HOME

鎌倉でお土産を買うならコレ【絶対喜ばれるランキング】

鎌倉で人気のお土産トップ10!

源頼朝によって鎌倉幕府が置かれた場所であり、古都の雰囲気を今もそのままに残している観光都市・鎌倉。

また、三浦半島の付け根に位置し、相模湾に面していることから海産物の美味しい街として、グルメを堪能しに訪れる方も多いスポットです。

そんな鎌倉で、ここ最近人気のお土産とは一体どのような物なのでしょうか。

鎌倉と言えば、鎌倉野菜が思い浮かびますが、近場に住んでいる方以外にはお土産として野菜を購入するのは、なかなかハードルが高いですよね。

やはり古都の雰囲気を生かした、和菓子や和食がお土産の人気商品なのでしょうか。

昔の古き良き日本と現代が混じり合うエキゾチックな鎌倉の、人気のお土産について調べてみました。


Sponsored Link


鎌倉で買えるおススメの人気のお土産特集!

今回は、鎌倉で買えるお勧めのお土産を10つご紹介したいと思います。

有名なあの銘菓から、知られざる鎌倉の名品まで、様々なラインナップでお届けしていますので、是非鎌倉へお立ち寄りの際には探してみて下さい。

 

鎌倉紅谷の「クルミッ子」

kamomiya2
かわいらしいリスのパッケージに包まれているのは、クルミがびっしりと入ったキャラメルを手焼きのバタークッキーで挟んだお菓子。小さめの見た目とは裏腹に、しっかりとした満足感を得られる超人気商品です。

価格:5個入り702円、16個入り2,332円他
場所:本店、雪ノ下店、長谷店他
営業時間:10:00~18:00(雪ノ下店)、その他店舗によって異なる

 

鎌倉ニュージャーマンの「かまくらカスター」

kamomiya3
たまごの風味が感じられるふわふわのスポンジ生地に、優しい甘さのカスタードクリームを詰めた商品。1982年の発売以来愛され続けるベストセラーで、鎌倉のお土産品として定番になっています。

価格:1個118円
場所:鎌倉駅前本館、雪ノ下本店、そごう横浜他
営業時間:10:00~20:00(そごう横浜)、その他店舗によって異なる

 

イル・ド・ショコラの「生シェルパイ」

kamomiya4
特級バターの香り豊かなパイ生地に、天然バニラで味付けしたクリームを詰めた生菓子。貝の形なのも見た目がかわいらしく、海の似合う街・鎌倉のお土産としてぴったりですよね。

価格:12個入り3,410円他
場所:鎌倉店、茅ヶ崎店
営業時間:11:00~19:00(鎌倉店)、その他店舗によって異なる

 

鎌倉いとこの「かぼちゃきんつば」

kamomiya5
練り上げた上質のかぼちゃ餡に小豆を混ぜ、薄皮を巻いて焼いた和菓子。かぼちゃきんつばの他に、抹茶きんつば、小豆きんつば、安納芋きんつば、桜きんつばなど数多くの種類があります。

価格:6個入り1,100円、10個入り1,820円他
場所:本店、小町通り店
営業時間:10:30~17:30(本店)、その他店舗によって異なる ※売り切れ次第終了

 

はんなりいなりの「はんなりいなり」

kamomiya6
酢飯に黒ゴマをまぶし、海苔をひいて、黒蜜を加えた国産大豆を100%使用した油揚げで巻きあげたいなり寿司。他にはない、鎌倉の味です。



価格:(中)660円、二色巻850円他
場所:本店、小町通り中央売店、鎌倉駅前売店他
営業時間:10:00~18:00(鎌倉駅前売店)、その他店舗によって異なる

 

井上蒲鉾店の「梅花はんぺん」

kamomiya7
蒲鉾やはんぺんはお土産として貰っても嬉しい物だとわかっていても、見た目がいまいち地味なのが気になる・・という方に是非お勧めなのが、こちらの梅花はんぺん。その名前の通り、花の形にあしらわれたはんぺんは見た目のかわいさは勿論ですが、つるっとした歯触りと汐の香りが効いていて味も抜群に美味しいと評判です。

価格:笹(梅花はんぺん10枚と小判揚げ10枚のセット)2,850円他
場所:本店、鎌倉駅前店他
営業時間:8:30~19:00(鎌倉駅前店)、その他店舗によって異なる

 

豊島屋の「鳩サブレー」

kamomiya8
鎌倉のお土産の大定番と言えば、やっぱりこちらの鳩サブレー。日本全国に似た形状のお菓子がありますが、こちら豊島屋の鳩サブレーが元祖だと言われています。フレッシュバターをふんだんに使ったサクサク食感の生地は、必ず一度は食べたことのある懐かしい味わいです。

価格:5個入り540円他
場所:本店、北鎌倉駅前店、そごう横浜店他
営業時間:9:00~19:00(本店)、その他店舗によって異なる

 

鎌倉まめやの「まめづくし」

kamomiya9
伝統的な手法で作られた豆菓子は、スタンダードな大豆やそら豆や落花生の他、和風カレーナッツ、いちごレーズン、にんにくナッツなどの変わり種もラインナップ。店内で販売されている豆菓子は一通り試食もできるそうなので、好みの味をお土産に買って帰ることもできます。

価格:9種類入り2,700円他
場所:本店、小町通り店、エキスト鎌倉店
営業時間:10:00~18:00(本店)、その他店舗によって異なる

 

輪心の「輪心ばうむ」

kamomiya10
こちらのお菓子は、沖縄産原料糖のみを使用した砂糖「本和香糖(ほんわかとう)」を使っています。本和香糖は上白糖、三温糖に比べてミネラル分が約10倍も多く、黒糖に比べてやわらかい甘みが特徴となっています。安心・安全にこだわる方へのお土産に是非お勧めです。

価格:1個280円
場所:本店(鎌倉市長谷1-16-12)
営業時間:10:00~18:30

 

味くらの「漬物」

kamomiya11
保存料や着色料を極力使わず、塩分も控えめで素材そのものの味を生かした漬物が多数販売されており、いつも観光客で店内は大賑わい。殆どの漬物が試食可能となっているのも嬉しいところ。

価格:南蛮胡瓜380円、大根浅漬け525円他
場所:本店(神奈川県鎌倉小町2-8-36)
営業時間:9:00~17:45

 

まとめ

今や、日本各地で似た形状のお土産品を見掛ける鳩サブレー。

実はそれが、鎌倉発祥のお菓子だということがわかりました。

お土産は、品物は勿論ですがそこにはお土産話が付随するものですから、お土産を渡す際に、「鎌倉発祥」だということを伝えたら、きっと話に花が咲くことと思います。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました