男性ホルモンの効果と増やす方法【食べ物・サプリ】

男性ホルモンの効果と増やす方法【食べ物・サプリ】

男性ホルモンの働きと増やし方!

女性が女性らしさをキープするために必要な女性ホルモンの重要度は、今や一般レベルにも広く浸透し、多くの方が女性ホルモンの分泌をアップさせるために努力をしていますが、男性の方は日常において男性ホルモンを増やそうと考える方はあまりいないのではないかと思います。

しかし、最近は、女性だけではなく男性にも更年期があることが認知され始め、男性更年期の原因の一つに、男性ホルモンのテストステロンの分泌量の低下が挙げられています。

このような背景から、男性も男性ホルモンについて知識を高めようという方が増えてきています。

そこで今回は、男性ホルモン働き増やし方をご紹介したいと思います。


Sponsored Link


男性ホルモンとは?

dnshrnk2
男性ホルモンとは、男性らしさを作るために欠かせないホルモンの総称を言います。

第二次成長期に入ると、男の子は急激に男性らしい体つきへと近付きます。

筋肉や骨格の発達、ひげや体毛が生える・濃くなる、声変わりするなど、見た目が明らかに変化していくのがこの時期ですが、男性ホルモンは成長過程のみに重要視されるものではなく、成人以降も男性にとって必要不可欠な存在と言えます。

男性ホルモンにはいくつかの種類がありますが、その中でも最も分泌量が多いのが、テストステロンです。

テストステロンは、男性らしい体を形成するのはもちろん、仕事へのやる気や活力にも影響を及ぼすと言われています。

男性ホルモンの働きや役割

dnshrnk3
男性ホルモンの95%を占めるテストステロンは、男性としての人生を歩むにあたり、三度ほど大きな転換期を迎えると言われています。

一度目は、まだお母さんのお腹の中に胎児として存在している時。

胎児の人体上の基本は女性ですが、それが妊娠6週あたりからテストステロンが分泌されることで徐々に男性器が発達し、男の子として生まれます。

二度目は、生後2週間から6ヶ月の間に、再びテストステロンの分泌が増え、この時期に脳の性差や発達に影響を与えると言われています。

そして三度目は、思春期の時期です。

思春期には、大量のテストステロンが分泌されるので、筋肉や骨格が発達し、声変わりや性欲の増加など、心身共に様々な変化をもたらせます。

 

成長ホルモンを効果的に分泌する方法【睡眠・筋トレ・運動】

 

男性ホルモンの効果

dnshrnk4
男性ホルモンのテストステロンは、男性らしい体つきや生殖機能に関わるだけではなく、健康な体を維持するためにも必要なホルモンです。

テストステロンには一酸化窒素を産生する働きがありますが、一酸化炭素は血管や臓器にコレステロールが溜まりにくくする作用があるため、テストステロンの分泌が多い男性は生活習慣病になりにくいと言われています。

また、テストステロンは精神的な作用も大きいと言われ、テストステロンの分泌が活発な方は、意欲的に物事に取り組む姿勢を持っていたり、不安や不眠などに悩まされにくいと言われています。

男性が困難に立ち向かうヒーローのような存在に憧れやすいのも、こうしたテストステロンの影響によるものだと考えられています。

このように、テストステロンはただ単に外見的に男性を男性らしく見えるように近付ける働きがあるだけではなく、内面的な男性らしさや思考を形作っていくためにも働いています。

男性ホルモンが減少する原因とデメリット

dnshrnk5
テストステロンは、思春期に分泌を止めてしまうわけではなく、それ以降も分泌が続き、20代が最も分泌が盛んになると言われています。

30代以降のテストステロンの分泌量には個人差があり、70代であっても30~40代と変わらない程度の分泌がある方もいれば、40代で殆ど分泌されないという方もいらっしゃいます。

テストステロンは、基本的には加齢と共に徐々に分泌量が減っていくものと言われていますが、強いストレスがかかるとテストステロンの分泌に関わる脳下垂体がホルモンの分泌を止めてしまい、結果としてテストステロンの量が減ってしまうことがわかっています。

これにより、最近は男性にも女性と同様に更年期が起こる場合があることが示唆されており、女性ホルモン同様に男性ホルモンの分泌を促すことも大切だと考えられています。

男性ホルモンの増やし方

dnshrnk6
男性ホルモンと聞くと、「生殖に関わることに必要なだけでそれ以外の普段の生活では関係がないことから、分泌量が減っても問題ない」と考える方が多くいらっしゃいます。


Sponsored Link


しかし、テストステロンの分泌量が多い方というのは、心身共にやる気がみなぎって、アグレッシヴに活動している場合が多いと言われています。

つまり、男性が社会の中で気力を落とすことなく働き続けるためには、なくてはならない要素とも言えるのです。

では、男性ホルモンを増やすためには、どのようなことを意識したらよいのでしょうか。

ここでは、男性ホルモンの中で最も分泌量の多いテストステロンについてご紹介したいと思います。

①運動を行いましょう

強度の高い運動は、テストステロンの分泌を増加させると言われています。

なおこの場合は、ジョギングのような持久力を高める運動よりも、筋トレや激しいスポーツなど短時間に行う負荷の高い運動の方が効果があるそうです。

②しっかりと睡眠を摂りましょう

睡眠によって疲労やストレスが解消されると、テストステロンの分泌が活発になります。

③趣味や習い事など、好きなことをしましょう

楽しいことをしてワクワク、ドキドキするだけでも、テストステロンの分泌が高まると言われています。

また、恋をすることでもテストステロンの分泌は活発になると言われています。

④スポーツ観戦をしましょう

アメリカのユタ大学の研究によると、好きなチームの応援をしたり好きな選手を応援し、そのチームや選手が勝利をおさめると、テストステロンの分泌を20%以上も促すと言われています。

ただし、逆に試合に負けてしまうとテストステロンの分泌を20%以上下げてしまうと言われているため、その点では注意が必要と言えます。

男性ホルモンを増やす食べ物や食材

男性ホルモンは、上記でご紹介した方法以外にも、食べ物を摂ることでも増やすことができると言われています。

そこでここでは、男性ホルモンを増やす食べ物をご紹介したいと思います。

赤身の肉

dnshrnk7
お肉などに含まれるたんぱく質は、テストステロンの分泌を促進する効果があると言われています。

たまねぎ

dnshrnk8
玉ねぎやにんにくなどに含まれる含硫アミノ酸には、テストステロンの合成を助ける働きがあると言われています。

ただし、加熱すると成分が失われてしまうため、できるだけ火を入れない状態で食べるのがよいでしょう。

牡蠣

dnshrnk9
牡蠣には亜鉛が多く含まれていますが、亜鉛にはテストステロンを増やす働きがあると言われています。

男性ホルモンを増やすサプリ

男性ホルモンのテストステロンを、直接増やす効果のあるサプリメントというのは販売されていませんが、テストステロンの合成を促す働きのある成分を補填することで、分泌を高める効果のあるサプリメントというのは販売されています。

ここでは、そのような意味における男性ホルモンを増やす効果のあるサプリメントをご紹介したいと思います。

GHプレミアム

dnshrnk10
8種類のアミノ酸、5種類のミネラル、9種類のビタミンの他に、トンカットアリやクラチャイダムの2種類のハーブを配合し、男性ホルモンの分泌を促進します。

参考URL: http://gh-p2.jp/ad/index.html

Going +

dnshrnk11
薬用植物のトンカットアリや、マカ、ムイラプアマ、カツアーバの3種のハーブを配合してします。

その他にも、ビタミン、亜鉛、シトルリンなど男性ホルモンの分泌を促す成分が配合されています。

参考URL: http://going-plus.info/?class=all&FF=0&superkey=1&keyword=&mode=p_wide&id=13

プロキオン

dnshrnk12
厚生労働省より「指定医薬部外品」に認可されており、薬効が認められています。

にんにくに含まれる強い抗酸化作用を持つオキソアミジンが配合されており、男性ホルモンの分泌を高めてくれます。

参考URL: http://kyoufuku.com/sc/?ad_code=020&utm_source=affiliate

男性ホルモンの効果と増やす方法【食べ物・サプリ】のまとめ

男性ホルモンは、男性が男性らしく生きるために欠かせないものです。

男性ホルモンは、単に生殖に関わるだけではなく、意欲的に仕事に取り組めたり、人生を楽しく過ごすためには必要なものですので、食べ物やサプリメントで栄養を補充し、いつまでも男性ホルモンの分泌が活発な男性でいられるように意識してみましょう。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)