HOME

枝豆の茹で方のコツ【茹で時間】と選び方3つのポイント!

枝豆のカロリーと美味しい枝豆の茹で方!

ほくほくとした食感と、塩っ気がたまらない枝豆。

お父さんのお酒のおつまみとしては勿論、お子さんのお弁当の彩りや、パーティーの席などで大活躍する枝豆は、年齢を問わず誰からも人気の高い食材と言えます。

最近は冷凍技術が躍進し、海外物を始めとした冷凍枝豆も随分と美味しく頂けるようになりましたが、やはりもぎたてに勝るものはありません。

スーパーなどでは枝付きのまま売られている枝豆もよく見掛けますが、一方でどうやって茹でたらいいのかよくわからないから手が出せない・・という方もいらっしゃるようです。

そこで今回は、枝豆の美味しい茹で方について説明したいと思います。

合わせて、枝豆の種類や含まれている栄養素なども調べてみましたので、是非ご覧頂ければと思います!



美味しい枝豆の選び方3つのポイント!

edamame4
スーパーや直売店で枝豆を選ぶ際、少しでも美味しいものを選びたいですよね。

そこでここでは、美味しい枝豆を選ぶポイントをご紹介したいと思います。

ポイント1

枝豆は枝付きのものを買うこと。枝豆は収穫した瞬間から鮮度が下がる野菜と言われているので、枝付きを選んで食べる直前にもいだ方がより新鮮で美味しいと言えます。

ポイント2

さやがふっくらとしていて実がパンパンに詰まっているもの。

ポイント3

さやに産毛がびっしりと付いているもの。枝豆を触るとさやに細い毛が無数に生えているのがわかると思います。この産毛の密集度が高く、なおかつピンと立っているものが美味しいと言われています。

美味しい枝豆の種類を教えて!

edamame5
現在、枝豆として栽培されているものは、大きく3種類に分けることができます。

一般的に最も多く流通しているのが「白毛豆」と呼ばれるもので、全国的に栽培されている枝豆の多くがこの白毛豆となっています。

さやに生えている産毛が白いのが特徴ですが、数多くの品種があるため収穫時期や粒の大きさなどにばらつきがあります。

一方、東北地方が生産の中心となっているのが「茶豆」と呼ばれる品種です。

この茶豆は一見すると白毛豆と見た目が変わらないのですが、さやを開けると豆が薄茶色の皮をまとっているのが特徴です。

糖類を多く含むため、非常に甘味が強く独特の風味があります。茶豆のブランド豆として有名なのが、山形県産の「だだちゃ豆」です。

そして、関西地方が生産の中心となっている「黒豆」

京都の丹波地方で収穫される「丹波黒豆」が有名ですが、枝豆として食べる時は黒豆になる前の段階で収穫をしてしまうため、豆自体は黒くはなく薄皮が黒味を帯びている程度です。

とは言え、黒豆特有の重量感と深いコクが特徴となっており、枝豆の最高級と言ってもよいでしょう。しかし生産量が少なく、収穫時期も短いため市場に出回ることは殆どない幻の枝豆となっています。

枝豆の美味しい茹で方や作り方!



お店で食べる枝豆は、しっかり塩味が効いていて実もふっくらしていて美味しいのに、自分で茹でると上手くできないという方のために、枝豆の美味しい茹で方をご紹介したいと思います。

  1. 枝豆を流水で洗ったら、両側をハサミなどで切り落とします。これは、塩味を豆自体によく染み込ませるためです。これをしたのとしないのとでは出来上がりの味に大きな差が出ますので、面倒臭がらずに行いましょう。
  2. 塩を振りいれて、手でよく揉みます。塩で揉むことで色よく仕上がり、なおかつ産毛を取り除くことができます。枝豆を美味しく仕上げるコツは、塩の量にあります。1ℓの水なら40g、1.5ℓなら60gの塩を使いましょう。また、塩揉みする時の塩は水の量に合わせて用意した分から、一掴み程度を使って下さい。
  3. 沸騰させた水に残りの塩を入れ、さらに塩が付いたままの枝豆を入れて茹でます。この時、落し蓋をすると均一に火が入り美味しく出来上がります。
  4. 茹で時間は3分半から長くても5分。茹ですぎると味が抜けて美味しくなりません。茹で上がったらザルに上げて冷ましますが、水につけて冷やすのはいけません。せっかく枝豆についた塩味まで取ってしまうので、うちわなどで仰いで冷まして下さい。

いかがでしたか?

ちょっとしたコツで、自分で茹でても枝豆を美味しく作ることができますよ。

なぜ、ビールに枝豆が好まれるのか?その理由

edamame3
枝豆とビールは、夏の定番アイテムですよね。

枝豆の旬が夏だから、ビールと言えば枝豆!と思っている方も多いと思いますが、実は理由はそれだけではありません。

枝豆に含まれるたんぱく質の中にメチオニンという成分があるのですが、このメチオニンはビタミンB1やビタミンCと共にアルコールの分解を促進する効果があります。

肝機能を助ける働きをして飲み過ぎや二日酔いを抑えてくれるため、ビールと枝豆を一緒に摂ることはとても理にかなったこと、と言えるのです。

枝豆の栄養を教えて!カロリーは?

edamame2
枝豆は、非常に栄養価の高い野菜と言えます。

枝豆とはそもそも、大豆が熟す前の若い段階のものを指すので大豆の栄養素が含まれているのは勿論のこと、実は緑黄色野菜として分類されることから、野菜の栄養素も持ち合わせており、希少な食品と言えます。

枝豆に含まれる代表的な栄養素は、ビタミンB1やカリウム、鉄分、食物繊維など。ビタミンB1は新陳代謝を活発にし、疲労回復を促す効果があり、カリウムは利尿作用を促進しむくみの解消に役立ちます。

また、枝豆には鉄分が多く含まれているということは以外と知られていない事実ではないでしょうか。

鉄分の含有量が多い野菜として松菜やほうれん草がよく挙げられますが、枝豆はこれらの野菜よりも多く鉄分が含まれています。

そしてさらに、枝豆は低カロリー

茹でた枝豆の場合、100gで134kcalですが枝豆は廃棄率が50%あるため、実際には100g食べた場合には67kcalとなります。

まとめ

枝豆は体によい栄養素が豊富に含まれている反面、尿酸値を高めるプリン体も多く含まれていると言われています。

ビールと相性抜群の枝豆ですが、ビールにもこのプリン体が含まれているため(最近はプリン体0のビールも増えていますが)食べ過ぎ飲み過ぎは痛風の原因となってしまいますので、注意しましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました