HOME

六曜と葬式の関係性について!六曜を気にしたほうがいい?

日本では昔から、冠婚葬祭の日取りは六曜によって決めることが多いですよね。

六曜をよく知らないという方でも、「結婚式は大安に」「友引の葬式は避ける」などは聞いたことがあると思います。

六曜とは簡単に言うと、縁起の良し悪しを占うものになります。

カレンダーやスケジュール帳に日付や曜日以外に、大安や仏滅などの言葉が書かれていることを見たことがあると思いますが、それが六曜の吉凶日になります。

「結婚式は大安に」と言われるのは、大安が六曜の中で最も縁起の良い日だからです。

お祝い事は縁起を担いで行いたいと思う方が多いので、入籍や結婚式は大安が選ばれることが多くなります。

一方で、縁起の良し悪しはあまり関係のなさそうな気がする葬式も、六曜によって日取りを決めるのがよいのか、気になっている方は多いと思います。

そこで今回は、六曜と葬式の関係性について調べてみました。

スポンサーリンク

六曜と葬式の関係性について!


六曜は中国が発祥の歴注(暦に掲載される吉凶占い)の一つで、日本には鎌倉時代末期から室町時代に伝わったと言われています。

そこからさらに一般庶民に広く知られるようになったのは江戸時代、そして現在の形となったのは戦後からと言われています。

日本では入籍や結婚式などのお祝い事の日取りは六曜の吉日が選ばれることが多く、六曜は知らなくても大安は縁起が良い日であるということは多くの方が知っています。

また、六曜はお祝い事だけではなく、葬式や法事などの仏事でも日取りを選ぶ目安とされることがあります。

そこでここでは、六曜と葬式の関係性について詳しくご紹介していきます。

先勝

先勝は、先んずればすなわち勝ちが語源で、物事は急いで行うのがよいとされる日です。

そのため、午前中は吉、午後は凶となり、お祝い事は縁起の良い午前中に行うのがよいと言われています。

葬式については特に縁起の良い日に行う必要がないので、先勝の午前、午後、どちらに行っても構いません。

ただし、通夜が先勝になると、翌日の葬式が友引となってしまうので(友引の葬式については次で解説しています)、通夜が先勝にならないように日取りを調整することがあります。

友引

友引は、本来、共引き=勝負がつかない日という意味なのですが、友を引くと書くことから、友引に葬式を行うと「冥土に友を連れて行く」となり、縁起が悪いと考えられています。

元々の友引にはない意味であるにも関わらず、この言い伝えが長く日本の風習としてあるため、現在も友引を定休日とする火葬場が多く、友引に葬式が行えないのが現状となっています。

先負

先負は、先んずればすなわち負けが語源で、先勝とは反対に物事はゆっくりと行うのがよいとされる日です。

午前中が凶、午後からが吉となる日のため、お祝い事は縁起を担いで午後から行うのがよいですが、葬式については特に時間帯を気にする必要はありません。

仏滅

仏滅は、六曜の中で最も縁起が悪い日のため、お祝い事の日取りには避けられています。

また、葬式においては、「仏も滅するほどの凶日」という意味から、仏教に繋がりがあると思っている方が多いのですが、仏滅を始めとした六曜と仏教には何の関係もありません。

そのため、葬式は仏滅に行わなければいけないこと、逆に仏滅だから避けた方がよい、ということもありませんが、昔から「仏滅は仏事によい」と言われているので仏滅は葬式に向いている日と捉える方もいます。

ただし、地域によっては仏滅は縁起が悪い日であることから、故人を偲ぶ日としてふさわしくないとされ、葬式を行っていないところもあるようです。

大安

大安は、六曜の中で最も縁起が良い日で、お祝い事の日取りとして一番選ばれる日になります。



葬式では縁起の良し悪しは関係ないので、必ず大安を選ぶ必要はありません。

むしろ、大安の葬式は「故人を見送る日の縁起が良いとは不謹慎ではないか?」と考える方がおり、大安を避けた方がよい場合もあります。

赤口

赤口は、六曜の中では仏滅と並ぶ凶日です。

赤という字から血や火を連想させ、刃物による怪我や事故、火事などに注意をする日と言われているため、人によっては仏滅よりも縁起が悪く、不吉な日と捉える場合もあります。

そのため、お祝い事の日取りには仏滅以上に避けられることもありますが、葬式については行っても特に問題はありません。

葬式に六曜を気にしたほうがいい?


先ほども触れた通り、葬式(仏事)と六曜には何の関係もありません。

そして、入籍や結婚式などのお祝い事のように、葬式は縁起の良し悪しを気にする必要もないので、葬式の日取りを六曜の吉凶日によって決める必要もないと言えます。

とは言え、六曜そのものに馴染みのない世代とは違って、年配の方は長い年数を六曜という風習と共に過ごしてきました。

そのため、葬式であっても縁起の良し悪しを気にする必要はあると感じている方もいます。

ただし、お祝い事であれば日取りを縁起の良い日(大安や友引、先勝など)にするのはわかりやすいですが、葬式の場合は縁起の良い日(大安)を選ぶことは、かえって故人に対して失礼だと捉える方もいます。

一方で、縁起の悪い日に故人を見送ることに抵抗がある方もいるため、一概に縁起が良いから、悪いからという理由で日取りを決めることができない部分があります。

このようなことから、葬式についてはお住まいの地域の古いしきたりや、身内、親戚の考え方などを聞き、それらを考慮した上で決めるのが良い場合もあると言えます。

なお、友引の葬式については、火葬場が定休日となっている場合が多く、「自分は六曜を気にしないので友引に葬式を行いたい」と思っても実際に葬式を行うことができません。

前日の先勝に通夜をすると、友引には葬式を行うことができないので、六曜を気にしないという方でも先勝の通夜と友引の葬式には注意をする必要があるでしょう。

葬式の日取りの仕方!


一般的に葬式は故人が亡くなった翌日に通夜、さらにその翌日に葬儀と告別式が行われるため、葬式の日取りの決め方については、六曜の吉凶日よりもこのようなスケジュールが基準となることが多いでしょう。

しかし近年は、火葬場の不足などが理由で、上記のスケジュール通りに通夜や葬式が行えない場合があります。

火葬場での火葬が決まらないことには葬式を行うことができないので、長い場合は一週間以上空きを待つこともあるようです。

近年は火葬場の不足がニュースになるなど、こうした問題が大きく取り上げられるようになってきました。

つまり、六曜の吉凶日を気にして葬式の日取りを決めるほどの時間的な余裕は、実際にはないことが多いと言えますが、火葬場に十分な空きがあり、都合のよい日を選べるのであれば、吉凶日によって葬式の日取りを決めることも可能です。

まとめ

六曜と仏教には関係がないので、葬式の日取りを六曜によって決める必要ありません。

とは言え、高齢者の世代では、日本で長く続く慣習ゆえ、葬式の日取りも六曜によって決めるべきという考えを持っている方も多くいます。

そのため、自分は六曜をよく知らないから、気にしていないからと安易に葬式の日程を決めてしまうと、後々トラブルなどに発展してしまうこともあります。

葬式は基本的には、故人が亡くなった翌日に通夜、その翌日に葬儀、告別式が行われますが、縁起の良し悪しを気にする方が身内や親戚などにいる場合は、縁起による日取りの決め方を優先することがあると、頭の片隅においておくとよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました