や症状をチェック!治し方や対処法はコレ

五月病のチェックとその症状や対策と治し方!

4月は、入学や入社、転勤などで、これまでとは違う環境に飛び込んだ方もいらっしゃると思います。

新しい場所に行くと、そこに慣れること馴染むことに必死で、一生懸命頑張っていたら気が付いたら4月が終わっていた、ということはよくある話だと思います。

しかし、そうやって努力をしていたはずの学校や職場に、5月になった途端「行きたくない・・」と思ってしまうことはありませんか?

また、胃腸の調子が悪い、寝つきが悪くなった、食欲がない、などの体の不調が続き、学校や職場を休みがちになってしまった、ということはありませんでしょうか。

その症状、もしかしたら五月病かも知れません。

では、五月病とは一体、どのような症状を言うのでしょうか。


Sponsored Link

そもそも五月病とは?その原因は?

gogatsu2
五月病(ごがつびょう)は、正式な病名ではなく、四月の新入学や就職、異動などによる環境の変化に適応できない人や、適応しようと頑張り過ぎた人が5月のゴールデンウィークを過ぎたあたりから、うつのような症状になることを言います。

医学的には「適応障害」や「軽度のうつ病」と診断されることが多く、心身の疲労が長期の休み(ゴールデンウィーク)を境に一気に噴出するタイプや、休み明けに学校や職場へ行くのが困難になるタイプなどがあります。

 

急性胃腸炎はストレスが原因【症状と潜伏期間】治療と予防法は?

 

五月病の症状はどんなのがあるの?

gogatsu3
五月病の症状は、身体的なものと精神的なものに分かれますが、人によってはこれらが同時に出る人もいます。

体の不調として現れやすいのは、

  • 食欲不振やめまい
  • 疲れが取れずぐったりしている
  • 動悸、睡眠障害

などがあり、精神的な不調としては、

  • 憂鬱になる
  • イライラする
  • 何をするのも億劫になる
  • いつも不安になる

などがあります。

5月病は、新たな環境になかなか馴染めないがゆえに起こる適応障害と考えられているので、時間が経過していくうちに学校や職場での人間関係や仕事に慣れていくうちに症状が軽減されるのですが、稀にいつまでも症状が長引くことがあります。

 

夏バテを解消する方法【症状・原因・予防・食材・食べ物】

体がだるい時の原因と解消法【頭痛・眠い・やる気が出ない】

 

五月病はどういう人がなりやすいのか?

gogatsu4
新しい環境に身を置く限り、どのような人でも五月病になってしまう可能性は持っていると言えますが、その中でも特になりやすい人というのは存在します。

  • 性格が真面目な人
  • 完璧主義者の人
  • 周囲からの評価を気にする人
  • 内向的で大人しい人
  • 自分の気持ちを抑えてしまう人

などは五月病になりやすいと言われているので注意が必要です。

また、これらの性格に当てはまらなくても、新生活に向けて全く何の準備もしていなかった人が、環境の変化についていけずに五月病になってしまう場合もあるので、必ずしも性格だけが理由とは言えません。

 

寝ても常に眠い!体がだるい人の原因と昼間の睡魔改善対策!

 

あなたの五月病度をチェック!自己診断チェックリスト

gogatsu5
自分が五月病かどうか、簡単にチェックする方法があります。

下記のリストを読んで、当てはまるか否かを判断してみて下さい。


Sponsored Link


  • 疲れが取れない。
  • ぐったりしている。
  • 寝つきが悪くなった。
  • 夜中に何度も目が覚めてしまう、もしくは朝早くに目が覚めてしまう。
  • 食欲がない。
  • 動悸がする。
  • 気持ちが何となく晴れない。
  • 何もないのに泣きたくなったり、実際に泣いてしまうことがある。
  • 何事にも興味が沸かなくなった。
  • イライラすることが多くなった。
  • 遅刻が増えた。
  • 友達との付き合いが億劫に感じる。

どうでしたか?

チェックの数が多い(当てはまると答えた)場合は、五月病の可能性があります。

とは言え、必ずしもチェックが多いからと言って五月病だというわけでもありません。

自己判断はせずに、「何かおかしい」と感じたら早めに病院を受診するのがよいでしょう。

 

眠れない原因を解消しグッスリ眠れる5つの方法と快眠アプリ!

寝起きの頭痛の原因と治し方のコツ!

 

五月病はどうやって治せばいいの?五月病の5つの対策!

gogatsu6
五月病は、新しい環境に上手く馴染めないことのストレスが大きな原因と言われていますので、そのストレスを軽減することこそが、五月病を防ぐ近道となります。では、具体的にどのような対策方法があるのでしょうか。

対策1:音楽を聞いたり、スポーツをする

ストレスを溜めこまないためには、適度な気分転換が大切になります。好きな音楽を聞いてリラックスをする、汗を流して気分をすっきりさせるのは、とても有効な方法と言えるでしょう。

対策2:悩みを人に話す

五月病になってしまう方の多くは、抱えている悩みや不安を人に話すのを躊躇うようです。話しても解決しないから、と思わずに親しい友人や家族に、胸の内を話してみましょう。話すことで、案外気持ちが落ち着いたりするものです。

対策3:最初から上手にできると思わない

これまでとは違う環境の中で、一から人間関係を築いたり仕事をこなすのは誰だって難しいことだと感じています。「自分ならできるはず」「完璧にしなければ」という思いはほどほどにして、7~8割できたら自分を誉めてあげることが大切です。

対策4:趣味を見つける

没頭できる趣味を持つと、それがストレスの解消法となり五月病を撃退することができる場合があります。これは体を動かすことに限ったものではなく、カラオケや手芸、映画鑑賞などでも構いません。学校や職場のことを考えない時間を作ることが必要なのです。

対策5:感情的に物事を考えず、理性を働かせる

「仕事が嫌だ・・」という感情だけに支配されず、仕事の何が嫌なのかを考えるようにします。そうすることで漠然としていたストレスの元凶がはっきりとわかり、それに対して具体的な改善案を考えることができます。

五月病にならないように予防する方法

gogatsu7
五月病は、新しい環境に上手く適応することができずに患ってしまう症状ですが、ある程度予防をすることができます。

気分の落ち込みや憂鬱な状態になるのは、脳内のセロトニンという物質が深く関わっています。セロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれているのですが、強いストレスが掛かるとこのセロトニンの分泌量が減り、それが結果として気分が滅入る、泣きたくなるなどの症状として現れる場合があります。

このセロトニンは、適度な日光浴とリズム運動によって増やすことができますので、「最近なんだか気分が冴えないな・・」と思ったら、通学・通勤時に一駅分歩いてみるとよいでしょう。

また、ご飯をよく噛む・ガムを噛むことでもセロトニンを増やすことができるので、これらを意識して行うことで気持ちの浮き沈みをコントロールすることも大切です。

五月病の原因と対策のまとめ

五月病は、誰でも患ってしまう可能性のある症状ですし、五月病になった場合でも大抵の方は、時間の経過と共に本来の自分を取り戻していくものです。

しかし、中にはそのまま「適応障害」や「うつ病」に移行してしまうこともありますので、調子が悪い日が続く場合は病院へ行って適切な診断・治療を受けることが必要です。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)