HOME

除夜の鐘とは?108回も鐘を突く理由と始まる時間は?

なぜ大晦日に除夜の鐘はを鳴らすの?鐘を突くタイミングは?

大晦日といったら除夜の鐘ですが、その除夜の鐘の意味を明確に答えられる人は少ないでしょう。

そこで、今回は除夜の鐘が108回の理由や始まるタイミング、そして大晦日にする理由や意味、そして由来についての情報をまとめます。

人間の欲望の108個からきていると言われていますが、本当に108個なのでしょうか。



除夜の鐘とは?


除夜の鐘とは日本仏教における年末年始に行われる行事であり、日本におけるとっても馴染みのある風習の一つです。

一般的に12月31日の除夜から寺院の梵鐘を108回つくという行事になります。

この除夜とは除日の夜という意味で、この除日とは一年の最後の日という意味があるのです。

つまり、除夜とは1年で最後の夜となります。

そしてこの除夜の鐘とは新たな1年を迎えるために溜まった煩悩を消し去るという意味になるのです。

このときにつく数は108回となるのですが、この数が108回になっている理由は後述いたします。

 

除夜の鐘の意味と由来!大晦日になぜ鐘をつくの?

 

108回の理由は?


この除夜の鐘を108回というのは諸説あります。

まず、眼(げん)・耳(に)・鼻(び)・舌(ぜつ)・身(しん)・意(い)という六根から煩悩が誕生すると考えられているのです。

今の人達風に説明すると人間の五感+1と言えるしょう。

この世界を感じる事ができるものから煩悩が誕生すると考えて、そこから良いか悪いか普通かの3つの認識から18の煩悩が堪能するのです。

さらに、そこから迷いがある状態の「染」と迷いが無い状態の「浄」に別れるので36となるのです。

ここからさらに過去と未来と現在とに別けて考えるので108となるのです。

他にはものすごく専門的な用語になるので細かくは指摘しませんが、煩悩の種子であり98の煩悩を内包している随眠(ずいめん)と10の煩悩を内包している纏(てん)の組み合わせて108個になるという説もあります。

後は、この108個というのが煩悩の数ではなく1年を表しているというものもあります。

これは1年の月が12で、二十四節気が24で、七十二項が72となっているのでそれを全部足して108個としているという説です。

あとは、仏教で人生の苦しみを表している四字熟語である四苦八苦からきているという説です。

四苦八苦をそのまま数字にすると4989と記載することができますが、これを「4×9+8×9」としてみると108個となるのです。

このように由来はたくさんありますので、どれが正解なのかはわからない状態となっています。

どれもかなり信憑性が高く感じてしまいますので、その中から納得できる説を推すと良いでしょう。

108回のひとつひとつに意味はある?


除夜の鐘の108回というのはいわゆる煩悩を打ち払うためにあると言われていますが、ひとつひとつに意味があるのでしょうか。

基本的な意味は先ほど紹介した眼・耳・鼻・舌・身・意という六根から誕生していると言われており、それらが好・悪・平や浄・染や過去・未来・現在という考え方が付随して108個となるのです。

このように一つ一つの煩悩を打ち払うという意味が除夜の鐘となっており、意味はあるのです。

ただし、煩悩の数については108個以外にも諸説あるので、鐘をつく回数も実は108回じゃないところもあるのです。

たとえば、煩悩の中で特に根源的なものは欲しいものなどに対して執着する心である「貪欲」、腹を立てて怒るという「瞋恚(しんい)」、物事の心理を知らないで区別がつかない「愚痴」の三毒が最も重要と言われており、その考え方に則ってなのか除夜の鐘をつく回数も一桁で終わらせているところもあるのです。

逆に人間の煩悩は108回以上あると考えてつく回数もそれ以上になっているところもあるのです。



基本的に煩悩の数だけつくというお寺が多いので、そのお寺の煩悩の考え方がどうなっているのかを調べておく必要があります。

108個より多いならそれだけ煩悩が多いと考えているといえますし、少ない場合はそれだけ煩悩の数が少ないと考えていると捉えましょう。

 

煩悩が108もある意味や由来は?その中の三毒とはなんのこと?

 

除夜の鐘が始まる時間は?


除夜の鐘が始まる時間はだいたい22時から23時です。

基本的に除夜の鐘を一般参加者がつけるように公開しているところは108回かそれ以上つくところがありますが、最後の一回は新年につくというところもありますのでタイミングが開始タイミングが若干異なってくるのです。

1分に1回鐘をつくというペースで行っているので、107回を旧年中につくと考えると1時間47分かかります。

つまり開始時間はだいたい10時ちょっと過ぎになるのです。

除夜の鐘を見たいという人は遅くても10時には現地に到着するか中継を見られる状況に亡いといけないでしょう。

例外として「すべての参拝者が鐘をつける用にしているお寺」も存在しているので、その場合は終わる時間が遅いかもしれませんし、始まる時間が早い可能性もあります。

このようにお寺事で違いが出るのが除夜の鐘なので自分が行く予定のお寺はどうなっているのかを調べてから行動するようにしましょう。

ただし、近年では近隣住民からの騒音注意がかなり強烈なようでお寺側でも注意されてしまうと時刻をずらしているという報告もあります。

そうなると開始時間も終わる時間もずれてしまいますので、毎年欠かさずチェックしておいた方が良いでしょう。

変わっている場合はお寺周りの住民から注意されたと考えてください。

なぜ大晦日にするの?


除夜の鐘は元々悟りを開くための僧侶達の儀式の一つであったのですが、その修行の意味も煩悩を払うことにあります。

しかし、それだけでは修行を受けていない一般の方々の煩悩を打ち払う事ができません。

この除夜の鐘は普段修行を受けていないような人達でも煩悩を払うことができるという教えのもと、多くの方々が参拝するような儀式として広まったのです。

除日とは最後の夜という意味がありますが、この「除」という言葉には古いものを捨て去って新しいものを迎えるという意味もあるのです。

つまり、除夜の鐘とはこれらの意味がくっついて「普段修行を受けていない人達が1年の最後の夜に煩悩を打ち払う力が込められているから」となります。

修行をうけないと煩悩を払えないという方のためにお寺が行っている行事という意味があると考えれば、非常にありがたいものと思えてきます。

あんまり神様とか仏様を信じていない人でも、除夜の鐘を聞くと色々と心が和んできますので、そういった側面でも受け入れやすいでしょう。

 

大晦日とは?由来や過ごし方!晦日との違いは何?

 

鐘をつくタイミングは?


除夜の鐘をつくタイミングは先ほど解説したように107回目までは前年のうちについて最後は新年になってからつくというのが一般的なので、そのタイミングに合わせて時間も調整されているのです。

1分に1回つく場合は107回だと1時間47分かかると記載しましたが、実際はこのペースよりも早いところもあるので22時40分頃に開始している所もあるようです。

鐘をつくスピードについてもお寺によって違いますので開始時刻には注意しましょう。

最後の一つきのタイミングが一緒でもスタート地点が異なっている可能性が高いのです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は除夜の鐘の由来や意味について記載しました。

基本的には煩悩の数が108個というのが由来なのですが、1年を表しているという説もありますのでなかなかに面白い数字であることがわかります。

しかし、お寺によって煩悩の解釈も異なっているのでつく回数が違うというのも面白いです。

参加者全員に除夜の鐘をつくようにしているお寺では、108回も簡単に超えることがありますので興味がある方は大晦日に尋ねてみましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました