HOME

友引と大安では縁起のいい方はどっち?

大安はどんなイベント事にも最適な吉日という扱いをされていますが、結婚などのイベントと相性が良いとされている友引と比べた場合どれだけ縁起のいい日という認識なのでしょうか。

今回は友引と大安では縁起がいい方はどっちなのかを記載しつつ、大安と友引で縁起のいい時間帯はどうなっているのか、大安や友引でやっていい事ややってはいけない事は何なのかを記載して参ります。

1日吉の大安でやってはいけない事というのは存在しているのか、非常に気になるところです。

スポンサーリンク

友引と大安では縁起がいい方はどっち?


六曜の縁起のいい順は大安>友引>先勝>先負>赤口>仏滅となっています。

基本的な考え方として、六曜は大安が最も吉とされる日で仏滅が最も凶とされる日なのです。

大安に次いで吉とされているのは友引ですが、その日1日が吉日となる大安と比べると昼が凶となってしまう友引は見劣りするのでしょう。

六曜は単純に順位が決められるものではないという意見もありますが、今の日本の俗信的には大安が最も立場が上なのです。

過去の文献を調べて見ると大安は終日吉ではあるが終日大吉ではなく終日小吉という扱いだったとされるモノが存在しており、もしかすると昔は友引よりも吉日としての効力が弱かったという扱いをされていたかもしれません。

また、『友引は結婚式といったお祝い事であり効力を一番発揮する』という声もありますが、こちらの『仏滅の結婚式は縁起が悪い?仏滅に結婚式をしたカップルは7.5%!(https://hana-yume.net/howto/wedding-butsumetsu-engi/)』にある六曜と結婚にまつわる『結婚式を挙げた日はどんなお日柄でしたか?』というアンケート結果を見るとまだまだ大安の方が人気であることがよくわかります。

大安は全体の22.8%で友引は18.0%なのです。

個人的には結婚には不向きと言われている赤口や仏滅で結婚式をした人達が合計で12%程度でていることと、覚えていないという人が13%もいるというのが特徴的だと思っています。

大安と友引の縁起のいい時間帯は?


それでは次に時間による吉兆の変化について見ていきましょう。

大安の縁起のいい時間帯

大安という言葉を辞書で調べると『万事によし』とか『1日を通して吉日』と記載してあります。

つまり、1日中吉というわけです。

時間帯によって吉凶の変化があるのかを色々と調べて見ましたが、それらしい記述は一切見つかりませんでした。

基本的には終日吉という扱いであると考えておきましょう。

友引の縁起のいい時間帯

友引は午の刻つまり11時から13時までが凶とされています。

他の0時から11時までの時間帯が吉で13時から24時までが大吉とのことです(一説には夕方までが大吉)。

大安吉日に次いだ吉日である友引を活用したいという人は、お昼時に動くのは避けた方がいいでしょう。

ちなみに、仏滅に次いで2番目に凶日とされている赤口は友引とは反対に11時から13時の時間帯までが吉で他の時間帯が凶とされています。

セットで覚えておくといいでしょう。

友引や大安にやっていいことは?


次は友引や大安でやった方がいいことややっていいことについてまとめていきましょう。



ただし、これを理解するにはそれぞれの六曜がどのような意味をもたらされているのかを知る必要があります。

友引には『何事も勝負がつかない日』という意味がありますが『友を引く』という言葉から様々な俗信が存在しています。

この『友を引く』という言葉から誕生した俗信が『幸せな場面を提供すると幸運をお裾分けして、不幸な場面を提供してしまうと不幸をまき散らす』という厄介なモノが存在しています。

大安は『大いに安し』つまり『特に損害が発生しない日』とか『害する事柄が生じない日』という意味があります。

友引にやっていいこと

・結婚式
・お通夜
・法事
・入籍
・内祝いの送付
・招待状の送付
・引っ越し
・寺や神社への参拝
・出産祝いなどの贈り物を渡す
・大きい買い物
・賭け事
・開業

大安にやっていいこと

基本的に大安ではやってはいけない事が存在していないので、何をやってもOKという立ち位置になっています。

ただし、大安だからといって賭け事が100%勝てるというわけではないので、大安の効力を当てにしすぎるのはNGでしょう。

とりあえず終日吉となりますので、あやかりたい人達が集まる日となっていると考えてください。

大きい買い物でも結婚でも引っ越しでも宝くじの購入でも吉日パワーが発揮されますので有効活用しましょう。

ただし、賭け事の場合は日本にいて六曜を意識している人達すべてに幸運が訪れるようになるので単純に勝率アップには繋がらないと思っています。

友引や大安にやってはいけないことは?


次は友引や大安でやってはいけない事は何なのかをまとめます。

友引は『友を引く』という言葉から誕生した俗信が『幸せな場面を提供すると幸運をお裾分けして、不幸な場面を提供してしまうと不幸をまき散らす』と言われています。

大安は『大いに安し』つまり『特に損害が発生しない日』とか『害する事柄が生じない日』という扱いなので、相性が悪いイベントや行事は少ないのです。
友引にやってはいけないこと

友引でやってはいけない事

友引でやってはいけない事は人を招く凶事全般と『友を引く』という言葉がマイナスになってしまう行事全般です。

・納車
・葬式
・お見舞い

納車の場合は『友を引く』という言葉が『友を轢く』という言葉にとらえることもできるということで、相性が悪いと考える人が多い六曜となってしまいました。

同様に赤口も赤が交通事故を連想させるから不吉ということで納車日からは嫌われています。

葬式は『故人が仲の良い友人を冥土に引きつけてしまう』という考え方があるので相性最悪とされています。

ただしお通夜や法事はOKのようです。

お見舞いは『病気を引き分けてなかなか良くならない』という考え方があるので、友引にお見舞いされることを嫌う人も存在します。

大安にやってはいけないこと

大安は基本的に何をやってもOKとされている吉日ですが、一部の人達からは『これはしない方がいいかもしれない』という意見が出ているのでそちらを除いていきましょう。

まず相性が悪いと叫ばれているのが葬式です。

葬式のような凶事を大安で行うのは逆に縁起が悪いとか『大切な人が死んでいるというのにそれを喜ぶように吉日である大安でするのは間違っている』という意見が出ています。

他にも『大安はユダヤ教やキリスト教における安息日と同じ存在なのだから何もしないことが最も良いとされている吉日である』という意見もありそういった人達からすると大安よりも友引の方が動きやすいかもしれません。

こちらの意見を採用すると、勝負事や争い事などの急ぐ必要がある事柄全般を避けたほうがいいと推奨されている先負と同じ立ち位置になってしまうのもちょっと気になります。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は友引と大安についての情報をまとめました。

基本的に終日吉である大安は六曜の中でも最強の吉日という扱いをされていますが、元の意味は終日小吉であり大吉という扱いではなかったのです。

しかし、現代ではとりあえず終日大吉とされている日という認識なので、とりあえず結婚式などのイベントの日程を決められずに困っているという人は大安に設定すると高齢者を中心に納得してくれることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました