姫路城の桜・お花見2016の開花情報や見頃時期!

姫路城の桜・お花見2016の開花情報や見頃時期!

姫路城の桜の開花情報や見ごろの時期とライトアップ!

姫路城は、兵庫県姫路市にあるお城です。鎌倉時代から南北朝時代の守護大名だった赤松貞範が、1346年に築城したのが始まりというのが有力な説ですが、実際にははっきりとわかっていません。

また、姫路城は江戸時代以前に建てられた天守が残っている現存天守の一つで、城域が特別史跡に、天守や渡櫓など8棟が国宝に、74棟の建造物が重要文化財にそれぞれ指定されています。

さらに、1993年にはユネスコの世界文化遺産に登録されていますので、世界各国から観光客がやってくる日本国内屈指の観光地となっています。

さて、そんな姫路城がさらに人で溢れる時期がもうすぐやってきます。

それは、桜の咲く春です。

姫路城は、さくらの名所100選にも選定されている桜の名所でもあるのです。

そこで今回は、姫路城の桜の開花情報や見ごろの時期についてお伝えしたいと思います。


Sponsored Link

2016年の姫路城の桜(お花見)の見ごろやライトアップ情報!

 

桜の見頃時期:4月上旬~4月中旬

夜桜会の開催期間:2016年4月1日~4月7日(予定)

ライトアップ期間:夜桜会期間中

ライトアップの時間:18:00~21:00(予定)

住所:兵庫県姫路市本町68
TEL:079-285-1146(姫路城管理事務所)

姫路城公式ホームページ:http://www.himeji-kanko.jp/

姫路城の桜の開花情報コチラ


Sponsored Link


姫路城の桜の見どころや楽しみ方!

 

城内にはソメイヨシノを始めとして、シダレザクラやヤマザクラなど約1,000本が植えられています。

別名「白鷺城」と呼ばれる漆喰の城壁と、澄んだ青空、それに薄紅色の桜の花のコントラストは、姫路城の一番のビューポイントと言えますが、特にお勧めなのが夜桜です。

青い空が漆黒の夜空と変わり、あぶりだされるようにライトアップされた姫路城と桜の美しさは、この世のものとは思えない幽玄さです。

また、姫路城夜桜会の開催時には、普段は立ち入ることのできない夜の西の丸庭園が無料開放されます。

さらに日替わりでジャズやギター、オカリナなどの演奏が行われ、幻想的な世界観をより深く楽しむことができるでしょう。

姫路城のアクセス方法や駐車場について

 

電車の場合

JR山陽新幹線『姫路駅』及び山陽電車『山陽姫路駅』下車後、徒歩約25分。

車の場合

播但連絡道路『花田IC』下車後、約15分。姫路バイパス『中地IC』下車後、約15分。
三様自動車道『山陽姫路東IC』下車後、国道372号を経由して約6分。

駐車場について

582台収容可能な有料駐車場あり。3時間以内の利用で500円、3時間超は1日利用となり800円の料金が掛かります。

姫路城の地図

 

姫路城の桜のまとめ

姫路城は国宝の大天守が2009年から修理に入っており、その工事が2015年3月18日に終了の予定となっています。

3月27日には一般公開が開始されるそうで、今まで以上の混雑が予測されています。

なお、一般公開の際には整理券が配布されるようなのでご注意下さい。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)