HOME

鼻うがいの効果とやり方【危険性】副鼻腔炎にはどう?

花粉症やアレルギー性鼻炎に効果的な鼻うがい

花粉症やアレルギー性鼻炎による鼻水、鼻づまりは、患ってしまうと本当に厄介なものですよね。

ひどくなると料理の匂いも感じられなくなりますし、頭痛や倦怠感など二次症状を引き起こしかねません。

そんな鼻水や鼻づまりを治すためには、やはり薬を飲んだり鼻を何度もかんだりといった方法が一般的だと思いますが、最近は「鼻うがい」という言葉をちらほら耳にしたりしませんか?

鼻うがいとは文字通り鼻でするうがいで、喉がイガイガした時にうがいをしてすっきりするように、鼻もうがいをする事で溜まっていた鼻水が流れてすっきりすると言われています。

あの鼻づまりの辛さを一度でも経験している人ならば、試してみたいと思うと思いますが、実際に鼻うがいとはどういったものなのでしょうか。


Sponsored Link


鼻うがいの効果は?花粉症や副鼻腔炎にも良いの?

hanaugai2
鼻うがい
は、鼻腔内を生理食塩水や専用の洗浄液で洗い流すものです。

副鼻腔炎は、風邪によるものと花粉やハウスダストなどのアレルギーにより引き起こされるので、菌やアレルギーの元を洗い流すというのは副鼻腔炎を改善するにはよい方法だと言えます。

また、鼻うがいをする事で鼻腔内が清潔に保たれるだけではなく、鼻をかんだだけでは取りきれない粘着力のある鼻水も排出する事ができます。

これにより気分がすっきりするだけではなく、空気が通るようになって副鼻腔炎による腫れが治まるのが早くなるといった効果が考えられます。

 

花粉症の頭痛やひどい鼻水やくしゃみが止まらない時の対処方法



 

危険を伴わない鼻うがいの正しいやり方は?生理食塩水は必要?

 

鼻うがいを行う時は、必ず生理食塩水もしくは専用の洗浄液を使うようにしましょう。

真水で鼻うがいを行うと、体液と水の浸透圧の違いにより鼻の奥がツーンと痛くなってしまいます。

浸透圧を同じにするには、0.9%の生理食塩水を作ります。水1ℓに対し塩を9gいれると0.9%の生理食塩水になりますが、使う水は洗浄水やミネラルウォーターを使って下さい。

水道水をそのまま使ってしまうと、塩素が粘膜を傷付けてしまう場合があります。

鼻うがいをする時の注意点は?

 

鼻うがいの最中に唾を飲んでしまうと、生理食塩水や洗浄液が耳の方へ流れてしまい、中耳炎になってしまう事があります。

口から吐き出すのが難しいと感じたら、最初離れるまで鼻に入れてそのまま出すだけでも効果はあるようです。

また、鼻づまりがひどい状態では行わない方がよいでしょう。

特に鼻水が喉の方に落ちてしまう後鼻漏の時は、生理食塩水や洗浄液が残ってしまう可能性があるためお勧めできません。

さらに、生理食塩水や洗浄液が残っている状態で鼻をかむと粘膜を傷付ける事があるのでやめましょう。

 

子供の鼻づまりや鼻水の解消法3選【眠れない夜に】

赤ちゃんの鼻詰まりの原因と3つの解消法【夜もグッスリ】

 

まとめ

鼻うがいは慣れるまでは少し難しそうですが、コツさえつかんでしまえばとても有効な方法のようですね。

とにかくあの鼻づまりの気怠さやイライラから開放されるのであれば、試すに値する方法だと言えます。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました