歯ぎしりの原因と効果的な対処法や治し方!

歯ぎしりの原因と効果的な対処法や治し方!

体に悪影響を及ぼす歯ぎしりの原因と治し方!

朝起きると顎に痛みがあったり、ちゃんと寝た気がしない・・。

このような症状に思い当たることがあれば、それは歯ぎしりが原因かも知れません。

歯ぎしりとは、上下の歯をこすり合わせたり、ぐっと力いっぱい噛むことを言い、医学用語では“ブラキシズム”と言います。

就寝時の歯ぎしりは、自分で気づきにくいことから放置されがちになりやすく、気が付いた時は歯や顎に大きなダメージが生じている場合もあります。

では、どうして無意識に歯ぎしりをしてしまうのでしょうか。

また、歯ぎしりを放っておくと、体にどのような悪影響が現れるのでしょうか。

そこで今回は歯ぎしりについて調べてみました。

歯ぎしりの原因や対処法、治し方などをご紹介したいと思います。


Sponsored Link


歯ぎしりの種類


歯ぎしりというと、歯を食いしばってギリギリと音を立てているイメージがあると思いますが、実は歯ぎしりには細かく分けて次の3種類があると言われています。

①グラインディング

歯ぎしりの中で最も多いと言われているのが、グラインディングです。

グラインディングは上下の歯を強く噛んだ状態のまま、横に動かしてこすり合わせるもので、ギリギリやゴリゴリといった音が鳴るのが特徴です。

音の大きさについては個人差がりますが、ひどくなると周囲の人に聞こえるほど大きな音になる場合もあります。

②クレンチング

クレンチングは、上下の歯を強く噛み合わせることを言います。

グラインディングのようにこすり合わせることはしないため、周囲に音が聞こえて歯ぎしりを気付かれることはありませんが、頬に力が入っているので固く膨らんで見えることがあります。

③タッピング

タッピングは、上下の歯をカチカチと噛み合わせることを言います。

また、この他にも、寝ている時に起こる歯ぎしりを睡眠時ブラキシズム、起きている時に起こる歯ぎしりを覚醒時ブラキシズムと分けて呼んでいます。

歯ぎしりの原因は?


歯ぎしりが起こる原因として、最も多いのがストレスと言われています。

ストレスが溜まっても、趣味や運動などをしてストレスを発散できる場合は特に問題はありません。

しかし、その対処が上手くできなかった場合、体が無意識に起こす反応として歯ぎしりがあると言われています。

悔しい時やイライラした時など、気が付いたら歯をぐっと噛んでしまっていることがないでしょうか?

就寝時の歯ぎしりについては詳しくは解明されてはいないものの、ストレスによって交感神経が活発になりすぎることで、寝ている時に歯ぎしりが起こると考えられています。

また、歯ぎしりの原因にはストレスの他にも、噛み合わせの問題が隠れていることがあります。

虫歯を放置して歯が欠けてしまうと、上下の噛み合わせがズレてしまいますし、さらには虫歯の治療のため、歯医者で歯に詰め物や被せ物をしたのが原因で、噛み合わせが悪くなってしまうこともあるそうです。

子供の歯ぎしりの原因は?


歯ぎしりは大人だけではなく、子どもにも見られます。

ただし、子どもの場合は大人とは原因が異なるため、子どもが歯ぎしりしているからといって慌てて歯医者に駆け込む必要はないそうです。

子どもの場合、原因として考えられるのは歯が生えることによって、それまでぴったりと合っていた上顎と下顎の重なりがズレてしまうため、再び安定した場所を見つけるために歯ぎしりをしていると考えられます。

また、乳歯がどんどんと生えてくると、それに伴い顎も発達し、歯の間にすき間ができてしまいますが、その際に噛み合わせのバランスを調整するために歯ぎしりをすると言われています。

そのため、子どもの時の歯ぎしりは、成長過程でごく当たり前に見られるものと捉えてよいそうです。

ただし、子どもの場合でもストレスが原因で歯ぎしりをすることがあるため、ストレスの原因となるものがわかっている時はそれを取り除くように努めることが大切です。


Sponsored Link


歯ぎしりが体に及ぼす悪影響やデメリットは?


歯ぎしりの音が大きいと、周囲に迷惑が掛かってしまいますが、それよりも深刻なのが本人の体が受けるダメージです。

歯ぎしりは、通常食事の時に掛かる数倍の力が歯に掛かると言われているため、歯がすり減ったり、ひどい場合はヒビが入って割れてしまうこともあるそうです。

また、就寝時の歯ぎしりは歯に強い力が加わるため、睡眠の質が低下してしまったり、顎関節症を引き起こすきっかけになることもあります。

さらには、虫歯や歯周病を悪化させることで、肩こりや頭痛、めまいなどの症状の原因になったり、寝不足によって肌荒れなどを起こすこともあります。

家でできる歯ぎしりの効果的な対処法

1. お酒をたくさん飲まない

過度の飲酒は歯ぎしりを引き起こす原因になることから、特に寝る前にアルコールを飲みすぎないように注意しましょう。

 

禁酒の効果とメリット!アルコールを摂取するデメリットは?

 

2. 上下の歯が付かないように意識する

歯を強く噛んでいることに気付いたら、すぐに離すようにしましょう。

家の壁などに「歯を離す」「噛みしめない」などと書いた紙を貼っておき、常に意識するようにするのもよいでしょう。

3. 食事の時は左右均等に噛むようにする

片側の歯ばかりで噛んでしまうと、噛み合わせが悪くなり歯ぎしりを起こしやすくなります。

また、噛む力を弱め、その分噛む回数を増やして食べ物を飲み込むようにするのもよいでしょう。

歯ぎしりの治療法


歯ぎしりの治療については、現時点で100%完治させるのは難しいと言われています。

なぜなら、歯ぎしりが起こるメカニズムがきちんとわかっているわけではないからです。

とは言え、ひどい歯ぎしりは健康に害を及ぼす恐れがあることから、治療の対象となるため、歯や顎が痛い、夜よく眠れないなどの症状がある時は、病院で診てもらうのがよいでしょう。

病院で行われる歯ぎしりの治療には、次のものがあります。

1. マウスピースによる治療

歯の並びに合わせた専用のマウスピースを、寝る前に装着することで、就寝時の噛みしめや歯ぎしりを防止します。

歯ぎしりの治療としては最も一般的なものとなりますが、市販の物を利用すると噛み合わせがさらに悪くなることがあるため、自分に合ったものを作った方がよいでしょう。

2. 薬物による治療

筋肉の緊張を緩和する薬を注入して、噛み合わせの時に余計な力が入らないように調整します。

3. 矯正治療

通常、矯正は歯並びが悪い方がよくするために行われる治療ですが、歯ぎしりがひどい方が歯並びの矯正を行ったところ、歯ぎしりが減ったという声が多いため、矯正治療も歯ぎしりの治療の一環として考えられています。

歯ぎしりの予防方法


歯ぎしりを予防するには、何と言ってもストレスを溜めないことが大切です。

ストレスの発散方法は人によって様々にあると思いますが、たばこやアルコールはストレスが解消された気になっても、実は体に対するストレスは増えてしまうため、なるべく避けた方がよいでしょう。

また、虫歯や歯周病をそのままにしておくのも、歯ぎしりを増長させる原因となるため、毎日の歯みがきがもちろんのこと、虫歯などがある場合は歯医者へ行っては早めに治療を受けるようにしましょう。

 

ストレス解消に役立つ食べ物や飲み物おすすめ20選!

 

歯ぎしりの原因と効果的な対処法や治し方!のまとめ

歯ぎしりしていると周囲から指摘された場合は、今回ご紹介した対処法をまずは実践してみて、それでも効果が得られなかったら歯医者に行って、きちんとした治療を受けることが大切です。

たかが歯ぎしりと思うかも知れませんが、歯がすり減ってしまうと、さらに噛み合わせが悪くなって歯ぎしりがひどくなることがあるので、早めに対処するのがよいでしょう。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)