HOME

先勝と先負の大きな違いは?やって良い事と悪いことは?

六曜では大安や仏滅がよく知られており、一方で先勝や先負は聞き慣れないと感じる方が多いかも知れません。

先勝も先負も縁起のよい吉日の一つなのですが、「勝」と「負」の文字の違いにどのような意味があるのか、気になるのではないでしょうか。

そこで今回は、先勝と先負の違いについて調べてみました。

先勝と先負の意味や由来、読み方の他、やっていいことと悪いことなども合わせてご紹介していきます。

スポンサーリンク

先勝と先負の大きな違いは?


先勝と先負はともに、六曜と呼ばれる中国発祥の暦注の一つです。

暦注とは簡単に言うと吉凶占いのことで、先勝も先負も吉日の一種となります。

先勝は「勝」という字が入っているので、なんとなくですが縁起のよいイメージがあるものの、先負は「負」なので縁起が悪いイメージがありますよね?

先勝、先負はそれぞれ、「先んずればすなわち勝ち」「先んずればすなわち負け」が語源であることから、先勝は物事を急ぐのが吉、先負は物事を急ぐのは凶という意味になります。

つまり、先勝は善は急げ、先負は急がば回れが吉となる日となり、先勝は午前中が吉、先負は午後からが吉となります。

このようなことから、先勝と先負の大きな違いは、吉となる時間帯が異なるという点です。

なお、先勝の午前中は吉ですが午後からは凶となり、先負はこれとは反対に午前中は凶、午後からは吉となる運気の日となります。

やっていいことと悪いことは?

先勝でやって良い事

入籍や結婚式

お祝い事の中でも特に入籍や結婚式は日取りにこだわる方が多く、大安もしくは友引を日取りとして選ぶことが多いと思いますが、大安や友引は人気ゆえ、結婚式であればかなり先まで予約が埋まっている場合があります。

また、入籍についても大安は役所に行ってからしばらく待たされる可能性が高く、短い時間で済ませたいと思っている方には向いていません。

しかし、先勝は大安や友引ほど予約が取れにくかったり混雑したりすることはありません。

縁起が気になる場合でも先勝の午前中は吉となるので、希望の日に入籍や結婚式を行いたい場合は先勝がお勧めです。

お宮参りや七五三

お宮参りや七五三は子どもや孫の大切な行事であるため、自分のこと以上に縁起が気になる方が多いと言われています。

人気なのはやはり大安ですが、先勝も縁起の面で問題ありません。

お宮参りや七五三に限らず、神社にお参りに行く時は午前中の早い時間がよいと言われており、先勝は午前中が吉となる日なので時間帯も申し分ありません。

引越し

引越しはお祝い事ではありませんが、縁起を気にする方が多く、大安や友引は早い段階で予約が埋まりやすくなっています。

先勝の午前中は吉なので引越しを行っても問題ありません。

ただし、荷物が多い場合や移動距離が長いと作業が午後を跨ぐことがあります。

なお、六曜においては、午後は14時以降と言われているので、縁起がよい中で終わらせたいなら14時までに作業を終了させる必要があります。

お見舞い

お見舞いについては、入院している側の方が縁起を気にしていないのであれば、いつ伺っても問題がありませんが、「友引は避けてほしい」「仏滅は縁起が悪いからお見舞いはNG」としている場合は止めた方がよいでしょう。

また、先勝は午前中が吉となるので縁起を担ぐ場合は午前中にお見舞いに行ってしまいがちですが、入院中の検査や治療は午前中に行われることが多いので、午前中は避けた方がよいと言われています。

もし、午前中にお見舞いに行きたい時は、相手の迷惑などにならないよう、事前に連絡や確認をしておくのがよいでしょう。

先勝でやってはいけない事

通夜

先勝でやってはいけない事は特にありませんが、友引の葬儀は「冥土に友を引いていく」と言われていることから、大抵の葬儀社や火葬場の多くは友引が定休日となっています。

六曜の順番は先勝の次が友引になるので、友引が葬儀になる=先勝に通夜を行う、ということになります。

そのため、先勝に通夜を行っても翌日は葬儀が行えない場合があります。

先負でやって良い事

入籍や結婚式

先負は午後からは吉となる日のため、入籍や結婚式を行っても問題ありません。



先勝と同様に、大安や友引と比べて混雑が少なく、予約がとりやすいので、あらかじめ希望の日がある場合にその日が先負であっても、午後であれば縁起を気にすることなく入籍や結婚式を行うことができます。

お宮参りや七五三

午後であれば問題ありませんが、神社のお参りは午前中に行った方がご利益を受けやすいと言われています。

また、お宮参りや七五三の日取りは六曜にこだわるよりも、お子さんや妊婦さんの体調を最優先にして決めるのがよいでしょう。

引越し

先負の午後は縁起がよいので、午後であれば縁起の面でも問題はありません。

また、翌日まで作業が持ち越しても、友引は午の時刻(午前11時~午後1時)を除いて吉となるので、午前中に作業を終えられれば問題ないでしょう。

お見舞い

入院中は忙しい午前中よりも午後にゆっくりとお見舞いに行った方が、入院している方に気を遣わせる必要が少ないと言われています。

先負は午後から吉となる日のため、縁起が気になる場合でもお見舞いに行っても問題はありません。

先負でやってはいけない事

先負にやってはいけない事は特にありません。

縁起が気になる方は午前中は避け、午後から動くとよいでしょう。

先勝と先負の意味や由来や読み方

先勝

先勝は「せんしょう」「さきがち」と読むのが一般的ですが、中には「せんがち」と読む場合もあるようです。

意味は『先んずればすなわち勝ち』で、物事は急いで行った方がよいとされる日であり、午前中が吉、午後からは凶となります。

六曜の中では、大安、友引に続いて3番目に縁起のよい吉日となっています。

先負

先負は「せんぶ」と読むのが一般的ですが、地域によっては「せんまけ」「さきまけ」「せんぷ」「せんふ」など読み方に違いがあります。

意味は『先んずればすなわち負け』で、物事は急いで行ってはいけない日とされる日であり、午前中は凶、午後からは吉となります。

先勝とは反対になると覚えておくと、覚えやすいかも知れません。

負(ける)という字が入っているので、縁起がよくないイメージがついていますが、大安、友引、先勝に続いて4番目に縁起のよい吉日となっており、昔は「小吉」や「周吉」という名称であったものの、時代の流れとともに変わり今に至っています。

六曜との関係は?


六曜は中国が発祥の暦注で、先勝や先負は六曜の一つになります。

暦注とは簡単に言うと暦に掲載される吉凶占いで、起源には諸説ありますが、賭け事が盛んだった中国で、賭けのタイミングを計るために六曜が利用されたのが始まりと言われています。

「結婚式は縁起のよい大安に」「友引の葬儀は避ける」など、日本では今でも六曜を元にした縁起の良し悪しによって、お祝い事などの日取りを決める風習がありますが、六曜はそもそも仏教(仏事)や神道(神事)とは無関係であるため、六曜に沿って日取りを決める必要はないと言われています。

また、日本には鎌倉時代末期から奈良時代に伝わったとされていますが、そこから庶民に広がったのが江戸時代、さらに現在のような大安、友引、先勝、先負、赤口、仏滅の6つとなったのが戦後と言われています。

六曜で最も縁起がよいと言われているのが大安ですが、「大いに安し」という意味から、昔は可もなく不可もない日とされ、実は現在のような吉日とは捉えられていませんでした。

同様に他の六曜も、これまで幾度となく名称や意味が変化しています。

また最近は、六曜をそれほど重要視しない方も増えており、例えば結婚式はあえて仏滅に行う方もいらっしゃいます。

ぶつめつが物滅に通じるため、一旦物事が滅びて新しいことを始めるには最良の日、と捉えられるからだそうです。

このようなことから、今後も六曜は今とはまた違う意味や解釈を持ち、縁起のよい日、悪い日が変わっていく可能性があります。

まとめ

先勝と先負は「勝」と「負」という字から、先勝は吉日、先負は凶日のイメージを持たれやすいですが、実はどちらも吉日となります。

ただし、先勝は午前中のみが吉、先負は午後のみが吉となり、反対に先勝は午後が凶、先負は午前が凶となるので、時間帯を間違わないように注意して下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました