三春滝桜2016の開花状況や見頃と駐車場やアクセス方法!

三春滝桜2016の開花状況や見頃と駐車場やアクセス方法!

三春滝桜の開花情報や見ごろの時期!

三春滝桜は、埼玉県北本市の石戸蒲、山梨県北杜市の山高神代桜、静岡県富士宮市の狩宿の下馬桜、岐阜県本巣市の根尾谷の淡墨桜、と並んで日本五大桜と称される名木です。

また、根尾谷の淡墨桜、山高神代桜、三春滝桜は三大巨桜とも言われ、国の天然記念物となっています。

三春滝桜の推定樹齢は1,000年を超えるとされており、高さは12m、根回りは11m、幹周りは9.5m、さらに枝は東西に22m、南北に18mもあるベニシダレザクラで、四方に伸びた枝から花びらが散る様子や、三春町の滝地区にあることから、「滝桜」と名付けられました。

また、2005年の大雪や、2011年の東日本大震災により枝が折れるなどの被害を受けながらも、現在も毎年力強く桜の花を咲かせる姿は、復興に向けた福島県のシンボルのような存在にもなっています。

震災や原発事故の影響で、一時期は観桜客が減少したこともあったようですが、現在は例年なみにまで回復しているとのことですので、開花のピーク時には三春町が渋滞になるほどたくさんの人が詰めかけます。

それでは、2016年の三春滝桜の開花情報や見ごろの時期などについて、もう少し調べてみましたのでご覧下さい。


Sponsored Link

2016年の三春滝桜の見頃時期や開花情報

 

桜の見頃時期:4月中旬~4月下旬

住所:福島県田村郡三春町大字滝字桜久保
TEL:0247-62-2111(三春町役場)

三春の滝桜 公式ホームページ:
http://www.town.miharu.fukushima.jp/index.html (三春町役場)
http://www.takizakura.com/ (※三春町の有志が運営しているサイトです)


Sponsored Link


三春の滝桜の開花情報コチラ

三春滝桜の見どころや楽しみ方!

 

斜面に沿って立つ三春滝桜は、少し下の位置から見上げるように見て下さい。

樹齢1,000年を超える名木は東西南北へと枝を張り巡らせており、さらにシダレザクラの特徴である下に垂れ下がった枝から散る花びらは、そこがまるで一つの滝であるかのように美しい流れを生み出します。

また、昼間の姿も圧巻ですが、夜間にはライトアップで演出されることにより、芸術作品を見ているような感動を味わうことができます。

三春滝桜を鑑賞に訪れた際は、是非、昼と夜の両方の姿を見るのをお勧めします。

三春滝桜のアクセス方法や駐車場について

 

電車の場合

JR『三春駅』下車後、臨時バス滝桜号(有料)に乗車 ※滝桜の開花シーズンのみの運行

車の場合

磐越道『船引三春IC』下車後、約20分。もしくは磐越道『郡山東IC』下車後、約30分。

駐車場について

850台収容可能な無料駐車場あり。

三春の滝桜の地図

 

三春の滝桜のまとめ

三春滝桜は東北でも有数の桜の名所となっていますので見ごろの時期には、非常に多くの観桜客がやってきます。

850台収容の無料駐車場がありますが、三春町に入ってから現地に着くまでずっと道路が渋滞している状態になります。

可能であれば公共交通機関を利用の上、ご来場されるのがよいでしょう。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)