過敏性腸症候群(IBS)の原因と症状や治し方【ツボ・漢方・市販薬】

過敏性腸症候群(IBS)の原因と症状や治し方【ツボ・漢方・市販薬】

過敏性腸症候群の症状と治し方や簡単チェックと食事方法!

気温が高くなり、体を少しでも冷やしたくて、つい冷たい飲み物を一気に飲んでしまうことも多くなりがちですが、冷たい飲み物を摂ると急にお腹が冷えてしまい、ゴロゴロとお腹が鳴って慌ててトイレに駆け込んだ、という経験をしたことがある方は少なくないのではないでしょうか。

このような一時的な腹痛というのは、誰にでも起こりうるもの。

しかし、その頻度が増してしまうと、お腹の調子を常に気に掛けるようになってしまい、やがてトイレの無い場所へ行くのが億劫になってしまうことも。

もし、あなたが上記のようなことで悩んでいるとしたら、それは単なる腹痛ではないかも知れません。

疑われる病気に、20~40代の若い方を中心に増えていると言われている「過敏性腸症候群」があります。

そこで今回は、過敏性腸症候群の原因や症状治し方やセルフチェックの方法などをご紹介していますので、思い当たる節のある方は是非一度目を通してみることをお勧め致します。


Sponsored Link

過敏性腸症候群とは?

kbnscs2
過敏性腸症候群とは、Irritable Bowel Syndromeを略してIBSとも呼ばれる病気です。

急な下痢、便秘、腹痛や腹部の不快感などが長く続いているにも関わらず、病院で検査をしても腸などの機能自体に特に問題があるわけではない、というのがこの病気の大きな特徴で、近年は罹患者が急増しており、日本人の10~15%の方が過敏性腸症候群と診断されています。

 

下痢が続く原因と病気は何?【妊娠初期・子供・赤ちゃん】

 

過敏性腸症候群になる原因は?

kbnscs3
過敏性腸症候群の発症原因は、現段階でははっきりとわかっていません。

しかし、最近の研究によると、ストレスが大きく関わっているのでは?と考えられています。

人は強いストレスを感じると、脳下垂体からストレスホルモンが分泌されますが、このストレスホルモンが腸の動きに作用し下痢や便秘を引き起こすと言われています。

また、ストレスによってセロトニンという神経伝達物質の分泌量が減ることで、腸の動きが妨げられることも指摘されています。

 

急性胃腸炎はストレスが原因【症状と潜伏期間】治療と予防法は?

 

過敏性腸症候群の症状

kbnscs4
過敏性腸症候群の主な症状は、下痢や便秘、腹痛、腹部の不快感などです。

どれも、すぐに命に関わるような重篤なものではありませんが、過敏性腸症候群の患者さんの多くは生活の質(QQL)を損なうことで大きな苦痛を強いられています。

例えば、電車やバスなどすぐにトイレに行ける状況ではないところでは、それだけでプレッシャーになり「またお腹が痛くなったらどうしよう・・」と不安感を強く持ってしまいます。

実際、通勤途中に何度も電車を降り、トイレに駆け込む方も多いようです。

そのため、遅刻が重なってしまい、退職せざるを得なかったという方もいらっしゃいます。

また、常にトイレの心配をしなければいけないことから、それ自体が強いストレスとなってしまい、不安症やうつといった精神疾患を引き起こしてしまうこともあります。

過敏性腸症候群かどうかを診断!簡単セルフチェック

kbnscs5
腹痛というのは誰にでも起こりうることですし、例えその頻度が比較的多いとしても、それがすぐに過敏性腸症候群と診断されるわけではありません。

では、過敏性腸症候群が疑われる症状とは一体どのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、自分が過敏性腸症候群かどうか、セルフチェックで確認してみましょう。

①下痢や便秘が長く続いている

②急に下痢になり、トイレに駆け込むということがよくある

③下痢と便秘を交互に繰り返している

④ウサギの糞のようなコロコロとした便が出ることがある

⑤トイレにすぐに行けない状況になると不安を強く感じる

⑥排便をすると腹痛が治まる

⑦排便後、残便感があるものの便は出ない

⑧睡眠時や休日などは腹痛などの症状が出ない

⑨おならが頻繁に出る、お腹の膨満感がつらい

⑩午前中の方が腹痛が強く、午後からは比較的回復する

あくまでも目安となりますが、3つ以上当てはまる項目がある方は過敏性腸症候群の可能性があります。

頻繁な下痢や腹痛で悩んでいる場合は、単なる一過性の症状と思わずに早めに病院で診察を受けることが大切です。

 

おならがよく出る原因と解消法!気になる音の対策は?

 

過敏性腸症候群になりやすい人は?

kbnscs6
過敏性腸症候群の発症原因は、明らかになっているわけではありませんが、ストレスが大きく関わっていることがわかり始めています。

そのため、ストレスに弱い方、自分の気持ちを相手に伝えられずに溜めこんでしまいやすい方というのは、過敏性腸症候群になりやすいと言われています。

また、真面目な性格の方や恥ずかしがり屋の方というのも、周囲からの評価や視線を気にし過ぎる傾向があり、必要以上に頑張ったり、不安が強くなってしまいがちなことから、ストレスを感じやすくなり過敏性腸症候群を発症しやすいと言われています。

過敏性腸症候群4つのタイプ

kbnscs7
過敏性腸症候群と一口に言っても、そのタイプは4つに分けられます。

ここでは、そのタイプ別に詳しい症状や特徴をご紹介したいと思います。

①下痢型

突発的に下痢を起こしてしまうため、通勤電車やトイレのない場所へいくのが極端に怖くなってしまいます。

過敏性腸症候群の男女割合は、1:6で女性の方が多いと言われていますが、男性は下痢型を発症する場合が多いと言われています。

②便秘型

男性に比べて女性に多いと言われているタイプです。

便意があっても、ウサギの糞のように小さくコロコロしたものが出るだけで、残便感も強いのが便秘型です。

③混合型

下痢と便秘を交互に繰り返します。

数日下痢が続いたと思ったら、今度は数日便秘になり、ある日突然下痢になってそれがまた数日続く、という症状が続きます。

④ガス型

おならが多く出てしまうタイプです。

ひどくなると、我慢してもおならが出てしまうようになり、周囲にバレてしまうのではないかという不安が常に付き纏うようになります。

 

お腹にガスが溜まる理由や原因と解消法!病気の可能性は?

 

タイプ別過敏性腸症候群の治し方

kbnscs8
過敏性腸症候群と診断されたら、まずは何よりストレスを感じている自分を認めてあげて、そのストレスから解放するように努めることが大切です。

とは言え、100%ストレスフリーの生活というのは、現代社会では難しいと言えるでしょうから、ストレスを感じた時に自分をリラックスさせる方法をいくつか見つけておくことが必要です。


Sponsored Link


それらを踏まえた上で、ここではタイプ別の過敏性腸症候群の治し方をご紹介したいと思います。

①下痢型

下痢型は、突然下痢に襲われるため、それが恐怖となってストレスを増幅させてしまう方が多いと言われています。

どうしても抜けられない大事な仕事がある時などは、整腸剤や下痢止めを服用することで症状を回避することができるので、病院で処方してしまうのがよいでしょう。

また、そのような薬は実際には飲まなくても、「もし下痢になったらすぐにこれを飲めばいい」と持っているだけでお守り代わりになって、腹痛を防ぐことができる方もいらっしゃるようです。

なお、下痢型の方は下痢になるのが嫌だからと水分を控える方が多いようですが、下痢で体内の水分が減っているにも関わらず水分の補給を怠ると脱水症状を起こしてしまうため、適度に水分は摂るようにしましょう。

その時、なるべく腸に負担を掛けないように常温のものを、少量ずつ飲むようにするとよいでしょう。

②便秘型

便秘型の方は、毎日適度に運動をすることがよい治療となります。

運動といっても、ダイエットのように脂肪を減らすことが目的ではないため、ハードにする必要はありません。

ウォーキングなどの軽い運動を行うだけで構いません。

運動によって腸が刺激されると、お通じがスムーズになってつらい便秘や排便後の残便感で悩まされることが少なくなります。

また、乳酸菌を意識して摂取することでも、腸内環境を整えてくれるので、便秘解消に効果があります。

③混合型

下痢と便秘を交互に繰り返す混合型は、過敏性腸症候群の中でも治療が難しいと言われています。

しかし、下痢も便秘も腸内環境の悪化が原因で起こる症状ですので、腸内環境をしっかりと整えることは症状の緩和に繋がります。

また、質のよい睡眠を摂ることで自律神経を正常に保ち、ストレスに強い心身を作ることができます。

そのため、寝る2時間くらい前からはテレビやスマホを見るのを止め、リラックスを促す音楽やアロマなどを用いながら、心地よい睡眠を得られるよう工夫してみましょう。

④ガス型

おならがお腹に溜まって苦しいという場合は、おならを出す運動やストレッチを行うことで、腹部の膨満感を解消することができます。

また、下痢型や便秘型と同様に腸内環境を整えることが一番よい方法となるので、適度な運動やストレスの解消に努めてみましょう。

 

お腹が張る原因はガスだけ?病気は?痛みがある場合の解消法!

 

過敏性腸症候群の時の食事の方法や注意点

kbnscs9
過敏性腸症候群の時の食事では、腸内環境を整える食物繊維の摂取を意識することが大切です。

食物繊維は野菜に多く含まれているため、野菜を中心とした栄養バランスのよい食事を心掛けるとよいです。

ただし、便秘型の場合は食物繊維を摂ることで便秘を悪化させてしまうことがあるため、体調を見ながら食べるようにして下さい。

また、腸を刺激するような香辛料やカフェイン(コーヒー、紅茶など)、炭酸、脂質や油脂の多いものは摂取を避けるようにし、冷たい飲み物もできるだけ摂らないようにするのがよいでしょう。

 

下痢に効く食事や食べ物とレシピは?

 

過敏性腸症候群に効果的なツボ

kbnscs10
急な腹痛や下痢に見舞われた時、自律神経や腸に作用するツボを押すことで症状を緩和させたり、気持ちを落ち着かせることができます。

では、過敏性腸症候群に効果的にはツボには、どのようなものがあるのでしょうか。

胃・脾・大腸区

手の平の親指の下から手首に掛けての、盛り上がった場所にあるツボ。

ここを刺激することで、消化器官の働きを促して腹部の不快な症状をやわらげることができます。

合谷

手の甲の親指と人差し指の間の骨が交わるところにあるツボ。

合谷は万能ツボと呼ばれ、様々な作用がありますが、ここを押すことで気持ちを落ち着かせる効果があります。

商陽

手の人差し指の爪の生え際、親指側にあるツボ。

反対側の親指と人差し指でここを抑え、少し強めに長く押すことで気持ちを落ち着かせることができます。

過敏性腸症候群に効く漢方は?

kbnscs11
過敏性腸症候群の治療法では、漢方薬が処方される場合があります。

症状に対する対処治療である西洋薬とは異なり、漢方薬は根本的な体質の改善を図ることが目的のため、すぐに効果が現れるものではありませんが、過敏性腸症候群は一旦症状が改善したように見えても、性格や環境などの要因から繰り返し再発してしまう方も多いため、体質を変えていくというのは長い目で見るとよい方法と言えます。

では、過敏性腸症候群に効く漢方薬には、どのようなものがあるのでしょうか。

桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)

過敏性腸症候群と診断された場合に処方される、代表的な漢方薬になります。

下痢型、便秘型、混合型の方に処方されます。

桂枝加芍大黄湯(けいしかしゃくだいおうとう)

上記に大黄をプラスしたもの。

主に頑固な便秘を患っている方に処方されます。

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)

下痢や神経性胃炎がある時に用いられる漢方薬です。

甘草瀉心湯(かんそうしゃしんとう)

下痢の回数が多い場合や、腹痛などに伴う不安感やイライラの強い方に処方されます。

紫胡桂枝湯(さいこけいしとう)

下痢と便秘を繰り返す混合型の方に多く処方される漢方薬です。

 

便秘薬で即効性のある市販薬おすすめ5選!

 

過敏性腸症候群に効く市販薬は?

過敏性腸症候群の症状が出ているものの、すぐに病院へ行ける状態ではない場合、とにかく症状を少しでも緩和させたいという時には、ドラッグストアなどで手軽に買える市販薬を使うのも一つの方法と言えます。

では、過敏性腸症候群に効く市販薬には、どのようなものがあるのでしょうか。

正露丸

kbnscs12
100年以上も前から、家庭の常備薬として使われている正露丸は、消化不良や食あたりにより下痢だけではなく、ストレスによる下痢にも効果があります。

参考URL: http://www.seirogan.co.jp/products/seirogan/

ストッパ下痢止め

kbnscs13
下痢を引き起こす腸の異常収縮の原因であるアセチルコリンをブロックすることで、突発的な下痢を抑制する効果があります。

参考URL: http://stoppa.lion.co.jp/product/stoppa/index.htm

ガスピタン

kbnscs14
消泡剤は胃や腸にたまったガスを壊すことで、ガス溜まりによる腹部の不快感を解消します。

また消化酵素がガスの発生自体を抑える働きもあります。

参考URL: http://www.kobayashi.co.jp/brand/gaspitan/product.html

過敏性腸症候群(IBS)の原因と症状や治し方【ツボ・漢方・市販薬】のまとめ

下痢や便秘といった症状は、誰にでも起こりうるもののため軽くみてしまいがちですが、長い期間悩んでいたり何度も症状を繰り返す場合は単なる下痢や便秘ではないかも知れません。

もし、病院にて過敏性腸症候群と診断されれば、投薬による治療や対策が可能になり症状の改善する可能性もあることから、思い当たる方は早めの対応を検討してみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)