青森でお土産を買うならコレ【絶対喜ばれるランキング】

青森でお土産を買うならコレ【絶対喜ばれるランキング】

青森で人気のお土産トップ10!

青森と言えば、りんごの産地としてあまりにも有名ですよね。

ですが、そのりんごを使った青森の銘菓は知っていますか?と聞かれると、「うーん?」と唸ってしまう方も多いのではないでしょうか。

青森には、りんごを使った様々なお菓子があり、そのどれもが青森ならではの味と大好評を得ています。

また、青森にはりんご以外にも特産を使った美味しいお土産がたくさんあります。

そこで今回は、青森で人気のお土産をご紹介したいと思います。


Sponsored Link


青森で買えるおススメの人気のお土産特集!

青森はりんごが美味しいけれど、それだけじゃない!見たら絶対に買って帰りたくなる、青森の人気のお勧めのお土産とは一体何なのでしょうか。

 

ラグノオの「気になるりんご」

aoomiya2
青森県産のりんご「ふじ」をシロップに浸け込み、そのままパイ生地に包んで焼き上げた贅沢なアップルパイ。丸ごと1個のりんごがそのまま入っているインパクトだけではなく、りんご本来の香りや食感もしっかりと感じられる青森ならではのお土産です。

価格:1個700円、2個入り1,400円他
場所:菓子処笹の舎(本社隣)、青森空港、青森県内の各スーパー他
営業時間:9:00~19:00(菓子処笹の舎)、その他店舗によって異なる

 

アルパジョンの「朝の八甲田」

aoomiya3
青森県産の卵をたっぷりと使い、卵のまろやかさとチーズのコクを生かしたスフレタイプのチーズケーキ。スプーンですくって食べる新しい感覚と食感に、お土産で貰った後ネット通販で自分で買い求めるリピーターが続出している大人気商品です。

価格:5個入り1,080円、10個入り1,944円他
場所:下長店、新青森駅店、湊高台店他
営業時間:9:00~20:00(新青森駅店)、その他店舗によって異なる

 

ラグノオささきの「青森にんにくせんべい」

aoomiya4
にんにくの生産量日本一の青森。中でも田子町産のにんにくは粒が大きく、味も美味しいことで有名ですが、その田子町産のにんにくをたっぷり使ったえびせんは、一度食べたら止まらない病みつきになる味として人気になっています。

価格:1袋540円他
場所:菓子処笹の舎(本社隣)、青森空港、青森県内の各スーパー他
営業時間:9:00~19:00(菓子処笹の舎)、その他店舗によって異なる

 

パティスリー山崎の「奇跡のりんごかりんとう」

aoomiya5
自然栽培農法という世界初のりんご栽培に成功した木村さんの作る奇跡のりんごを使用したかりんとう。りんごの果肉は勿論、皮も種も全て入っており、カリカリの食感が癖になる一品です。

価格:130g 540円
場所:レストラン山崎、パティスリー山崎、カフェ山崎の各店舗、青森空港、弘前駅ビル内他
営業時間:10:00~21:00(パティスリー山崎)、その他店舗によって異なる

 

シャイニ―の「ねぶたシリーズ」

aoomiya6
県内では数多くのりんごジュースが売られていますが、こちらシャイニーのアップルジュースはダイレクトなりんごの香りを甘味が評判の商品となっています。通常版の他、ふじと紅玉をブレンドした金のねぶた、ふじと王林をブレンドした銀のねぶたも人気です。


Sponsored Link


価格:ねぶた250g缶134円、金のねぶた195g缶115円他
場所:青森県内の各スーパー、青森空港、青森駅、弘前駅他
営業時間:店舗によって異なる

 

ヤマモト食品の「ねぶた漬け」

aoomiya7
数の子、スルメ、昆布、大根、キュウリを醤油で漬けた一品。甘い物が苦手な方へのお土産を探しているなら、ご飯のお供に最適なこちらの商品がお勧めです。

価格:250g 650円、500g 1,296円他
場所:本社、柳町直営店、青森県内各スーパー、青森駅、青森空港他
営業時間:8:00~16:00(本社)、その他店舗によって異なる

 

上北農産加工農業協同組合の「スタミナ源たれ」

aoomiya8
青森県内の一般家庭では必ず1本は常備されているというスタンダードな焼肉たれ。青森県産のりんごとにんにくを、贅沢に生のまま使用しているからこそ生まれる旨味やコクは、焼肉は勿論ですがあらゆる料理に使える万能調理料です。

価格:1本450円
場所:青森県内の各スーパー、青森駅、青森空港他
営業時間:店舗によって異なる

 

味の加久の屋の「八戸せんべい汁コク塩味」

aoomiya9
八戸せんべい汁は、青森県八戸地方の郷土料理で、今や全国的に有名になったB-1グランプリ2012年の王者。また八戸はそのB-1グランプリの発祥の地でもあります。八戸せんべい汁研究所との共同開発によって誕生したこちらの商品は、自宅で気軽にB-1の味を楽しめると人気となっています。

価格:1箱1,000円
場所:中合三春屋、創季屋(八食センター内)、ユートリー他
営業時間:9:00~19:00(ユートリー:八戸駅隣)、その他店舗によって異なる

 

小山せんべい店の「津軽せんべい」

aoomiya10
ぱりっとしたせんべい生地というよりは、クッキー生地に近い厚みのある生地の中には、丸ごとのナッツ類が入っており、見た目から楽しい商品。職人が一枚ずつ手焼きをしていて、店頭ではその様子を見ることができます。

価格:手焼きアーモンドせんべい6枚入り648円、手焼きピスタチオせんべい6枚入り864円他
場所:本店、JR青森駅・八戸駅・新青森駅、津軽伝承工芸館他
営業時間:9:00~18:00(青森駅店)、その他店舗によって異なる

 

ジークフリートの「青い森」

aoomiya11
フレッシュバターにチーズを混ぜ込んだクリームを、ふわふわの生地で包んだオリジナル商品。甘さと塩っ気のバランスが絶妙で、誕生から28年間愛され続けている味です。

価格:12個入り1,800円、24個入り3,450円他
場所:松原店、戸山店、ラビナ店他
営業時間:10:00~20:00(ラビナ店:青森駅ビルラビナ1F)、その他店舗によって異なる

 

青森のお土産のまとめ

さすが日本一のりんごの産地だけあって、りんごを使ったお土産がたくさんあります。

しかし青森はそれだけじゃないこともわかりました。

B-1グランプリ受賞品や長く愛され続ける地元の味など、魅力的なお土産が多数ありますから、是非青森にお越しの際はこれら「青森ならではの味」を探してみて下さいね。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)