いびきの原因と改善法や治療法!病気のリスクや心配はないの?

いびきの原因と改善法や治療法!病気のリスクや心配はないの?

うるさい「いびき」の対策と治し方!

いびきは、その殆どは自覚症状がなく、身内など周囲の人から「いびきをかいていた」と指摘されて初めて気付くもの。

それがもし恋人だとしたら、穴を掘って隠れたくなるほど恥ずかしいものですし、いびきを聞かれるのが怖くて眠れなくなる・・なんてこともあるかも知れません。

でも、いびきは単に一緒に寝る人の睡眠を邪魔するものだけではありません。

いびきを放置しておくと、周囲への迷惑は勿論のこと、本人にとっても思わぬ病気の進行に繋がってしまいます。

そのため、いびきをかいていることがわかったら、まずはその原因をしっかりと突き止めておくことがとても大切です。

そこで今回は、いびきについて詳しく調べてみました。

いびきの原因や改善法病院での治療法など、自分自身がいびきをかいている方は勿論ですが、周囲にいびきをかく人がいる方にも是非参考にして頂けたらと思います。


Sponsored Link

いびきの原因は?

ibkngn2
いびきは、主に次のようなことが原因で起こると言われています。

1.気道が狭くなっている

気道とは口や鼻から取り込んだ空気が、肺に達するまでの通り道のことを言います。

この気道が狭くなると、その分空気が通る面積が狭くなるため、音が出やすくなってしまいます。

口を開けて息を吐いても音は鳴りませんが、口を窄めて息を吐くと音が出ますよね?

それと同じ原理です。

気道が狭くなってしまう原因としては、肥満によって脂肪が喉に付いてしまっていることや、顎が小さい、舌や口蓋垂(のどちんこ)、扁桃腺、咽頭扁桃(アデノイド)が大きい、口で呼吸をしているなどが考えられます。

2.鼻に原因があるもの

アレルギーや風邪などの疾患によって鼻が詰まっている場合、鼻で呼吸するのが苦しいため口呼吸になってしまうことから気道が塞がりやすくなり、いびきをかきやすくなります。

3.飲酒によるもの

アルコールは、体内に水分を溜めてしまうことからむくみやすくなり、気道が狭くなっていびきをかきやすくなってしまいます。

4.ストレスによるもの

精神的、肉体的にひどく疲れている時は、睡眠によって疲労を回復しようとする働きが強くなるため、睡眠が深くなる傾向にあります。

そうすると、舌や喉の緊張が弛みやすくなって、いびきをかくことがあります。

5.加齢によるもの

高齢者になると、口の筋肉が衰えてくるため舌や粘膜が気道を塞ぎ、いびきをかきやすくなります。

いびきの種類

ibkngn3
いびきと一口に言っても、実は種類があることをご存知ですか?

種類によって原因や症状が異なるため、まずは自分がどのタイプのいびきなのかを把握することが大切です。

1.単純いびき

一般的にいびきと言われるもの。

いびきをかいているものの、翌朝すっきりと起きることができ、睡眠不足などを感じることがなければ、それは単純いびきと言えます。

2.睡眠時無呼吸症候群

その名の通り、寝ている時に呼吸をしていない状態になる疾患です。

無呼吸状態が長く続くほど、脳にダメージを与えますし、熟睡できないことから日中に強い睡魔に襲われるなど、日常生活にも支障が現れます。

3.上気道抵抗症候群

発症原因は詳しくわかってはいないものの、心臓や脳に疾患がある場合や、糖尿病の初期症状として現れるケースもあるようです。

睡眠時無呼吸症候群のように呼吸が一時的に止まることはありませんが、脳が覚醒状態になることから、十分な睡眠を得ることができなくなり、昼に強烈な睡魔に襲われるなどの症状が現れます。

いびきの症状セルフチェック

ibkngn4
いびきは周囲の人からの指摘で気付くことが多いようですが、寝ている時以外の体調の変化などからでも、ある程度症状を知ることができます。

そこでここでは、簡単にできるいびきのセルフチェックをご紹介します。

次の質問に、当てはまる〇の数を数えてみましょう。

1.周囲の人からいびきをかいていると指摘されたことがある

2.太っている、または最近太ってきた

3.首が太い、または短い

4.あごが小さい、細い

5.夜中に目が覚めてしまうことがある

6.ストレスを感じている、または溜めやすい性格だと思う

7.しっかりと寝たはずなのに、朝起きると疲れがとれていない、睡眠が足りないと感じることがある

8.朝、目が覚めると喉が乾いていたり、喉が痛いことがある

9.アレルギー性の鼻炎や、扁桃腺、アデノイドなどの持病がある

10.日中、強い睡魔に襲われることがある

11.お酒を飲む機会がよくある

いかがでしたか?

あてはまる〇の数が多いほど、いびきをかいている可能性が高くなります。

いびきをかきやすい人の特徴

ibkngn5
いびきをかきやすい人の特徴として、

①肥満

②口呼吸をしている

③アルコールを飲む頻度が多い

④鼻に疾患がある

⑤ストレスが溜まっている

などが挙げられます。

この他にも、仰向けで寝る癖のある方や、首が太い・短い、鼻が曲がっている、あごが小さいなど元々の骨格がいびきをかきやすくしている要因になっている場合もあります。

いびきをかく人の健康リスクや病気は?

ibkngn6
アルコールや疲労などによる一時的ないびきは、誰にでも起こり得ることで、特に心配する必要はありませんが、睡眠時に慢性的・長期的にいびきをかいている場合は注意が必要です。

いびきは、自分では気付きにくいとされていますが、大きな音によって寝ている途中に驚いて飛び起きてしまったり、睡眠時無呼吸症候群を患っている場合などは一時とは言え酸素の供給がストップしてしまうわけですから、体調にも著しい変化を与えます。

睡眠にとって重要なのは、時間よりも質と言われているため、例え8時間寝ていても途中で何度も目が覚めてしまうことがあれば、それは十分な睡眠をとっているとは言えないのです。

睡眠によってしっかりと脳や体が休むことができないと、やがて不眠症などの病気を引き起こす原因にもなります。

また、脳の血管障害によって意識障害が起こると、筋肉が弛んで舌が落ちこんでいびきをかくことがあります。

いつもはいびきをかかない人が、急に大きないびきをかいたり、起こしても起きない場合などは、このような病気の可能性があるため、すぐに救急車を呼ぶようにしましょう。

うるさい「いびき」の対処法

ibkngn7
寝室を共にすることの多い夫婦や恋人同士では、いびきが喧嘩や不仲の原因になることがあります。

勇気を持って注意をしても、本人は自覚がないことも多いため、なかなか防ぐことができません。

このような時の対処法としては、耳栓をして音を遮断してしまうものや、いびきをかいている人の枕や布団を少しだけ引っ張る、鼻をつまむなどがあります。

また、いびきをかいていることを指摘してもにわかに信じようとしない場合は、その様子を携帯電話などで撮影しておくのもよいかも知れません。


Sponsored Link


それを見せることで本人に自覚が芽生え、いびきをかかないように予防してくれるようになるかも知れないからです。

とは言え、迷惑であることだけを押し付けるのではなく、一緒に改善していく道を探そうとすることが必要です。

いびきの治し方や7つの改善法

ibkngn8
自分がいびきをかいていることを自覚したら、周囲の人への迷惑を避けるためにも改善するよう努力する必要があります。

では、いびきの改善にはどのような方法があるのでしょうか。

1.枕を変えてみる

高さの高い枕を使っていると、あごを引く体勢で寝てしまうことから、気道が狭くなりいびきをかきやすくなります。

枕の高さを少し低いものに変えるか、思い切って枕を外して寝てみましょう。

2.横向きに寝る

仰向けに寝る癖のある方もいびきをかきやすいと言われているので、そのような場合は横向きで寝てみましょう。

3.鼻で呼吸をする

口呼吸をすると、喉が乾きやすくなっていびきが発生します。

寝ている時はなかなか意識するのは難しいですが、日頃から口呼吸になっていないかチェックをして、できるだけ鼻呼吸になるように直してみましょう。

4.肥満を解消する

脂肪は喉や首周りにもつきますので、太っている場合は当然それだけ気道が塞がりやすくなり、いびきをかきやすくなってしまいます。

5.アルコールを止める

アルコールは体内に水分を溜めてむくみを起こすだけではなく、筋肉を弛緩させる作用もあることから、気道が塞がれ、舌が喉の奥の方へ落ちやすくなってしまいます。

6.たばこを止める

たばこに含まれる有害物質が、気道を傷付けることで炎症を起こし、腫れることで空気の通り道が狭くなっていびきをかきやすくなると言われています。

7.睡眠薬を止める

睡眠薬にも筋肉を弛緩させる作用があるため、いびきによって眠りが浅いからと言って睡眠薬を服用すると、それが返っていびきを引き起こしてしまう可能性もあります。

いびきを防止するグッズ

ここでは、いびきを防止するグッズをご紹介したいと思います。

いびきくん

ibkngn9(画像はhttp://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo)

歯科技工士が開発したいびき対策マウスピースです。

奥歯でマウスピースを噛むことで、舌が喉の奥の方へ落ちていくのを防止します。

参考URL:http://item.rakuten.co.jp/zeroen/co0860bt

ブリーズライト

ibkngn10(画像はhttp://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo)

鼻の詰りを改善し、呼吸を楽にすることでいびきを解消します。

参考URL:http://breatheright.jp/

ネルネル

ibkngn11(画像はhttp://www.amazon.co.jp/ref=nav_logo)

口呼吸を防ぐために、口に直接貼って口が開くのを防いでしまうというものです。

少々荒業のような気もしますが、口呼吸がなかなか直らない方は一度試してみてもよいかも。

参考URL:http://www.sansei-sha.co.jp/neru_breath/

いびきの治療法

自宅でできる改善法を用いても、なかなかいびきが治らない場合や、いびきによって体調不良に陥ってしまっている時などは、セルフケアではなく病院でしっかりと治療を受けることが大切です。

では、いびきの治療法にはどのようなものがあるのでしょうか。

マウスピース治療

ibkngn12
就寝時にマウスピースを装着することで、あごの沈み込みを回避し、いびきや無呼吸を防ぎます。

手術の必要がなく、効果もかなり高いことからいびきの治療によく選択されますが、顎関節症などあごに持病のある方や虫歯、歯周病などがある方には適さない可能性もあります。

なお、病院の治療で用いられるマウスピースは医療器具であり、通販などで購入できるものとは違います。

CPAP療法

寝ている時に専用の機械を装着し、送りこんだ空気によって気道を広げる治療法です。

睡眠時無呼吸症候群と診断された場合、選択される治療となりますが、これによって根治するものではありません。

外科的手術

ibkngn13
いびきの原因として鼻の疾患がある場合には、レーザー治療などを用いて鼻つまりを改善する方法を行うこともあります。

いびきの病院選びのポイントと何科に行けばいいのか?健康保険は効くの?

ibkngn14
いびきがひどくて病院を受診しようと思っても、一体何科に行ったらよいのか悩んでしまいますよね。

この場合、いびきの原因によって受診する科が変わります。

いびきが肥満からくるものであれば内科、あごが小さい、噛み合わせが悪いことが原因であれば歯科もしくは口腔外科、鼻や喉の疾患、または睡眠時無呼吸症候群が疑われる時は耳鼻咽頭科ないし呼吸器科、というようになります。

また、最近は睡眠障害を扱った専用の科が併設されている病院もあるため、近場にそのような科がある場合は、そこを受診するのがよいでしょう。

なお、いびきの治療には健康保険が適用されないケースが多いようです。

睡眠時無呼吸症候群のような診断名がつき、その治療については健康保険が適用されるようですが、レーザー治療やマウスピースを作る時には自己負担になる可能性もありますので、あらかじめよく相談するようにしましょう。

日常生活でできる「いびき」の予防法

毎日の習慣にすることでいびきの予防・改善に繋がるものに「いびき体操」があります。

簡単に行える上、いびきだけではなく、虫歯や口臭、風邪、インフルエンザなどの予防にも効果があるそうなので、是非今日から行ってみましょう。

1.目と口を大きく開きながら「あー」と言います。この時、声には出さなくても構いません。

2.次に、口を真横に開きながら「いー」と言います。

3.次に、口を窄めて「うー」と言います。

4.最後に、舌を出しながら「べー」と言います。

5.これを10回行って1セットとし、一日3セット行いましょう。

いびきの原因と改善法や治療法!病気のリスクや心配はないの?のまとめ

いびきは、隣で眠る人の睡眠を妨げるものです。

自分は十分寝ているし、特に体調も悪くないからと放置してしまうことは、大切な家族や恋人を不安に晒すことになります。

パートナーから「いびきをかいている」と指摘されたら、それを恥ずかしいこととは思わずに、前向きに対処や予防、治療に向かうことで、自分は元より周囲の人も幸せにすることができるのではないでしょうか。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)