HOME

先勝にお参りをしても縁起的に問題ない?時間帯はいつがオススメ?

入籍や結婚式の日取りに縁起のよい大安を選ぶことはよく知られていますが、お参りもお祝い事のため、縁起のよい大安がよいと言われています。

しかし、都合などによっては必ずしも大安にお参りができるわけではありませんよね。

大安は六曜と呼ばれる歴注の一つで、その中には先勝があります。

あまり聞き慣れない言葉だと思いますが、大安にお参りができない場合は先勝にお参りをすることがあるでしょう。

それでは、先勝にお参りをしても縁起的には問題ないのでしょうか。

先勝に縁起を担いでお参りをするには、縁起のよい時間帯を選ぶ必要があります。

スポンサーリンク

先勝にお参りをしても縁起的に問題ない?


先勝にお参りをしても縁起的に問題はありません。

その理由は主に次の2つ挙げられます。

先勝は吉日

縁起がよい日として知られているのは、大安、そして友引ではないでしょうか。

先勝は聞き馴染みがないという方が多いかも知れませんが、先勝は大安、友引に次いで3番目に縁起がよいと言われている吉日になります。

そのため、先勝にお参りをしても何の問題もありません。

ただし、お宮参りや七五三は赤ちゃんやお孫さんが主役のお参りとなるため、自分のこと以上に縁起が気になってしまうおじいちゃん、おばあちゃんが多く、最も縁起のよい日である大安にお参りをしたいと思う方も少なくありません。

お宮参りや七五三のお参りの時は、特に慎重に日取りを決める必要があると言えるでしょう。

六曜と神道に関係はない

先勝や大安などは、六曜と呼ばれる歴注の一つです。

歴注とは、簡単に言うと暦に記載される吉凶占いのことで、日本では冠婚葬祭の日取りを決める時に利用されています。

六曜の起源については諸説ありますが、発祥は中国で、賭け事の吉凶を占うために使われていたと言われています。

このようなことから、六曜とお参りを行う神社、神道には何の繋がりがないため、そもそも六曜における縁起の良し悪しで、お参りの日取りを決める必要はないとされています。

先勝にお参りをする時の時間帯は?


先勝は「先んずればすなわち勝ち」が語源で、物事は急いで行うのがよいという意味から、午前中は吉、午後からは凶となる運気の日です。

つまり、時間によって吉凶が変わるので、先勝だからと言って午後にお参りを行うと、凶に転じているためむしろ縁起は悪くなってしまいます。

先勝に縁起を担いでお参りをする時は、午前中に行うのがよいでしょう。

神社のお参りは午前中がよいと言われているので、その点においても先勝のお参りはタイミングがよいと言えます。

なお、六曜における午前、午後の捉え方は、私達が普段過ごしている時間とは少し違い、午前は午後2時まで、午後は午後2時以降になります。

そのため、先勝に縁起がよい中でお参りをするなら午後2時まで可能となるので、お昼を過ぎたからと言って焦る必要はありません。

お参りに向いている六曜は?

大安

六曜の中で最も縁起がよい日とされ、一日を通じて吉となります。

何事を始めるにも最良の日となり、お参りはもちろん、入籍や結婚式などのお祝い事の日取りとしても人気です。

ただし、それゆえに参拝客が多く、混雑しやすいのがデメリットと言えます。

なるべく人が少ない日にお参りをしたいという方は、大安は避けた方がよいかも知れません。

友引

友引は大安に次いで2番目に縁起がよいとされる日ですが、午の時刻(午前11時~午後1時)のみ凶に転じるため、お参りをするなら午前11時までか、午後1時以降がよいでしょう。

お参りにはあまり関係がないかも知れませんが、友を引くと書くことから、入籍や結婚式を友引に行うと友人にも福が訪れるとして、こちらも人気の日取りとなっています。

先負

「負け」という字が入っているので縁起が悪いイメージもありますが、『先んずればすなわち負け』の意味から、午前中は凶、午後は吉となる日です。(先勝とは逆ですね)



神社へのお参りは午前中がお勧めですが、都合などで午後からしか行けない場合は、先負にお参りとすると縁起を担ぐことができます。

お参りを避けたほうがいい凶日は?

赤口

六曜の凶日の一つで、午の時刻(午前11時~午後1時)のみ吉となりますが、それ以外の時間帯は凶になります。

赤という字が血や火を連想させることから、刃物による怪我、火事などに注意が必要とされています。

凶日であるため、お祝い事の日取りとしてふさわしくありません。

仏滅

六曜の中で最も縁起が悪い日であり、「仏も滅するほどの凶日」という意味があります。

六曜をあまり知らない方でも、結婚式は仏滅を避けた方がよいと知っていますよね。

お参りも同じで、仏滅は避けられる傾向にありますが、最近はぶつめつが物滅に通じることから、全ての物事がクリアになり新しいことを始めるのにふさわしい日、という解釈がされ、あえて結婚式やお参りの日取りとして選ぶ方もいるようです。

不成就日

何をしても成就しない(願いが叶わない)日という意味になり、お参りの他、入籍や結婚式などのお祝い事には不向きな日となります。

不成就日は六曜ではないので、大安や先勝とは別に存在します。

そのため、大安や先勝と重なることがあり、吉日と重なるとその効果は半減し、凶日と重なると倍増すると言われています。

お参りをする時の日取りの仕方


お参りと一口に言っても、お宮参りや七五三、安産祈願、合格祈願、交通安全祈願など様々にあり、都合のつけ方などがそれぞれに違いますよね。

そのため、日取りの決め方はお参りの内容によって異なりますが、お宮参りや七五三の場合は、主役は赤ちゃんや小さなお子さんになるので、最優先するべきなのは縁起の良し悪しよりも体調になります。

いくら大安で縁起がよいと言っても、赤ちゃんやお子さんの体調が優れないのに無理をしてお参りをしてしまうと、風邪を引いたり、熱が出たりと後から大変なことになりかねません。

また、真夏や真冬のお参りも、体温調節の苦手な赤ちゃんやお子さんにとっては苦痛となります。

例え日取りや都合がよくても、避けた方がよいでしょう。

安産祈願も同様で、妊婦さんの体調を考慮して予定を立てることが大切になります。

六曜は気にしないほうがいい?


日本では昔から六曜を元に、縁起の良し悪しを占って日取りを決めていますが、先ほども触れた通り、六曜の発祥は賭け事と言われ、冠婚葬祭とは本来関係がありません。

また、現在では大安が最も縁起がよい日となっていますが、大安のそもそもの意味は「大いに安し」で、可もなく不可もない日とされ、現在では小吉のような吉日だったようです。

さらに、昔は先勝が今の大安のような意味合いで使われており、大安よりも先勝の方が縁起がよい日だったと言われています。

今、私達が見聞きしている六曜は戦後から浸透したもので、それ以前までに名称や意味が幾度となく変わっています

つまり、六曜には一貫性がなく、もちろん科学的根拠もありません。

このようなことから、六曜の日取りによって、その後の人生が左右されることはありません。

最近の若い世代では六曜を全く知らない人も増えており、六曜を気にすることなくお参りや結婚式などの日取りを決めています。

とは言え、年配者の中には六曜によって日取りを決めるべきと考えている方も多いので、家族や親戚が集まる行事などでは参加者全員の納得や理解を得た上で、日取りを決める必要もあります。

まとめ

先勝は午前中であれば縁起がよいので、お参りをしても問題はありません。

ただし、この際の縁起の良し悪しはあくまでも六曜に沿ったものであり、六曜自体に明確な効果や科学的根拠はありません。

六曜に捉われすぎるあまりに、赤ちゃんやお子さん、妊婦さんなどが辛い思いをしないよう、体調を考慮して予定を組むことが最も大切と言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました