HOME

六曜でお祝い事に縁起のいい日はどれ?六曜を気にしたほうがいい?

普段は縁起など気にならないという方でも、お祝い事は六曜の中でも縁起の良い日に行いたいと思うものではないでしょうか。

一般的に縁起が良い日として知られているのは六曜の大安ですが、大安以外にも縁起の良い日やお祝い事の日取りに向いている日はあります。

そもそも、六曜とは一体なんなのか、お祝い事の日取りでは六曜を気にした方がよいのか疑問に思っている方も多いはず。

そこで今回は、お祝いと六曜について調べてみました。

スポンサーリンク

六曜でお祝い事に縁起のいい日はどれ?


入籍や結婚式、お宮参り、七五三、納車、引越し、契約、不動産購入など。

人生において何度か経験するお祝い事は、縁起の良い日に行いたいと思う方は多いもの。

一般的に縁起の良し悪しを知るには六曜を参照にすることが多いですが、それでは六曜の中でお祝いに縁起の良い日はいつなのでしょうか。

先勝

先勝は、先んずればすなわち勝ちの意味で、物事は急いで行うのがよい日です。

午前中が吉、午後からは凶となるので、お祝い事は午前中に行うのがよいでしょう。

なお、六曜における午前中は午後2時までとなっており、午後は2時以降になります。

友引

友引は、六曜の中では2番目に縁起の良い日になり、大安と共にお祝い事の日取りに選ばれやすい日です。

ただし、午前11時~午後1時は凶になるので、縁起を担ぐ場合はこの時間帯は避けた方がよいでしょう。

友引の入籍、結婚式は「友に福を引く」とされ、参列者に喜ばれる日となっています。

先負

先負は、先んずればすなわち負けの意味で、先勝とは反対に午前中は凶、午後からは吉となる日です。

負けという字が入っているので縁起が悪いイメージがありますが、元々は「周吉」や「小吉」と呼ばれており、六曜の中の吉日(現在は吉の時間の割合で4番目に縁起が良い日)となっています。

仏滅

仏滅は、六曜の中で最も縁起が悪い日で、「仏も滅するほどの凶日」という意味があります。

六曜は知らない方でも、仏滅が縁起の悪い日ということは知っているのではないでしょうか。

そのため、お祝い事全般の日取りに避けられますが、最近は、仏滅は元々「物滅」と書いていたことから、『一旦物が滅びて0になり、新しい始まりとなる』と解釈し、むしろ入籍や結婚式に向いている日としてあえて仏滅を選ぶ方も増えています。

大安

大安は、六曜の中で最も縁起が良い日です。

お祝い事の日取りでは一番人気のため、早くから予約が埋まりやすく、結婚式や納車、引越しなどは希望の日がなかなか取れないことがあります。

赤口

赤口は、仏滅に並ぶ凶日ですが、午前11時~午後1時のみ吉になります。

赤口にお祝い事を行う場合は、この時間帯であれば縁起が良いタイミングとなりますが、赤という字から血や火を連想させ、刃物による怪我や事故、火事に注意をする日として、仏滅よりも不吉な日と捉える方もいます。

そのため、お祝い事には不向きな日となります。

六曜は気にしたほうがいい?


六曜は中国が発祥の暦注(暦に掲載される吉凶占い)の一つで、日本には鎌倉時代末期から室町時代に伝わったと言われています。

一見すると長い歴史があるように思えますが、現在のような形(先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口)となったのは戦後と言われており、時代の中で幾度となく名称や意味などが変化しています。

そのため、元々は大安は最も縁起の良い日ではなく、先勝が今の大安の位置であったとか、先負と大安は同じくらいの縁起の良さであったなど、縁起の良し悪しについては一貫性がありません。

また、発祥の国である中国では六曜は使われていません。



このようなことから、お祝い事の日取りは六曜に左右されすぎずに、本人や参列者の都合、体調などに合わせて柔軟に日にちを選ぶのがよいでしょう。

お祝いをするときに縁起のいい日はいつ?


暦注は六曜の他にもあり、それぞれに縁起の良い日、悪い日が存在します。

そこでここでは、六曜以外のお祝いの日取りに向いている縁起の良い日をご紹介します。

一粒万倍日

一粒万倍日撰日という暦注の一つで、一粒の籾(もみ)が万倍に実って稲穂になる、という意味があります。

この日に始めたことは後に大きな収穫を得ると言われていることから、入籍や結婚式を始め、お宮参り、七五三などのお祝い事や、納車、引越し、宝くじの購入、財布の新調などにもお勧めの日となっています。

ただし、倍になるという意味があるため、車購入などのローンは一粒万倍日には行わない方がよいでしょう。

天赦日

天赦日も撰日の一つで、百神が天に昇り万物の罪を許すという意味があります。

何をしても許される日=何をしても上手くいく日となり、暦の上で最上の吉日です。

母倉日

母倉日は、母が子を育てるように、天が人を慈しむ日という意味で、お祝い事の日取りに向いている吉日になります。

天恩日

天赦日は、書いて字の如く、天の恩恵を全ての人が受ける日という意味があります。

お祝い事全般に向いている日ですが、特に変化を伴うものが吉とされ、入籍や結婚、引越し、契約、車や不動産の購入などがよいと言われています。

お祝いを避けたほうがいい日はいつ?


六曜以外にも縁起の良い日があるように、六曜以外に縁起の悪い日もあります。

そこでここでは、六曜以外のお祝いを避けた方がよい縁起の悪い日をご紹介します。

不成就日

不成就日は、撰日の一つで、言葉の通り何も成就しない日、成功しない日という意味があります。

そのため、入籍や結婚式などのお祝い事は避けた方がよいと言われています。

なお、撰日と六曜はそれぞれ違う暦注のため、暦の上で重なることがあり、大安と不成就日が重なると大安の縁起も良さが半減してしまうと言われています。

受死日

受死日は、葬式以外は大凶で、暦の上で最も縁起が悪い日になります。

縁起が気になる方は、お祝い事全般は避けた方がよいでしょう。

お祝いをするときのマナーは?


結婚祝いや出産祝いなど、お祝い事ではお祝いされる相手に対してお金を包むことがありますよね。

その場合、現金を直接渡すのは失礼になります。

ご祝儀袋に入れて渡すようにしましょう。

なお、お祝い事の内容によって使用するご祝儀袋が変わり、婚姻関係では豪華で派手目の装飾(鶴や亀など)がされているものを使うことが多く、水引の結び目は「結び切り」を選びましょう。

「結び切り」は結び目を引っ張っても解けない結び方になります。

これに対し、出産祝いなどのお祝い事は何度あっても喜ばしいことなので、結びが解ける「蝶結び」がよいと言われています。

また、お宮参りや七五三などで神社へ祈祷に行く場合も、お祝い事のためご祝儀袋にお金を入れ、社務所にて支払いを行います。

ご祝儀袋の表面には「初穂料」「玉串料」「祈祷料」などと書きます。

お宮参りや七五三も何度あってもよいお祝い事のため、水引は蝶結びを選びましょう。

まとめ

一般的に縁起の良い日として知られているのは六曜の大安ですが、大安以外にも(六曜以外にも)暦の上で縁起の良い吉日はいくつも存在します。

そのため、お祝い事を行いたい日が大安ではなくても、他の暦注の中から縁起の良い日が該当していないか確認してみるのがよいでしょう。

とは言え、お祝い事の日取りに捉われすぎてしまうと、なかなか日取りが決められなくて延々と伸ばしてしまったり、参列者にとっては都合の悪い日になってしまい、思うように人が集まれなかったなど、後悔してしまうかも知れません。

あくまでも六曜や暦注は参考の一つに留め、お祝いする側やされる側にとって『良い日』を選ぶのがよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました