若年性認知症チェック【ボケの進行度を自己診断】

若年性認知症チェック【ボケの進行度を自己診断】

もしかして自分が若年性認知症と思ったらチェック

ん?最近よく忘れ物する・・・ボーっとしてる・・・

あ!危ない、前の車こんなに近かった?気をつけなきゃ!

こんなことありませんか?

前は、朝起きたら「よ~し、今日も頑張ろう!」と意気込んでいたのに、

最近は「あ~あ、だるいな~なんとか1日頑張らなきゃ!」。

ちょっと確認してください。それ、もしかしたら若年性認知症・・・かも。


Sponsored Link

若年性認知症とは?認知症は老人だけではない!

jyakunen2
診断方法は、後からも紹介しますが、このようなチェック法見つけたので、まずは診断!

出典元:医療法人財団 康生会 武田病院画像診断センター
http://topic.takedahp.jp/monowasure/checkListIndex.html

認知症・・・

なんとなく年齢が上がって、高齢者に起こる病気という認識があります。

しかし、最近ではこのように「若年性認知症」という言葉あるのです。

さらには、以外にも「稀な病気ではない!」という実態!

若年性認知症とは・・・若年、20歳以降、65歳以下の方を言います。

発症のピークが50代。

認知症という症状にあまり変わりはありません。

原因が気になるところですが、

  • 原因不明で脳が萎縮していくアルツハイマー病
  • 同じく原因不明で脳が萎縮していくピック病
  • 小さな脳梗塞が脳のあちこちに多発する多発性脳梗塞

主にこの3つの原因が考えられています。

以前は、仕事も終えなんとなく考えることがなくなった高齢者が、

今まで使っていた脳を休めることから起きやすくなっていました。

女性なら育児が終わり、自らの責任というのがなくなり脱力感からくることもあります。

しかし、若年性認知症。

20歳以降、65歳以下の時期は、勉強を終えるころでもありますが、

新たな社会的責任が増え、脳を活発に動かす時期であることに疑問が芽生えます。

若年性認知症の症状と自己診断チェックリスト

ƒvƒŠƒ“ƒg
初めにチェックして頂いた方も、このようなチェックリストにも確認をお願いします。


Sponsored Link


【病気が原因】

□脳出血、脳梗塞を患ったことがある

□すでにアルツハイマー、ピック病と診断されたことがある

□脳炎、AIDS脳症を患ったことがある

□正常圧水頭症、脳腫瘍、頭部外傷、アルコール依存症の診断を受けたことがある

【自覚症状】

□もの忘れが多くなった

□同じ事を繰り返すことが多い

□大事なことでも忘れる

□家事能力が落ちた

□料理の味付けがまずくなった

□同じ料理ばかりでレパトリーが少なくなった

□部屋が汚くなった

□意欲、自発性の低下

□ぼーっとしていることが多い

□怒りやすくなった

□暴力的になった

若年性認知症を予防するには?

jyakunen4
チェックリストの前に若年性認知症の疑問を投げかけました、20歳以降、65歳以下の時期、

新たな社会的責任が増え、脳を活発に動かす時期であること。

しかし、どうしてでしょう?

予防法を探ると自然と出てくる原因。

チェック項目にもあったような、病気や疾患を避ける必要がまずあります。

そのためには、生活習慣を見直す必要がありますね。

そして気になったのが、20歳以降、65歳以下の時期。

確かに仕事に追われ、生活習慣が乱れ始める時期ですね。

ここに原因があるのでしょう。

【食習慣】

  • バランスのよい食事をとる
  • 塩分・糖質を控える
  • 野菜、果物をしっかりとる

忙しいからこそ、食習慣は大切です。

【運動】

  • 1日30分以上、週3回以上運動を取り入れる
  • なるべく有酸素運動を取り入れる

【生活習慣】

  • 規則正しい生活
  • 禁煙
  • 過度な飲酒はしない

まとめ

初めはなぜ?若年性認知症・・・?でしたが、調べることで、納得!

忙しいからこそ、気をつけなければいけない生活習慣!

まだまだ若い、思いっきり仕事して、思いっきり遊んで、充実した日を送らないともったいない!

だから、もう一度生活習慣を見直しましょう。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)