HOME

赤ちゃんの日焼け止めお薦め5選!紫外線対策はいつから必要?

赤ちゃんの日焼け止め【紫外線対策】の必要性!

以前まで、日光浴はビタミンDの生成を促し骨や歯の形成に役立つとされて推奨されていました。

しかし、1998年を境に母子健康手帳から日光浴のすすめが消去され、外気浴という言葉に代わっています。

このように、日光浴に対する考え方はここ20年近くの間で大きく変化しています。

現在では、長時間に渡って直射日光を浴びる、週に何度も日光浴をすることなどは皮膚癌などの発生率が高くなることがわかっており、日焼けを防ぐ対策が必要だと考えられています。

その一方で、大人に比べて皮膚の弱い赤ちゃんに、日焼け止めを使うべきかどうかと悩むお母さん方はとても多いようで、日焼け止めを使わないために紫外線が気になる季節は、極力外出を控えるお母さんもいらっしゃるようです。

しかし、強い日差しを浴び続けることは間違いでも、全く日光を浴びないことも問題と言えます。

日光は、体内のリズムを整え、健康な体作りには欠かせないからです。

では、赤ちゃんにはどのような対策をするべきなのでしょうか。

赤ちゃんに日焼け止めは使うべきなのでしょうか。避けた方がよいのでしょうか。


Sponsored Link


赤ちゃんの日焼け止めは必要なの?いつから対策すればいいの?

ahiyakedome2
日差しの強いオーストラリアでは、皮膚癌の発症率が高いため国の対策として、外出の際には親が子供に日焼け止めを塗ることが法律として決められています。

日本も近年、35度以上の猛暑が続くような気候になっており、そのため外出する時には日焼け止めをしている方は多いと思います。

しかし、日焼け止めは大人になってからすればよいものではなく、子供の頃からの対策が肝心と言われています。

と、言うのも小さい頃からの皮膚への紫外線の蓄積が、将来皮膚がんを発生させたりシワやシミなどのトラブルの原因となるからです。

このため、赤ちゃんであっても外に出る場合は、日焼け止めを塗った方がよいと言われています。

赤ちゃんの皮膚は弱いので、日焼け止めを塗ることで起こりうる肌トラブルを懸念する方が多いようですが、それよりも日焼けによるダメージの方が怖い、というわけなのです。

赤ちゃんの肌を紫外線から守る5つの方法

ahiyakedome3
では、赤ちゃんを紫外線から守るためには、どのような方法があるのでしょうか。

ここでは、日焼け止めクリームを利用する方法以外の5つをご紹介したいと思います。

1.外出は午前10時~午後3時までの間はなるべく避ける

一日の中で、紫外線量が最も多いとされるのが、午前10時から午後3時だと言われています。

特別な用事がない限りは、この時間帯の外出を控え朝や夕方に出掛けるのがよいでしょう。

2.帽子を被る

帽子は野球帽のようなタイプよりも、ツバのある帽子を選んで顔の前だけではなく後ろも日焼けしないように配慮しましょう。

また、最近ではUVカット加工が施された帽子も登場しています。

3.UVカットの上着を着せる

午前10時から午後3時以外の時間であっても、外出の際には服装にも気を配りましょう。

暑さがやわらいでいるようならUVカットの長袖のTシャツや長ズボンを着せて、肌の露出部分を少なくしてもよいですね。

4.日陰に入る

日差しの強い時間帯の外出であれば、なるべく日陰を選んで歩くことも大切です。

また、ベビーカーに赤ちゃんを乗せている場合には、日よけのガードを装着するのもよい方法でしょう。

5.サングラスをかける

紫外線は肌だけではなく、目にも悪影響を及ぼすと言われています。

そこで最近は、赤ちゃん用のサングラスも販売され話題となっているようです。

赤ちゃん用のサングラスは後ろの部分にゴムバンドが付いていて、落ちないようになっています。

赤ちゃんの日焼け止めクリームで人気のおススメ5選

上記の対策をした上で、さらに日焼けを防ぐなら、やはり日焼け止めクリームを利用するのがよいでしょう。

赤ちゃんの皮膚はとてもデリケートなので、日焼け止めクリームを使うとかぶれを起こすのではないかと心配になるお母さんもいらっしゃるようですが、最近は赤ちゃん用に低刺激・無添加な日焼け止めクリームも多数販売されています。

それでも不安な方は、目立たない部分でパッチテストを行って、大丈夫そうなら全身に使うなどしてみてはいかがでしょうか。

 

和光堂 サンカットベビー&ファミリー

ahiyakedome4
肌トラブルを起こしやすいとされている紫外線吸収剤が無配合で、無香料・無着色・防腐剤無添加・ノンアルコールなのがこちらの日焼け止めクリームです。

赤ちゃん用品を販売しているメーカーならではの安心感があると思います。

また、使用後は石鹸やボディソープで簡単に落とすことができます。

URL:http://www.wakodo.co.jp/index.html



 

ナチュラルサイエンス ママ&キッズUVライトベール

ahiyakedome5
こちらの商品は、赤ちゃんの肌トラブルの原因と言われている紫外線吸収剤が入っていますが、紫外線吸収剤が直接肌に触れないように、カプセルに内包した「カプセルインUVシールド処方」を採用しています。

このためより強い日差しが肌の奥へ吸収されるをの防いでくれ、使用後は石鹸やボディソープで洗い流すことができます。

URL:http://www.natural-s.jp/index.html

 

丹平製薬 アトピタベビー保湿UVクリーム

ahiyakedome6
赤ちゃんのデリケートな肌を守るために、ウォーターベースを採用した日焼け止めクリームです。

塗り心地が優しく、また洗い流す時もスムーズで肌に負担を掛けません。

URL:http://www.tampei.co.jp/

 

DHC ベビー&ママ サンガード

ahiyakedome7
肌に刺激を与える成分を極力減らし、デリケートな肌の赤ちゃんにも使えるように作られた日焼け止めクリームです。

また、オリーブバージンオイルやコメ胚芽油などの天然成分を使用することで安全面も考慮しています。

URL:http://www.dhc.co.jp/main/main.jsp?sc_iid=common_header_logo

 

株式会社明治 すべすべみるるUVローション

ahiyakedome8
ミルク生まれのうるおい成分である、乳清ミネラル配合のため、うるおいを守るだけではなくうるおいを閉じ込めて赤ちゃんのデリケートな肌を保護します。

また、紫外線吸収剤不使用で、さらっとした付け心地で白残りしません。

URL:http://www.meiji.co.jp/

 

まとめ

赤ちゃんを連れて外出をする時は、しっかりとした日焼け対策を行うようにしましょう。

また、赤ちゃんはとても汗をかきやすい体質なので、場合によって日焼け止めクリームを塗り直す必要がありますが、その際にはしっかりと汗を拭き取って塗りムラなく塗るようにして下さいね。

 

スキンケアの関連記事

手荒れに効くハンドクリーム人気のおすすめ5選!

手荒れやひび割れの予防法と3つの対策法

手荒れにワセリンが効く!副作用はないの?

多汗症の原因と解消法と効果的なツボや漢方は?

肌荒れを改善する方法と効果的な食べ物や飲み物!

ひび・あかぎれの原因や症状と治療法や対策は?

ひび・あかぎれに効果のあるハンドクリームおすすめ5選!

ひび・あかぎれに効く市販薬おすすめ5選【塗り薬】

しもやけの対処法や治し方と予防【足指・耳・手】

しもやけに効く市販薬おすすめ5選【塗り薬】

二の腕のブツブツの治し方や対処法!毛孔性苔癬が原因なの?

オロナインパックの効果的なやり方【鼻・顔全体】角栓スッキリ!

ニベアパックの効果的なやり方で角栓スッキリ!その頻度は?

ニベアが凄い!注目の成分や口コミと使い方ガイド!

敏感肌に優しい日焼け止めクリームおすすめ5選!

乾燥肌の洗顔せっけん【無添加・手作り】おすすめ5選

赤ちゃんの乾燥肌対策のスキンケアおすすめ5選【保湿重視】

乾燥肌対策の化粧水おすすめ5選【保湿性と効果】

乾燥肌ファンデーションおすすめ5選【保湿・うるおい】

肌を潤す保湿美容液おすすめ5選【乾燥肌対策】

馬油おすすめ自然派5選【選び方と効果・効能】

椿油(ツバキオイル)おすすめ5選【スキンケア・髪・顔・頭皮】

オリーブオイルおすすめ5選【洗顔効果とクレンジング】


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました