赤ちゃんの鼻づまりの原因と3つの解消法【夜もグッスリ】

赤ちゃんの鼻づまりの原因と3つの解消法【夜もグッスリ】

赤ちゃんの鼻づまりを解消するとっておきの方法!

赤ちゃんの鼻づまりは、苦しそうな本人だけではなく、それを見ているママやパパの気持ちまで暗くさせてしまいますよね。

寝ている時、おっぱいを飲んでいる時などに、フガフガと上手く呼吸ができなくて呻いたり泣いたりすると、今すぐこの鼻づまりをどうにかしてあげたい!と思うはずです。

しかし、赤ちゃんは大人のように自分で鼻をかむ事ができないため、一度鼻に鼻水が溜まってしまうと鼻づまりは長期間に及んでしまいがち。

また、赤ちゃんはとてもデリケートなので、大人がするような鼻づまり解消法は使えないケースも多いようです。

では、赤ちゃんの鼻づまりはどうやって解消するべきなのでしょうか。


Sponsored Link


赤ちゃんの鼻づまりの原因

babyhanazumari2
赤ちゃんは大人よりも鼻づまりを起こしやすいと言われています。

その大きな原因は、赤ちゃんの鼻にあります。

赤ちゃんの鼻はとても小さいため、鼻腔内が狭く、ちょっとの量の鼻水でもすぐつまってしまうのです。

また、鼻の粘膜も非常に敏感なため、空気が乾燥すると鼻がつまってしまいます。

この他、赤ちゃんが鼻づまりになる原因として、風邪やウイルス、埃、花粉といったアレルギーも考えられますが、一番の原因はやはり鼻が小さい事だと思います。

そのため、0~1才くらいまではしょっちゅう鼻づまりを起こしていたけど、1才を過ぎたあたりからかなりよくなったという話もよく聞きます。

赤ちゃんの鼻づまりを解消する3つの方法や対策

鼻水吸引器を使う

babyhanazumari3
赤ちゃんが自分で鼻をかめません。それにより、鼻に鼻水が溜まってしまって苦しそうにしている時が多々あります。

昔のお母さんは、赤ちゃんの鼻に直接口をつけて吸い出していたようですが、現在は口にはとてもたくさんの雑菌がいるため、逆にお母さんの菌を赤ちゃんに移してしまい、それが元で炎症などを引き起こしかねないとされています。



口で吸ってあげる事の一番のメリットは、吸い過ぎを防止して赤ちゃんの鼻の粘膜を傷付けないという事ですが、市販されている鼻水吸引器でも、パワーを調節してあげる事で大丈夫でしょう。

しかし、一日に何度も頻繁に使用するとやはり粘膜を傷付けてしまいかねないので、使用回数も気にしながら使うようにするとよいでしょう。

 

綿棒

babyhanazumari4
赤ちゃんは鼻水同様、鼻に溜まった埃やゴミも自分で出す事ができません。

また、それらは塊になる事が多く、鼻腔内を塞いだり、固くなって壁にくっついている場合などがあります。

そう言った目に見える範囲の鼻に溜まったゴミなどを出してあげる事で、鼻の通りがよくなり鼻づまりが解消される事があります。

その際、鼻に指を入れると爪が引っ掛って傷や炎症を起こす事があるので、綿棒で優しく引っ張り出すのがよいでしょう。

また綿棒は大人用ではなく、赤ちゃんの小さい鼻にも使えるサイズも売られています。

 

加湿器を使う


乾燥に敏感な赤ちゃんは湿度が低くなってくると、鼻づまりを起こしやすくなります。

そのため、部屋の湿度を適温に保つ事は赤ちゃんの鼻づまりを予防にとても効果的です。

また、すでに鼻づまりを起こしている場合は、加湿する事で鼻の奥につまったゴミなどがやわらかくなり、かきだしやすくなるようです。

 

まとめ

赤ちゃんの鼻づまりは一刻も早く解消してあげたいもの。

しかし、まずは赤ちゃんが鼻づまりになりにくい環境を作ってあげるのが大切です。

 

鼻づまりの関連記事

風邪のつらい鼻水や鼻づまりに効く薬おすすめ5選!

鼻づまりが原因で眠れない時の5つの解消法!

子供の鼻づまりや鼻水の解消法【眠れない夜に】

鼻うがいの効果とやり方【危険性】副鼻腔炎にはどう?


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)