胃腸風邪の感染経路や潜伏期間は?空気感染するの?

胃腸風邪の感染経路や潜伏期間は?空気感染するの?

胃腸風邪の感染について

咳や喉の痛み、鼻水といった風邪の際によく見られる症状はないものの、下痢や吐き気、発熱といった症状が出て病院を受診したところ、「お腹の風邪(胃腸風邪)です」と言われた、なんて経験はないでしょうか。

風邪の持つイメージが病気の中でも比較的軽いものであり、かつ、自然治癒しやすいものでもあるため風邪と聞いて安心される方も多いかも知れませんが、実は「胃腸風邪・お腹の風邪」という病気自体は存在しません。

「え?それではどうして病院へ行くと、お腹の風邪だと言われたの?」と疑問に思いますよね。

ではそもそも、胃腸風邪とは一体どのようなものなのでしょうか。また、胃腸風邪は人に感染するものなのでしょうか。


Sponsored Link


そもそも胃腸風邪ってどういう風邪なの?

ickzs2
胃腸風邪という名前から、風邪の一種だと捉えてしまう方もいらっしゃるかも知れませんが、実は胃腸風邪は正式な病名ではなく便宜上の通名となっています。

胃腸風邪とは、風邪のように人に感染させる恐れのある胃腸炎のことを指し、いわゆる感染性胃腸炎のことを言います。

なので風邪と言っても喉の痛みや咳などの症状はなく、酷い下痢や吐き気が突然現れるのが胃腸風邪(感染性胃腸炎)の特徴です。

また、胃腸風邪(感染性胃腸炎)はウイルス性と細菌性に分かれ、ウイルス性は冬に流行するロタウイルスやノロウイルス、細菌性は夏に多くなる食中毒が挙げられます。

 

胃腸風邪とノロウィルスの違いと潜伏期間と症状!

 

胃腸風邪の感染経路や潜伏期間は?

ickzs3
胃腸風邪の中でも、特に多いのがウイルス性胃腸炎です。



ウイルス性胃腸炎の感染経路は、主に感染者の便や嘔吐物からで、家族に感染者がいた場合にその便や嘔吐物の始末をすることで接触し、感染してしまいます。

また、ウイルスに汚染された便や嘔吐物に接触すると1~2日で同じ症状を発症し、幼稚園や学校といった閉鎖的な場所であれば爆発的にその感染者を増やす恐れがあります。

 

胃腸風邪の下痢や発熱・嘔吐などの症状の対処法は?

 

胃腸風邪は空気感染するの?

ickzs4
胃腸風邪(感染性胃腸炎)は、感染者の便や嘔吐物に接触しなければ基本的には感染しません。

なので、身内に感染者がいない場合には感染の心配はないように思えます。

しかし、人が多く集まる商業施設やホテルなどにおいて、胃腸風邪(感染性胃腸炎)の患者が嘔吐した場合、その処理が適切でないと、一見何も見えない場所に実はウイルスが残っており、それが乾燥することで空気中を舞って、結果的に空気感染することがわかっています。

このため、そのような施設では嘔吐物などに対し次亜塩素酸ナトリウムが含まれる塩素系漂白剤の使用が推奨されています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

胃腸風邪とは正式な病名ではなく、感染性胃腸炎をよりわかりやすく説明したもの、だったのです。気道に炎症を起こさないので風邪特有の症状は出ませんが、激しい下痢や嘔吐が特徴です。

特に冬に流行しますので、体の調子が悪い、下痢や吐き気が続くという場合には胃腸風邪を疑って病院へ行きましょう。

 

胃腸風邪に関する記事

胃腸風邪の時におすすめの食べ物や食事のレシピは?

胃腸風邪の原因と症状について【対処と治療法】

ウイルス性胃腸炎はうつるの?【潜伏期間と感染経路や症状】

急性胃腸炎はストレスが原因【症状と潜伏期間】治療と予防法は?


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)