貧血の原因や種類と改善法!頭痛や吐き気を伴う場合の対処法は?

貧血の原因や種類と改善法!頭痛や吐き気を伴う場合の対処法は?

貧血の症状の時の対処法と予防法!

貧血は女性に多い症状、という印象を持たれている方は少なくないのではないでしょうか。

実際に、ある調査によると成人女性の5人に1人が貧血ということがわかっており、自分を含め周囲の女性から一度くらいは「私は貧血持ちなの」という言葉を聞いたことがあるのではないかと思います。

このように、女性にとってはとても身近と言える貧血ですが、それゆえに「貧血くらいで病院へ行くなんて・・」と軽くみられがちな面も。

しかし、貧血は体が発するSOSのサインです。

たかが貧血と放置してしまうと、症状の悪化を招くだけではなく、隠れている重大な病に気付かないまま進行させてしまうこともあるのです。

そこで今回は、貧血の原因や種類、症状、対処法などをご紹介したいと思います。


Sponsored Link

貧血になる原因は?

hnktngn2
貧血の原因には、主に次の3つがあります。

①鉄分の不足

血液中の赤血球にあるヘモグロビンは、酸素を結合することで体の隅々にまで酸素を送り届けるという役割を行っています。

しかし、このヘモグロビンの材料となる鉄分が不足するとヘモグロビンが作られなくなり、減少することで酸素が行き届かなくなってしまいます。

②継続的な出血

女性は月経による出血が毎月あるため、血液が不足してしまうことで貧血になりやすいと言われていますが、それ以外にも胃潰瘍や十二指腸潰瘍、子宮筋腫、胃ガンなどの病気が原因で出血が続き、貧血になっている場合もあります。

③赤血球の破壊

血液中の赤血球の寿命は120日と言われていますが、何らかの原因で赤血球が作られなくなると、酸素を運ぶ働きが低下してしまうため貧血症状が現れます。

 

枝豆の栄養とゆで方のコツとゆで時間【美味しくなる秘訣】

冷え性の原因と効果的な改善方法【ツボ・漢方・食材】

 

貧血の症状

hnktngn3
貧血には、以下のような症状があります。

・耳鳴り

めまい

・立ちくらみ

・動悸や息切れ

・疲れやすい

・顔色が悪い

・食欲低下

・寒気

なお、学校の朝礼などでいきなり目の前の人が倒れたことはないでしょうか。

これは「脳貧血」と呼ばれるもので、脳に血液が上手く流れなくなることで、一時的に酸素不足になって起こるもので、貧血と名はついているものの今回の貧血とは根本的には違う症状となります。

 

疲れ目の症状と即効で解消する方法【ツボ・食べ物】

 

貧血の種類

hnktngn4
貧血と一口に言っても、原因によって様々な種類があります。

そこでここでは、主な貧血の種類をご紹介したいと思います。

①鉄欠乏性貧血

貧血の中で最も多いと言われているのが、鉄欠乏性貧血です。

その名の通り、体内の鉄分不足によって起こる貧血で、月経で毎月出血をする女性は特に多いと言われています。

②再生不良性貧血

血液を生成する骨髄に何らかの異常が生じ、赤血球を始め、血小板や白血球も減少することから、体の抵抗力が弱り感染症にかかりやすくなってしまいます。

原因が不明のため、難病指定となっています。

③巨赤芽球貧血(悪性貧血)

赤血球を生成する時に必要な、ビタミンB12や葉酸の不足によって起こる貧血です。

栄養不足によって細胞分裂が正常に行われなくなり、赤血球の元となる赤芽球が巨大化してしまい、赤血球になる前に壊れてしまうため、貧血の症状が現れます。

④溶血性貧血

通常は120日で寿命を終える赤血球が、それよりも先に壊れてしまうことで、血液の生成が追い付かなくなり貧血になってしまいます。

⑤続発性貧血

感染症やガン、腎臓や肝臓の病気などが起因となり、その二次症状として貧血が起こるものを言います。

貧血の時の応急処置や対策は?

hnktngn5
貧血の症状が現れたら、何より安静にすることが最も大切です。


Sponsored Link


立ったままだと、倒れた時に思わぬ怪我に繋がる恐れがありますので、まずは体を横にするか、それが無理なら椅子などに腰を掛けて休みましょう。

また、ネクタイやベルト、ボタン、ブラジャーなど、体を締め付けているものがあれば、それらを外して締め付けを解放するのも効果的です。

さらに、貧血が起こると体温が下がり、寒気を感じやすくなるので、体を温めるようにするのがよいでしょう。

頭痛や吐き気を伴う貧血の場合の対処法は?

hnktngn6
貧血というと、めまいや顔色が悪い、動悸などが主な症状として思い浮かびますが、実は頭痛や吐き気が症状として現れることもあります。

貧血は、血液の中で酸素を運ぶ役目を行う赤血球の異常に関わることが多く、必要な酸素が必要な場所に届かなくなることが原因で起こりますが、体の中でも最も酸素を使うのが脳なのです。

そのため、貧血によって酸素不足の状態になると、脳は影響を受けやすく、頭痛や吐き気を引き起こしてしまいます。

頭痛や吐き気を伴う貧血が起こった場合は、基本的には貧血の時の対処法と同じになりますが、頭痛が慢性的にある方は鎮痛薬を常用していることも多いですよね。

鎮痛薬は痛みがひどい場合にはしかたのない部分もありますが、頻度が多くなると体を冷やしてしまうため、血流が悪くなり、ますます貧血の症状を悪化させてしまいます。

頭痛や吐き気がよくあるという方は、その影に貧血が隠れていないかまずは確認し、貧血による頭痛や吐き気だとわかったら、体を温めて血流を促進するように心掛けましょう。

貧血を改善する方法や予防法

hnktngn7
貧血の改善や予防には、貧血の原因となる鉄分やビタミンB12、葉酸が多く含まれる食事を行うのがよいでしょう。

鉄分が多く含まれる食材には、マグロやカツオ、イワシ、鮭などの魚類や、ほうれん草、小松菜、大豆、卵などがあります。

また、ビタミンB12は卵や牛乳、しじみ、あさりなどに多く含まれ、葉酸はえだまめ、モロヘイヤ、パセリなどに多く含まれています。

なお、鉄分が多いながらも苦手だと感じる方も多い、豚レバーや牛レバーには鉄分の他に、ビタミンB12と葉酸も多く含まれていることから、貧血の改善や予防には最適な食材と言えます。

 

大豆イソフラボンの効能・効果や摂取量や副作用の心配はないの?

 

貧血がひどい場合、病院は何科に行けばいいの?

hnktngn8
貧血がひどく、日常生活がままならないなど明らかに支障が出ている時は、我慢をせず病院を受診するようにして下さい。

貧血の多くは鉄欠乏性貧血と言われているので、適切な治療を受け、生活習慣などを見直すことで、症状の大幅な改善が見込めます。

また、鉄欠乏性貧血だと思っていたものが、実は他に原因がある貧血だったという場合でも、病院へ行くことでしっかりとした治療を受けることができます。

貧血=鉄不足という認識が広まっているため、セルフケアとして鉄分を補給している方もいらっしゃいますが、それで症状が治まらないということは、別の原因があると考えてよいでしょう。

なお、貧血の症状があって病院へ行く時は、基本的には内科を受診することになります。

女性の場合、貧血の他に生理痛が重いなど、気になる症状があれば婦人科でも構いません。

貧血の原因や種類と改善法!頭痛や吐き気を伴う場合の対処法は?のまとめ

貧血のような症状があっても、それが本当に貧血なのかどうかは血液検査をしてみないことにはわかりません。

そのためにも、めまいや立ちくらみ、息切れ、顔色が悪いなどの症状がある時は、早めに病院へ行って貧血かどうかを確認することが大切です。

また、貧血には種類があり、必ずしも鉄分不足が原因とは限りません。

特に、腎機能や肝機能の障害やガンといった病気が原因で貧血が起こっている場合は、放置する時間が長くなるほど病状が進行してしまいますし、難治性の貧血であればセルフケアでよくなることはありません。

貧血には鉄分を補っておけば大丈夫などと過信せずに、まずは何が原因なのかをきちんと突き止めるようにしましょう。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)