母の日2016はいつ?由来や起源や意味は?

母の日2016はいつ?由来や起源や意味は?

母の日の由来や起源(始まり)と2016年はいつ?

毎年、5月の第2日曜母の日です。

母の日は、お母さんに感謝して敬う日と言われており、カーネーションを贈るのが一般的ですが、ではなぜ5月の第2日曜が母の日となったのでしょうか。

また、カーネーションを贈るのは一体どのような経緯から生まれたことなのでしょうか。

母の日は、年間のイベントの中でも誰もが知っていて有名なものです。

でも、どうして母の日が行われるようになったかは、以外と知られていないものです。

そこで今回はここで、母の日にまつわる謎や疑問を一気に解決して頂きたいと思います。


Sponsored Link

2016年の母の日はいつ?どういう日?意味は?

hahanohi2
2016年の母の日は、5月8日となっています。

この日付は毎年変動するので、5月の第2日曜が母の日と覚えておくのがよいでしょう。

ちなみに母の日を5月の第2日曜としているのは日本やアメリカ、カナダ、イタリア、ドイツ、フィンランド、中国などで、スペインでは5月の第1日曜、スウェーデンでは5月の最終日曜、イギリスではイースターの前のレントが始まって4週目の日曜となっており、各国で違いがあります。

また、母の日とはお母さんに日頃の感謝を表す日で、カーネーションを贈るのが一般的です。

 

母の日のカーネーションの由来と花言葉や色は?

 

日本での母の日の由来や起源は?

hahanohi3
日本で最初に母の日が行われたのは、明治時代の末と言われています。

それが大正時代になるとキリスト教会や日曜学校で徐々に広がりを見せていきます。

そして昭和に入ると、大日本連合婦人会が結成されたのを切っ掛けに、皇后の誕生日の3月6日を母の日と定めました。

しかし、当時の母の日はそれほど国民には普及していなかったため、森永製菓が「森永母の日大会」と称し大々的な告知を行いました。

これが功を奏し、母の日は各地に広まっていきました。


Sponsored Link


さらに、昭和24年ごろからはアメリカに倣って5月の第2日曜に母の日が行われるようになり、これが一般的となっと言われています。

 

父の日はいつ?起源や由来と意味は?

 

ちなみに元々の母の日の由来や起源は?

hahanohi4
母の日は、アメリカから日本に伝わった風習です。

1905年、アンナ・ジャービスという一人の女の子が、母の死を切っ掛けに「生きている間にお母さんに感謝の気持ちを伝える機会を設けるべきだ」と働きかけたのが始まりとされています。

この働きかけはアメリカ全土へと広がりを見せ、当時の大統領であったウィルソンの元にも届きます。

そしてウィルソン大統領は、1914年に「5月の第2日曜を母の日」として制定し、国民の祝日にしたのです。

また、アンナは祭壇に母の好きだった白のカーネーションを飾ったことから、お母さんが健在であれば赤いカーネーション、亡くなっている場合には白いカーネーションを飾るようになり、現代に続く「母の日にはカーネーションを贈る」習慣が生まれたと言われています。

 

母の日プレゼントおすすめ人気10選と選ぶポイント!

 

母の日についてのまとめ

最近は様々な色のカーネーションが売られていますが、白は亡くなったお母さんへの感謝を表すものなので、お母さんが生きている場合は、赤やピンク、紫を贈るのがよいでしょう。

 

母の日の関連記事

母の日イラスト無料【画像・素材・背景】おすすめ10選!

お母さんの誕生日プレゼント絶対喜ばれる10選【選ぶ時のポイント】

カーネーションのイラスト無料【画像・素材・背景】おすすめ10選!

おばあちゃん(祖母)が喜ぶ誕生日プレゼントおすすめ10選!

父の日の関連記事

父の日イラスト無料【画像・素材・背景】おすすめ10選!

父の日に贈る花の花言葉は何?黄色いバラ以外でもいいの?

父の日プレゼントおすすめ人気10選と選ぶポイント!

父親の誕生日プレゼント贈ると心から喜ばれる10選!

おじいちゃん・祖父が心から喜ぶ誕生日プレゼント10選!

 


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)