除夜の鐘の意味と由来!大晦日になぜ除夜の鐘をつくの?

除夜の鐘の意味と由来!大晦日になぜ除夜の鐘をつくの?


大晦日の恒例行事!除夜の鐘の意味と由来

12月31日。

寺院のが響き始めると、いよいよ今年も終わりだと実感します。

去りゆく年の幕切れと、新しい年の幕開けとなる大晦日。

海外の新年のお祝いは、花火を打ち上げたり仲間内でパーティーをしたりと、とても華やかなものですが、日本は他の国とは違い、厳かにその時を迎えます。

日本人は、宗教に対するこだわりが少なく信仰心が薄い民族だと言われていますが、どの日本人にとっても除夜の鐘の音は心を清め、穏やかにしてくれるものではないでしょうか。

除夜の鐘は、日本人にとって宗教や信仰を越えた存在なのかも知れませんね。


Sponsored Link


そもそも除夜の鐘って何?

jyoyanokane2
除夜の鐘とは、大晦日から元旦の夜に跨って撞かれる寺院の鐘の事を言います。

寺院の鐘は〝梵鐘〟と呼ばれ、除夜の時以外にも、朝夕の時報や法要の開始を知らせる時などに撞かれています。

 

除夜の鐘の由来は?

除夜の鐘の「除夜」とは、「除日の夜」を指します。

そもそも「除」という言葉には、古いものを捨て新しいものを迎えるという意味があり、一年の最後、そして新年を迎える日となる大晦日は「除」の日、すなわち「除日」とされています。

この事から、「除夜」とは大晦日の夜の事を言うのです。

つまり除夜の鐘とは、大晦日の日の夜に撞かれる鐘、の事を指しているのです。

 

初詣はいつまでに行けばベスト?意味や由来!

東京 初日の出ベストスポットや穴場

神奈川 初日の出ベストスポットや穴場

千葉 初日の出ベストスポットや穴場

関東 初日の出ベストスポットや穴場

関西 初日の出ベストスポットや穴場

 

除夜の鐘の意味を教えて。なぜ108回鐘をつくの?

 

除夜の鐘を撞くのは108回と一応の決まりがあります。

では、この108回にはどのような意味があると思いますか?

実は108回の意味には諸説あり、もっとも有力なのが仏教の教義において、人間には108つの煩悩がある事からその煩悩の数だけ鐘を撞き煩悩を追い払うというものです。

煩悩とは、欲望や怒り、苦しみなどの心の乱れを指します。

また、中国では古くから「108」という数字を大切にしてきました。

これに当てはめるように、一年(十二か月)、二十四節気、七十二候を全て足すと「108」となります。

候とは二十四節気をさらに初候・次候・末候に分けたもので、24×3で70となるのです。

このような事から除夜の鐘は108回撞くという説もあります。

さらに、四苦八苦が由来となっているという説もあります。

〝しく〟は4×9、“はっく”は8×9と変換して答えを足すと108になるから、というわけです。

また、108回のうち107回は大晦日のうちに撞き、残りの1回を年が明けた元旦に撞きます。

ちなみに、最初に除夜の鐘を撞くのは108回と『一応』の決まりがあると述べたのは、お寺によっては108回よりも多く撞くところもあるからです。

除夜とはどういう意味?


大みそかに鳴らす鐘のことを除夜の鐘、と言いますよね。

人の煩悩が108あることから、煩悩を取り去るために108回鐘を鳴らすなど、その由来には諸説あるようですが、日本人にとって除夜の鐘は、大みそかには欠かせないものとなっています。

しかしその一方で、除夜の鐘の「除夜」については詳しく知らないと思いませんか?

除夜には、除日の夜という意味があります。

さらに、除日の「除」には、古いものを捨て去り新しいものを迎えるという意味があることから、除日とは一年の最後の日、つまりは大みそかと同じということになり、その夜のため除夜と言うわけです。

ちなみに、除夜の鐘には上記の煩悩説の他にも、「一年(12ヶ月)+二十四節気+七十二候」が108となり、中国では昔から108という数字を大切にしていたことから、これに当てはめたのではないかという説や、四苦八苦を数字に変換し、4×9(四苦)=36と8×9(八苦)=72を足すと108となる説などがあります。


Sponsored Link


説の中にはこじつけ?と思えるものもありますが、それにしても全てぴったり108になるのは、単なる偶然でもなさそうな気がしますよね。

なお、お寺の中には107回までを旧年に鳴らし、108回目を新年に鳴らすところや、そもそも鐘を鳴らすのは108回ではなくそれ以上多く鳴らすお寺があるなど、以外と知っているつもりの除夜の鐘について知らないことが多くあります。

除夜と大みそかの違いは?


12月31日は大みそかと言われますが、この由来や意味についてはよく知らない方も多いのではないかと思います。

現在、日本は新暦(太陽暦)を使って暦が決まっていますが、昔は旧暦(太陰太陽暦)を使っており、その時には月の最後の日を晦日(みそか)と呼んでいました。

みそかのみそには三十と言う意味があります。

30才のことを三十路(みそじ)と呼ぶのも、みそに三十という意味があるからです。

大みそかにあたる12月31日は一年で最後の日になるため、晦日に大をつけて大みそかと呼ばれるようになりました。

また、12月31日は別に「除日」とも呼ばれていました。

除日の除には、古いものを捨て去り新しいものを迎えるという意味があることから、除日は旧年と新年が入れ替わる日、すなわち12月31日のことを示します。

12月31日には日本全国のお寺で除夜の鐘が鳴らされますが、これは除日の夜に鳴らす鐘だから除夜の鐘と言います。

つまり、除日と大みそかはともに12月31日を示す言葉となります。

このようなことから、除夜は12月31日の夜を表す言葉であり、大みそかは12月31日を表す言葉となります。

どちらも同じ日を指しますが、除夜の方が時間が限定されている違いがあります。

除夜の鐘のまとめ

除夜の鐘は、僧侶が撞いているところを見たり聞いたりするだけではなく、寺院によっては参拝者に撞かせてくれるところがあるのをご存知でしょうか。

番号札を配ったり先着順だったりするようですが、調べてみると結構数多く実施しているところがあるようです。

除夜の鐘は煩悩を消し去り、欲を持たない心で新年を過ごすためのお浄めの行事となっていますが、その鐘を自分で撞く事が出来たら、その一年は正しい心で生きていけそうな気がします。

 

お歳暮のお礼状の書き方とお歳暮のお返しのポイント

お歳暮のマナーと絶対贈ってはいけない品物は何?

お歳暮の時期はいつからいつまで?金額の相場や購入場所は?

お歳暮ランキング贈ると喜ばれるおすすめトップ5!

師走の意味や由来!師走の候の読み方や使い方!

年の瀬の意味や使い方!いつからいつまで言うの?

お雑煮の由来や意味!全国のお雑煮マップが面白い!

おせちの具材や食材の意味や種類!正月の祝い肴三種って何?

おせち料理の由来や意味は?おせち重箱の詰め方の3つのコツ!

年越しそばの由来や意味!食べるタイミングはいつがベスト?

しめ縄やしめ飾りの由来や意味!飾る時期はいつからいつまで?

鏡餅はいつからいつまで飾るの?鏡餅の飾り方のポイント!

お正月飾りはいつからいつまで飾ればいいの?処分の仕方は?

松の内の期間はいつまで?【意味や由来】

元旦と元日の違いは何?正月とはどう違うの?

鏡開きはいつ?由来と意味やマナーを教えて!

冷凍カニの上手な解凍方法!失敗なく美味しく食べるコツ!

タラバガニおすすめ3選と選び方のポイント!

ズワイガニおすすめ3選と選び方のポイント!

花咲ガニおすすめ3選と選び方のポイント!

松葉ガニおすすめ3選と選び方のポイント!

紅ズワイガニおすすめ3選と選び方のポイント!

越前ガニおすすめ3選と選び方のポイント!

ワタリガニおすすめ3選と選び方のポイント!

毛ガニおすすめ3選と選び方のポイント!

 


Sponsored Link




おすすめ記事





LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)