スキーの持ち物リスト【初心者・子連れ・日帰り・一泊】

スキーの持ち物リスト【初心者・子連れ・日帰り・一泊】

日帰り~1泊スキー初心者の持ち物リスト

冬の楽しみと言えば、やっぱりスキー!一面真っ白な世界を滑走する爽快感は、一度味わってしまうとやみつきになってしまいますよね。

また、毎年スキーを楽しみにしている方は勿論、「今年から始めてみよう」と思っている方にとっても、本格的なスキーシーズンの到来はきっとドキドキワクワクでいっぱいでしょう。

しかし、スキーに行く時の持ち物って具体的にどんな物が必要か知っていますか?

さらに、いざゲレンデに出てみると「あれがあったら助かったのに」と思えるような以外な物もあったりします。

では、スキーに行く際に必要な持ち物やあったらいいなと思う物って一体どんな物なのでしょうか。


Sponsored Link

スキーに行く時にチェックしたい最低限必要な持ち物リスト

skilist2
スキーに行くのが決まったら、持ち物の準備が必要です。

大きなスキー場には併設されたレンタルショップがあり、一式を借りるもしくはスキー場内の売店で購入できる場合もありますが、今回はそれらが一切行えないと仮定して話をしたいと思います。

まず、スキー、ブーツ、ストックがなければスキーを滑ることができません。

次にウェアー、グローブ、帽子も必ず必要です。

帽子は防寒の意味もありますが転倒の際の怪我防止の意味合いもありますので必ず被りましょう。取り合えずこれらが揃っていれば、スキーを滑る事は可能です。

スキーに持って行ったほうが良いと思う持ち物リスト

skilist3
スキーは雪山で行うものなので、急な天候の変化や気温の低下などは想定内として考えておくべきでしょう。


Sponsored Link


なので、上記の必要最低限の持ち物の他にカイロや防寒下着を使用するのをお勧めします。

防寒下着は普通のアンダーウェア―よりも汗の吸収が早く速乾性もあるので体が冷えにくいので、是非お勧めです。

また、逆に天気がよい日だと太陽の光がゲレンデの雪に反射して、いわゆる「雪焼け」の状態になりますので、日焼け止めを塗って滑るのがよいでしょう。

子連れでスキーに行く場合に持って行ったほうが良い持ち物リスト

skilist4
子連れでのスキーの場合、実際に雪山を滑走している時間よりもゲレンデの下の方でソリ滑りを楽しんだり、雪で遊んでいる時間の方が長かったりします。

その際、子供は雪の上に直接座って遊びますので、いくら防水仕様のスキーウェアーであってもずっと水分に触れていると少しずつウェアーが濡れていってしまいます。

そのようなケースを想定して持っていくのがよいのが防水スプレーです。

ウェアーに水分が沁み込むのを防いでくれるのでとても重宝すると思いますよ。特にお尻の部分にはよく吹きかけておくのがよいでしょう。

スキー初心者の持ち物リストのまとめ

一度、雪山に出てしまうと忘れ物や必要な物を取りに戻るというのは億劫になります。

快適にスキーを楽しむためには事前の準備を怠らない事が必要です。

 

窓の結露を簡単に防止する3つの方法と日々の対策!

窓の防寒対策!外の冷気を遮断する3つの方法

しもやけの対処法や治し方と予防【足指・耳・手】

ひび・あかぎれの原因や症状と治療法や対策は?

手荒れやひび割れの予防法と3つの対策法

カイロの貼る場所や位置で効果が決まる【冷え性・肩こり】

スノボ(スノーボード)初心者の持ち物リスト【日帰り・一泊】

 


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)