HOME

十三夜の月(栗名月) 2019年はいつ?読み方は?

2019年の十三夜はいつなの?

十三夜とは、十五夜の後に巡ってくる十三夜をさし、旧暦9月13日のお月見のことをいいます。

ちなみに、十三夜の読み方は、「じゅうさんや」と言います。

中秋の名月の後なので、「後(のち)の月」と言われたりします。

また、十三夜には栗や枝豆を供えることから「栗名月(くりめいげつ)」「豆名月(まめめいげつ)」ともいいます。

2019年の十三夜はいつなのか?そして、十三夜の風習や楽しみ方などをご紹介します。



十三夜の月と鈴虫の鳴き声の動画

十三夜は、いつなの?

2019年の十三夜は、10月11日です。

十五夜が旧暦8月15日にするお月見なのに対して、十三夜は旧暦9月13日にするお月見をさします。

十五夜はあまりすっきりしない夜空であることが多いのに対し、十三夜の夜は晴れることが多いようで、「十三夜に曇り無し」という言葉もあります。

 

関連記事:十五夜はいつ?意味や楽しみ方は?

 

十三夜の始まりは?

十五夜(中秋の名月)から約1か月後に巡ってくる十三夜は、十五夜に次いで美しい月だといわれ、昔から大切にされていました。

十五夜または十三夜のどちらか一方のお月見しかしないことを「片見月」と呼び、縁起が悪いといわれています。

十三夜も十五夜と同じで、旧暦を新暦になおして10月13日とするのではなく、その年によって日付が変化します。

※十五夜は中国から伝わったものですが、十三夜は日本固有の風習で、秋の収穫祭の一つではないかと考えられています。

※延喜19年(919年)には宇多法皇によって9月13日にも観月の宴が行なわれ、これが日本独自の十三夜の月見のはじまりとされます。

意味や由来は?


十三夜とは、本来新月から数えて13日目を指す月齢のことを言いますが、一年の中でも中秋の名月に続いて月が美しく見える、旧暦の9月13日のことを十三夜とするのが今では一般的となっています。

中秋の名月とは、言わずとも知れた十五夜のことを言います。

十五夜も元々は月齢ですが、旧暦の8月15日の月がとても綺麗だったことから、宮中では毎年旧暦の8月15日には「観月の宴(今でいうお月見)」が行われていました。



その伝統は今にも伝えられ、十五夜に団子をお供えして月を眺める習慣が残っていますよね。

十三夜は中秋の名月に次ぐ月の美しさと言われており、翌月にそのタイミングが巡ってくることから「後の名月」とも称されていました。

なお、十五夜は中国から伝わった宮中行事ですが、十三夜は日本独特の行事となっています。

また、十三夜は9月13日と覚えている方がいますが、これは間違いです。

十三夜は旧暦のため、現在に当てはめる時は新暦に直す必要があります。

 

関連記事:中秋の名月はいつ、由来は?その日に満月は見れるの?

 

後の十三夜って何?

nitinojyusanya
旧暦では3年に1度、「閏月」を入れて季節とのずれを調整します。

旧暦に従うと、2014年には、なんと171年ぶりに旧暦の9月と10月の間に閏9月がもうけられる年にあたるため、「十三夜」が2度あったのです。

これが「後十三夜(のちのじゅうさんや)」と呼ばれています。

ちなみに、前回、「後の十三夜」があったのは、1843年(天保14年)のことです。

十三夜にお供えする団子の数

月見でお供えする団子の数には2つの説があります。

1つはその月の日数で、十五夜なら15個、十三夜なら13個というもの。

もう1つはその年の旧暦の月の数で、平年なら12個、閏月がある年なら13個というもの。

jyusanyakazari
例えば、2014年なら閏9月がありますので、旧暦の月の数なら十五夜も十三夜も13個となります。

また、その他にお供えするものとして、「季節の果物や野菜」「ススキ(秋の七草でも良い)」と、十五夜と大体同じです。

 

関連記事:月見団子の由来や意味は?月見団子の数や並べ方は?

 

今回は、十三夜について書いてみましたが、いかがだったでしょうか。

今年は、皆さんは、何回お月見をなさいますか?



コメント

  1. みたかもん より:

    今宵の月は格別に綺麗だ。月明かりでつい見惚れてしまいます。

  2. まる(う) より:

    見事な十三夜の月が見られて嬉しいです

  3. まみりんすぃーと より:

    十三夜の意味を初めて知りました。
    ありがとうございます

  4. ば~ばとど より:

    今日の月は美しいと思って確かめたら、やはり十三夜でしたか(^^)/ 明後日は準スーパームーンとか… しかし、日本人には、伝統的な十五夜や十三夜の方が、やはりしっくりくるように思いますね。歌にもありますし。情緒的でいいですねぇ。

  5. 雪月花 より:

    AM2時におきてみたらきれいな月だったので検索するとここにたどりつきました
    勉強になります

  6. 冬の桜 より:

    昨夜綺麗でした。東の空、わが家からは、聖域に相当でした

  7. ヨツシー より:

    きょうの月も 綺麗ですね 明日雨です
    きょうの夜空を楽しみます

タイトルとURLをコピーしました