吉野山の桜2016の見頃の時期や開花予想とアクセス方法!

吉野山の桜2016の見頃の時期や開花予想とアクセス方法!

吉野山 千本桜の開花情報や見ごろの時期!

吉野山は、平安時代からの桜の名所と言われ、かつては豊臣秀吉も花見に訪れたとされる由緒ある場所です。

また、平成2年にはさくらの名所100選に選ばれた他、平成16年には熊野に掛けての参詣道がユネスコの世界遺産に登録され、文化的な意味でも非常に価値の高い場所として知られています。このため、近年では海外からの観光客・花見客も増えています。

現在、吉野山には約30,000本の桜が植えられていますが、ここまでの桜の名所となった所以には金峯山寺の本尊・蔵王権現のご神木が桜であったから、と言われています。

これは、今から約1,300年以上前に吉野山の山上に金峯山寺が開かれた時、蔵王権現の姿をヤマザクラの木に刻んだことに始まり、以後、信者が桜の苗木を次々と吉野山に植えていきました。

ゆえに吉野山の桜は、日本各地に見られるような観光やお花見を主たる目的とした桜の植樹が発祥なのではなく、『宗教』と結びついた信仰によるもの、と言えるのです。

では、そんな吉野山の桜の開花情報や見ごろの時期について、もう少し詳しく追ってみることにしましょう。


Sponsored Link

2016年の吉野山 千本桜の見頃時期や開花情報

yoshinosakura2
桜の見頃時期:4月上旬~4月下旬

住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山
TEL:0746-32-1007

吉野山千本桜の公式ホームページ:http://www.yoshinoyama-sakura.jp/index.php

吉野山 桜の開花情報コチラ


Sponsored Link


吉野山 桜の見どころや楽しみ方!

yoshinosakura3
吉野山には、桜の集まる場所ごとに名前が設けられています。

近鉄吉野駅から山に上がる七曲坂周辺を下千本、五郎兵衛茶屋から如意輪寺一帯を中千本、上千本は火の見櫓から花櫓にかけての坂周辺、奥千本は吉野水分神社から金峯神社に掛けて、をそれぞれ指します。

山の下から順に桜が色付いてきますので、そのグラデーションも併せて楽しむことができます。桜の種類は『シロヤマザクラ』とされており、吉野山全体で約30,000本も植えられていると言われています。

また、桜まつりの期間中はライトアップも行われ、昼間とは違った幻想的な雰囲気の中で桜を鑑賞することもできますし、吉野山には宿泊温泉施設もありますので、温泉に浸かりながらのお花見も可能となっています。

吉野山のアクセス方法や駐車場について

 

電車の場合

近鉄吉野線『近鉄吉野駅』下車後、ロープウェイにて『吉野山駅』下車

車の場合

南阪奈道路『葛城IC』下車後、大和高田バイパスにて『小房』で下車、国道168号経由で吉野へ。
西名阪道『郡山IC』下車後、国道24号、169号を経由して吉野へ。

駐車場について

※駐車場についての詳細はコチラ

吉野山の地図

 

吉野山の桜のまとめ

吉野山周辺には駐車場が数多くありますが、桜まつり期間になるとマイカー通行規制が掛かる区域や、バス専用区間となるケースがあります。

詳しい交通規制などについては、公式ホームページ内の「観桜期の交通」をよくご覧になって下さい。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)