HOME

網戸掃除が簡単にできる方法!頻度や道具は?

網戸の掃除のコツは?注意点はある?

網戸は放っておくとなかなかのスピードで汚れますのできっちりとした掃除が必要です。

今回は網戸の掃除機を使った掃除方法や掃除を簡単にするコツ、網戸掃除に使う道具として紹介されるストッキングの有用性や注意点などを記載して参ります。

以外と掃除がしにくい網戸の掃除を面倒に感じている人こそ見てもらいたい内容に仕上がっています。



網戸の掃除方法のコツ!


網戸の掃除のこつは以下にしてゴミを除去するのかになります。

基本的に壁や床やガラスというのは穴の無い面になっているのですが、網戸というのは穴だらけになっているのでガラスや床や壁と同じような掃除方法は通用しないのです。

特に、この穴だらけという特異性は掃除機を使うことで発揮されてしまうでしょう。

理想は網戸を外して一つ一つ丁寧に掃除をすることなのですが、これもなかなか大変なので、掃除機を使って掃除を試みた人も多いのではないでしょうか。

しかし、掃除機でいくら吸い込んでも埃もゴミも吸い込んでくれないのが実状です。

これは空気の逃げ場が大量に存在しているのが原因なので、網戸を掃除するときはガムテープなどで段ボールをくっつけて反対側の空気の逃げ場を塞いでください。

これだけで一気に効率が上昇します。

掃除機を使わないという人でもブラシを使ったり網戸用のワイパーを使うことでかなり簡単に掃除が終わらせられます。

要するに、壁や床やガラスの掃除と網戸の掃除は一緒にしないことがコツなのです。

ストッキングを使った掃除方法!


網戸を簡単に掃除する方法の一つがいらなくなったストッキングを使ったやり方です。

まずは網戸の掃除をしない側に新聞紙や段ボールを貼り付けて埃が飛び散らないようにしてください。

その後にいらない雑巾や靴下などを詰めてお団子状のストッキングを用意し、スポンジで掃除をしているかのように上から下になぞりましょう。

ストッキングは非常に繊維が細かく作られているので網戸と擦り合わせると静電気が発生して、網戸にくっついていた汚れやゴミが吸い寄せられるのです。

塗れていると効果が一気に落ちるので、水で濡らすのはNGとなっています。

ただし、このストッキングを使った掃除で100%完璧に汚れが落とせるわけでは無いので、大掃除の時は重曹や掃除機を使って綺麗にしてください。

簡易的な掃除にはこのストッキングだけでも十分に効力を発揮してくれます。

掃除機を使った掃除方法!


掃除機で吸い取るにはその吸引力を思う存分発揮してもらう必要があるので、反対側を段ボールや新聞紙でまずは覆ってください。

反対側をきっちりと塞いで空気の逃げ場をなくすのです。

その後は上から下にノズルを動かして埃や汚れを落としましょう。

ただし、網戸の強度によって掃除機で吸い込むとたるみが発生することもありますので、掃除機を使う時は弱でかけてください。

より細かく汚れを落としたいという人はブラシを使って埃を落としてから吸い込むと良いでしょう。

その後は水拭きなどで綺麗にすれば完璧です。

ついでにサッシのゴミや窓ガラスのゴミなども撤去すると効率がさらに上がります。

掃除の頻度はどのくらい?


網戸の掃除頻度は人によって意見が異なっていますが、少なくても1年に2回程度は掃除することが推奨されています。



窓ガラスの掃除頻度も梅雨明けと年末年始の2回が推奨されることが多いので、このタイミングで掃除するのが理想でしょう。

また、網戸も窓ガラスも晴れていると拭いた後の汚れが固まって落ちにくくなるといった共通のデメリットがあり、曇りの日が推奨されているので同じ日に掃除することが理想なのです。

網戸掃除の注意点


網戸掃除の注意点は「網戸そのものはかなりもろいので力を入れすぎるとアウト」という点です。

掃除機を使った掃除方法について解説したときも、吸引力が強すぎると網戸がたるんでしまうと解説したように、落とせない汚れがあって無理矢理擦ってしまうと簡単に傷ついてたるんでしまうのです。

なので、掃除をするときはできる限り力を入れないことが大切になるでしょう。

また、網戸にはいろんな汚れが付着しているので、焦らずゆっくりと掃除することもこつとなります。

排気ガスや土埃や雨風にさらされている網戸は時間が経過して落とせなくなっていることも多いので、無理矢理力を入れてしまったり早々に終わらせてしまう人も多いのですが、根気よくゆっくりやることを心がけてください。

幸いにしてストッキングを使った非常に簡単なケア方法も存在しているので、1カ月に1回の頻度のケアも可能となっています。

また、汚れがひどく頑固な汚れを落とす場合は強力な洗剤やメラミンスポンジを使うことになりますが、直接使うと手形だれてしまう恐れがありますので、必ず手袋はしましょう。

メラミンスポンジの場合は手が傷つく恐れもありますので、手袋は必須です。

他にも外側から内側に向けて外さずに網戸を掃除する場合、汚れた水が室内に飛んでしまうことがありますので、必ず段ボールや新聞紙で覆うようにしましょう。

汚れがひどいと真っ黒な水が多発しますので、室内の家具や床が黒く汚れてしまう恐れがあります。

この汚れは集合住宅で外壁にまで飛ばしてしまった場合、ちょっとした揉め事に発展する恐れもあるので掃除の仕方にも気を配りましょう。

網戸の汚れがあまりにもひどかった場合は、ホームセンターで道具をそろえれば張り替えを行うこともできます。

ただし、使っている網戸によってゴムの太さなどが異なってきますので、ゴムの太さを定規で測ってから購入するようにしましょう。

DIYに慣れている人なら問題なく張り替え作業ができるレベルになっています。

網戸の掃除に必要な道具は?


網戸掃除に必要な道具は以下のとおりです。

重曹・スプレーボトル・はさみ・手袋・メラミンスポンジ・ブラシ・段ボールか新聞紙・掃除機・マスクなどです。

もちろん、人によっては使わない可能性のある道具も混じっています。

掃除機を使わない人でもブラシやスポンジは必要になるので、どのやり方で掃除をするのかをまずは決めてください。

お掃除シートは網戸には効果が薄いので、網戸の用のワイパーを使うのが基本です。

ちなみに、ブラシを使って掃除をする場合はカー用品店で売られている大きめの洗車ブラシを購入して、窓を閉め切って外から網戸を掃除してください。

ブラシの使い方は横から横に擦るように移動させる事です。

このやり方だとかなりの埃が発生するのでマスクは必須となります。

ブラシである程度の埃や汚れを落としたら、水か中和洗剤を混ぜた水で濡らしたスポンジで水を通しましょう。

掃除の基本は上から下なのですが、網戸を濡らす場合は下から上へ動かしてください。

洗剤を使う場合は一度水で濡らしてからの方が効率が良いです。

後は雑巾で水拭きをして網戸にくっついた水を拭き取りましょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は網戸掃除の方法や注意点をまとめていきました。

網戸掃除は普通の掃除とはちょっとやり方が異なっているので、掃除をするときは注意点を守りましょう。

掃除機を使う場合は反対側をきちんと段ボールや新聞紙で覆ってからにしてください。

掃除頻度が少ない網戸はかなり汚れていますので、一度ブラシなどを使ってどの程度の汚れになっているのか確認してみましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました