松川公園(富山)2016の桜の開花状況と見頃時期!

松川公園(富山)2016の桜の開花状況と見頃時期!

松川公園の桜の開花予想や見頃時期とライトアップ!

松川公園は、富山県富山市の中心部を流れる松川の周辺に作られた公園です。松川はかつての名称を神通川と言い、神通川は富山城の防御の役割を担っていたとされています。

しかし、大きく蛇行をするその形状からたびたび水害に見舞われ、明治時代に入ると直線的に流れを変える工事が幾度も行われました。こうして神通川は川幅が狭くなり、やがて周辺に松が多く植えられていたことから、神通川の名残を松川と呼ぶようになりました。

ですが現在は、松ではなく桜が多く植えられており、さくらの名所100選にも選ばれる富山県きっての桜の名所となっています。

これは、江戸時代、富山藩10代藩主だった前田利保が、藩主の座を第6子に譲り自身は隠居をした際に、その場所に桜を植えたことが始まり(現在の磯部辺り)と言われています。

その後、前田利保が植えた桜が老化したことから、碑を建てると共に周辺の松川に桜の植樹が行われたのですが、戦火によって大半が焼失してしまう悲劇に遭いましたが、昭和25年より再び植樹がなされ、現在松川堤に咲く桜は樹齢60年ほどと言われています。

それでは、そんな松川堤を有する松川公園の、2016年の桜の開花予想や見ごろ時期はいつぐらいとなっているのでしょうか。その他の情報も織り交ぜながらご紹介したいと思います。


Sponsored Link

2016年の松川公園桜祭りの日程やライトアップや開花情報

 

桜の見頃時期:4月上旬~4月中旬

桜まつりの開催期間:2016年4月8日~10日(全日本チンドンコンクール)

夜桜のライトアップ期間:4月上旬(桜の開花状況に合わせて)

夜桜の時間:17:00~23:00

住所:富山県富山市本丸1
TEL:076-443-2111(公園緑地課)


Sponsored Link


松川公園桜まつり公式ホームページ:http://www.city.toyama.toyama.jp/

松川公園 桜まつりの桜の見どころや楽しみ方!

 

松川公園の桜の一番の見どころは、何と言っても観光遊覧船の運航により、水上から眺めることのできる桜に尽きるのではないでしょうか。

狭い川幅ゆえ、両岸から咲き乱れる桜が頭上で重なるようになっており、文字通り桜のトンネルの中を進みます。

また、川の両岸には遊歩道が整備されていますので、全長3.9kmの桜並木を歩いて楽しむこともできます。

さらには、桜まつり期間中には「全日本チンドンコンクール」が開催され、各地のチンドンマンが聴衆を笑いに誘って、愉快なお花見を楽しませてくれます。

松川公園のアクセス方法や駐車場について

 

電車の場合

JR北陸本線『富山駅』下車、徒歩約10分。

車の場合

北陸自動車道『富山IC』下車後、国道41号を経由して約20分。

駐車場について

松川公園には駐車場がありません。近くの城址公園駐車場をご利用下さい。城址公園駐車場は、180台収容可能な湯量駐車場で、普通車1時間320円。8時~23時までは30分ごとに110円、23時~8時までは60分ごとに110円加算されます。

松川公園の地図

 

松川公園の桜のまとめ

松川公園近くの富山城は、滝廉太郎が作った「荒城の月」のモデルとされている城です。

このような歴史を知った上でのお花見は、ただ単に桜を眺めるよりワンランク上のお花見ができそうで楽しいでのはないかと思います。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)