秋の七草の覚え方はコレ!春の七草との違いは?

秋の七草の覚え方はコレ!春の七草との違いは?


秋の七草の簡単な覚え方!

秋分の頃に、そろう秋の七草

春の七草は、食べて無病息災を願うのに対し、秋の七草は、眺めて楽しむ草花です。

秋の彼岸に供える「おはぎ」は、「萩」から由来しているんですね。

春の七草は、正月に疲れた胃袋に優しい「七草粥」を食べたりするので、よく耳にしますが、秋の七草は初耳という方。

この機会に、秋の七草を覚えてみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link


秋の七草の動画

秋の七草の簡単な覚え方はコレ

「お好きな服は?」という語呂合わせ

:女郎花(おみなえし)
:薄(すすき)
:桔梗(ききょう)
:撫子(なでしこ)
:藤袴(ふじばかま)
:葛(くず)
:萩(はぎ)[/deco_bg]

「ハスキーなお袋」という語呂合わせ

:萩(はぎ)
:薄(すすき)
:桔梗(ききょう)

:撫子(なでしこ)
:女郎花(おみなえし)
:藤袴(ふじばかま)
:葛(くず)

この2パターンが、秋の七草について一番覚えやすいです!

えっ、この2パターンは覚えたけど、それぞれが一体何なのかが覚えられないって方。

そういう方に、イメージ(写真)で覚えるのが印象深いと思いますので、「お好きな服は?」という語呂合わせにそって秋の七草をご紹介します。

秋の七草の時期はいつ?


1月7日に七草粥として、せり、なずな、ごぎょう、ほとけのざ、はこべら、すずしろ、すずなを食す「春の七草」。

年末年始のご馳走三昧に疲れた胃腸を休ませる意味があると言われており、実際に食べたことはなくても名前くらいは聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

それでは、秋の七草という言葉は知っていますか?

秋の七草は春の七草のように草花を食するのではなく、目で見て楽しむもの。

万葉集に収められている俳句が、その始まりと言われています。

なお、秋の七草の時期は旧暦の7~9月となっています。

7月に秋のイメージはないかも知れませんが、旧暦と新暦では1~2ヵ月の差があるため、現代の暦にすると9月の中旬から末くらいの初秋の季節となります。

それでもまだ残暑が厳しく、夏らしい天気が続く地域も多いですが、少しずつすすきや藤袴など秋を感じさせる草花が目につく時期ですよね。

秋の七草の意味は?


七草と言うと、毎年1月7日に無病息災を願って七草粥を食べる「春の七草」が有名ですよね。

スーパーに行くと、せり、なずな、ごぎょう、ほとけのざ、はこべら、すずしろ、すずなが一通り並んでいたり、7種類がセットになって売られていたりします。

しかし、七草は何も春に限定されるわけではありません。

あまり知られていませんが、秋にも七草が存在します。

秋の七草は、春の七草のように食べて季節を感じるものではなく、鑑賞用として愛でて楽しみます。

元は、万葉集に収められている山上憶良の2句が始まりで、「秋の野原に咲いている草花を数えてみると7種類ある」「それは萩の花、尾花、葛の花、なでしこの花、女郎花、また藤袴、朝貌の花」となっています。

尾花とはススキのこと、朝貌はその当時アサガオが日本にはなかったのでキキョウではないかと言われています。

これらの7種類の草花は鑑賞はもちろん、薬用として利用されており、先人達にとってはとても身近なものだったと言えるでしょう。

春の七草のように食したりはしませんが、寒さの厳しい冬がやってくる前に、色とりどりの花を見て秋の間に心の準備をしておきましょう、という意味合いがあったのかも知れませんね。


Sponsored Link


秋の七草の時期はいつ?


1月7日に七草粥として、せり、なずな、ごぎょう、ほとけのざ、はこべら、すずしろ、すずなを食す「春の七草」。

年末年始のご馳走三昧に疲れた胃腸を休ませる意味があると言われており、実際に食べたことはなくても名前くらいは聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

それでは、秋の七草という言葉は知っていますか?

秋の七草は春の七草のように草花を食するのではなく、目で見て楽しむもの。

万葉集に収められている俳句が、その始まりと言われています。

なお、秋の七草の時期は旧暦の7~9月となっています。

7月に秋のイメージはないかも知れませんが、旧暦と新暦では1~2ヵ月の差があるため、現代の暦にすると9月の中旬から末くらいの初秋の季節となります。

それでもまだ残暑が厳しく、夏らしい天気が続く地域も多いですが、少しずつすすきや藤袴など秋を感じさせる草花が目につく時期ですよね。

秋の七草

お:女郎花(おみなえし)
ominaesi

 

 

 

す:薄(すすき)
susuki

 

 

 

き:桔梗(ききょう)
kikyou

 

 

 

な:撫子(なでしこ)
nadesiko

 

 

 

ふ:藤袴(ふじばかま)
fujibakama

 

 

 

く:葛(くず)
kuzu

 

 

 

は:萩(はぎ)
hagi

 

 

 

 

秋の七草と春の七草の違いは?

秋の七草は目で楽しむ、観賞する植物であるのに対して、春の七草は、1月7日の朝に七種類の野菜を入れた七草粥を食べ、邪気を払い無病息災と五穀豊穣を祈るものとされています。

ちなみに、春の七草とは、「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」です。

 

七草粥の時期や由来や意味!作り方や献立

 

秋の七草は食べられない?

山上憶良が万葉集で詠んだ「萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝顔の花」という句が、秋の七草の由来だと考えられています。

ハギ、オバナ(ススキ)、クズ、ナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、アサガオ(現在の朝顔ではなくキキョウだと言われています)は、秋の花の代表として親しまれてきたもの。

春の七草のように粥にして食するといったものではなく、目で見て楽しみます。

でも民間薬や漢方薬として、古くから使われているのだとか。

例えば、ススキの根には解熱や利尿作用、ナデシコはむくみや高血圧に、フジバカマはお風呂に入れるとかゆみをとる、ハギやキキョウの根には咳止めなど、色んな効果があるんだそうです。

特にクズから作る葛根(かっこん)は、風邪薬としても有名ですね。

今回は、秋の七草についてのミニ情報でした。

 


Sponsored Link




おすすめ記事





LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)