厳選!北海道の夜景スポットおすすめの穴場12選

厳選!北海道の夜景スポットおすすめの穴場12選

観光やデートで女性が絶対喜ぶ北海道の夜景スポット!

日本でも屈指の観光地である北海道

毎年季節を問わず国内外から旅行者が訪れますが、夜景を見るのも一つの楽しみではないでしょうか。

夜景は、見る日によって少しずつ変化をしていく景色であるため、あなたが見た夜景はあなたしか見れない一瞬の芸術でもあります。

そんな絶景を、恋人と一緒に見る事が出来たら感動が増しますよね。

そこでここでは、北海道の主要観光地の中で夜景を見るなら「ここ!」というところをピックアップしてみたので、是非これらを参考に北海道で作る思い出をより素敵な物にしていただければと思います。


Sponsored Link

厳選!おススメの北海道夜景スポットはココ!

北海道は日本の主要都市に比べ、それほど高い建造物や展望スポットが多いわけではありませんが、そのような中でも地元の人なら必ず一度は行った事のある「夜景スポット」と言うのが存在しますのでご紹介します。

 

【札幌】

藻岩山

観光客も多く立ち寄る人気のスポットですが、標高が531mとそれほど高い山ではないため、眼下に望む札幌の夜景が比較的近くに見えるのが特徴です。また、札幌の中心部の街灯に使われている色にオレンジ色が多いため、全体的に温かみのある光景が広がります。札幌のシンボル的な存在である大通りを中心に碁盤の目に沿った夜景も、札幌の夜景の特徴と言えるでしょう。

開催場所:藻岩山
住所:札幌市南区藻岩山531
お問い合わせ:011-561-8177
アクセス方法: ロープウェイ、及び自家用車で有料道路より山頂へ
公式URL:http://moiwa.sapporo-dc.co.jp/

 

旭山記念公園

札幌市民にとって憩の場として愛される公園も、夜になると恋人達の集う夜景スポットに変わります。標高137m程度と藻岩山よりもさらに低いので、札幌市内をもっと近くに感じられるだけではなく、視界を遮るものがないので展望台からはパノラマ夜景が楽しめます。

開催場所: 旭山記念公園
住所:札幌市中央区界川4丁目
お問い合わせ:011-200-0311
アクセス方法:地下鉄東西線を円山公園駅で下車後、JRバスに乗り旭山公園前で下車後、徒歩すぐ
公式URL: http://www.welcome.city.sapporo.jp/find/nature-and-parks/asahiyama-memorial-park/

 

JRタワー展望室T38

地上160mにある展望台へはエレベーターを利用して行くのですが、エレベーターを降りるまで外の様子がわからないため、展望室についてドアが開いた途端に広がる札幌の夜景の美しさが余計に際立ちます。また、室内は適度な暗さになっているためガラスに光りが反射する事なく綺麗な夜景を眺める事が出来る他、男子トイレからの景色も綺麗だと評判です。

開催場所:JRタワー展望室T38
住所:札幌市中央区北5条西2丁目5
お問い合わせ:011-209-5500
アクセス方法:JR札幌駅に直結
公式URL: http://www.jr-tower.com/t38

 

札幌でお土産を買うならコレ【絶対喜ばれるランキング】

 

【小樽】

小樽運河

運河沿いに御影石を敷いた散策路が整備され、夕暮れと共にライトアップされた倉庫群とガス燈のやわらかい灯りが、日本にいるのにどこか異国情緒が漂う別世界へと誘います。また、倉庫群はレストランなどに改装されているため、運河に面した席で食事をする事も可能となっています。
運河と道路を挟んだ側にある石造りのホテルも夜になるとライトアップされるため、運河付近はどこを歩いても夜景が美しく見えるポイントとなります。

開催場所:小樽運河
住所:小樽市港町5
お問い合わせ:
アクセス方法:小樽インターチェンジから5分、もしくはJR小樽駅を下車後、目の前の大通りを下って徒歩8分程度

 

天狗山

北海道三大夜景の一つである天狗山ですが、以外と観光客には知られていないため穴場的なスポットとして地元の人には人気となっています。港と山に挟まれた変わった地形をしている小樽ならではの夜景が楽しめ、また天狗山は冬はスキー場として利用されるため、斜面に座ってゆっくりと夜景を眺める事も出来ます。

開催場所:天狗山
住所:小樽市天狗山1丁目
お問い合わせ:0134-33-7381(天狗山ロープウェイ)
アクセス方法:中央バス「天狗山ロープウェイ」で下車後ロープウェイにて4分
小樽駅から天狗山行きのバスも出ています(所要時間18分)
もしくは自家用車にて山頂まで上がるのも可
公式URL: http://www.cks.chuo-bus.co.jp/tenguyama/(天狗山ロープウェイ)

 

毛無山展望所

hokkaidoyakei2
天狗山に比べ標高は低いものの、市街地より少し離れているため小樽全域が見渡せる夜景となっています。また、周囲には街灯もなく真っ暗になる事から星も綺麗に見る事ができ、カップルには穴場のスポットとして人気があります。


Sponsored Link


開催場所:毛無山展望所
住所:小樽市天神町4丁目
お問い合わせ:0134-32-4111(内線266)
アクセス方法:国道393号を赤井川・キロロ方面に抜けるルートの途中にあります

 

【函館】

函館山

北海道三大夜景、そして日本三大夜景、さらには世界三大夜景に数えられてきた(2012年に函館は外れる)函館山の夜景は、山頂334mという低さのため街の灯りに手が届きそうな感覚が魅力となっています。また、人工的な光ではなくそこに息づく函館の人々の照らし出す日常的な灯りが多いのも特徴で、それらが函館の夜景からは温かみや癒しを感じると言わる所以と言われています。

開催場所:函館山
住所:函館市函館山
お問い合わせ:0138-236288
アクセス方法:市電「十字街電停」から徒歩で「函館山ロープウェイ山麓駅」に行き、そこからロープウェイ
もしくは函館駅前より函館山登山バスに乗車(30分程度)
公式URL:http://www.334.co.jp/ (函館山ロープウェイ)

 

金森赤レンガ倉庫

早くから貿易港として栄え異国の文化を取り入れて来た函館は、北海道の中でも主要な観光地として人気を博しています。そんな函館において特に函館らしいと称されるのが元町を有する西部地区と、金森倉庫群があるウォーターフロントです。昔は倉庫として利用していたものを今はレストランやショップに改装し、当時の面影を残したまま営業を続けており、昼間も情緒があってとても素敵ですが、夜になると赤レンガを灯すオレンジ色の光が夜景の名所としてその顔を変えます。

開催場所:金森赤レンガ倉庫
住所:函館市豊川町11-5
お問い合わせ:0138-27-5530
アクセス方法:JR函館駅より徒歩15分
公式URL: http://www.hakodate-kanemori.com/

 

八幡坂

八幡坂自体は観光地として有名で日中に多くの方が訪れる場所ですが、夜ともなると多くの観光客は函館山やベイエリア付近に足を運ぶため、あまり人もいなく閑散とします。しかし、八幡坂から見下ろすベイエリアの夜景は美しく、また周囲にはハリストス教会などライトアップされている箇所も多いので、函館山での夜景を楽しんだ後はちょっと遠回りして八幡坂まで出て下ってみてはいかがでしょうか。

開催場所:八幡坂
住所:函館市元町14
お問い合わせ:
アクセス方法:函館山ロープウェイ乗り場から徒歩5分

 


【室蘭】

測量山展望台

室蘭市内を360度眺められる測量山は、まさに夜景を見る絶好のスポットと言えます。中でも室蘭の夜景は狭い地域に工場が多くある事から〝工場夜景〟とも言われており、工場を探してみるのも楽しいでしょう。測量山からは新日本製鉄室蘭製鉄所が近くに見え、また、展望台からはライトアップされた電波塔も間近に見る事が出来ます。

開催場所:測量山展望台
住所:室蘭市清水町1丁目
お問い合わせ:0143-25-3320(室蘭市観光課]
アクセス方法:室蘭駅より車で10分
公式URL:http://www.muro-kanko.com/yakei/index.html

 

JX日鋼日石エネルギー室蘭製油所

伊達市方面から国道37号を通って室蘭へ入ると、山の木々の隙間から突如左側に現れるのがこちらの工場です。数ある室蘭の工場地帯の中でもこのJX日鋼日石エネルギー室蘭製油所の光は、見下ろす景色がまるで宝石を散りばめたようだと賞賛されています。こちらは白鳥大橋展望台や白鳥湾展望台などでも見れますが、伊達市から室蘭市に入る手前を右折し直進すると工場のすぐ横に出られる道路に着きますので、そこから見上げる工場夜景は圧倒的な迫力となっています。

開催場所:JX日鋼日石エネルギー室蘭製油所
住所:室蘭市崎守地区臨港道路

 

【その他】

まなぼっと幣舞(釧路)

生涯学習センター〝まなぼっと幣舞〟の10階は無料開放されている展示室となっており、ここから釧路市の夜景が一望できます。幣舞橋や釧路港、釧路川とフィッシャーマンズワーフ、それに釧路市内が一度に見渡せます。

開催場所:まなぼっと幣舞
住所:釧路市幣舞町
お問い合わせ:0154-41-8181
アクセス方法:JR釧路駅から徒歩20分
公式URL:http://www.kushiro-bunka.or.jp/manabo/

 

まとめ

北海道と言えば、雄大な大地、どこまでも続く広い道路を思い出しますが、実は夜景の名所もとても多いところなのです。

恋人とのデートや旅行で北海道を訪れたら、各観光地や食事に忙しく夜景を見る時間までなかなか作れないかも知れませんが、どこか温かみのある優しい感じのする北海道の夜景は、きっと2人で眺めるだけでほっこりと癒される事間違いありません。

 

北海道でお土産を買うならコレ【絶対喜ばれるランキング】

 


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)