HOME

高圧洗浄機おすすめ4選と選び方のポイント!

失敗しない高圧洗浄機の選び方!

高圧洗浄機とは、水に圧力を掛け高圧にして強い水流を作り、その力で汚れを落とす洗浄機です。

壁や玄関タイル、窓、網戸、車庫のシャッターなど家の外回りは勿論ですが、自動車やタイヤのホイールの汚れ、または庭の花や野菜などの水やりにも使うことができます。

また、高圧で汚れを吹き飛ばすため洗剤を使わないので環境に優しく、さらには使用する水の量も少ないのが特徴です。

勢いよく水が噴き出るためイメージ的には水を大量に使用しているように見えますが、実際は通常のホースでの使用と比べて使う水の量は3分の1程度と言われています。

このような理由から、最近は家庭用高圧洗浄機の人気が高まっています。

そこで今回は、これから高圧洗浄機を購入しようと思っている方に向けて、選び方のポイントやおすすめの製品をご紹介したいと思います。



高圧洗浄機の種類や選び方のポイント

ksnjo2
高圧洗浄機を選ぶ時に抑えておきたいポイントは以下の3つとなっています。

 

①水圧の高さで選ぶ

水圧が高ければ高いほど、洗浄力も高くなります。塗装部分など高い圧力が加わるのを避けたい箇所がある場合は、ノズルで水圧を下げたり、洗浄したい部分から離れて使うことで回避が可能となっています。

また、洗浄力は「常用吐出圧力」の数値が高いほど上がりますが、一方で強力なポンプが必要となるため消費電力が上がり、高圧洗浄機本体の重さも重くなります。

②静音性で選ぶ

マンションや住宅密集地などで使用する場合は、音の大きさが気になる方もいらっしゃると思います。静かな高圧洗浄機が欲しいなら、インタグションモーターの水冷式を選ぶのがよいでしょう。

③使用する場所で選ぶ

高圧洗浄機は機種によっては電源の違いから、使えない地域がある場合があります。ご自身のお住まいの地域で使えるかどうかを調べてから購入しましょう。

高圧洗浄機の平均的な価格は?

ksnjo3
家庭用高圧洗浄機の平均的な価格は、15,000~25,000円ほどとなっています。

業務用高圧洗浄機になると、水圧も高くなります分重量も増え、価格も50,000~数100,000円となります。

高圧洗浄機おすすめ4選!

高圧洗浄機の選び方や価格がわかったところで、おすすめの高圧洗浄機をご紹介したいと思います。



 

ヒダカ 家庭用高圧洗浄機HK-1890

ksnjo4
国内最高の吐出圧力となっておりパワーが違います。本体は重いですが作業中はホースとノズル部分を持つため、女性でも作業ができます。

URL:http://www.rakuten.ne.jp/gold/hidaka/

 

リョービ AJP-1420SPE

ksnjo5
リョービのAJP-1420SPに8mの延長ホースと延長パイプが付いたセットです。2013年のグッドデザイン賞を受賞しており、コンパクトですっきりとした見た目も好評となっています。(※出典元のオリジナルセットのようです)

URL:http://www.ryobi-group.co.jp/

 

ケルヒャー ベランダクリーナー

ksnjo6
高圧洗浄機のトップメーカー、ケルヒャー製の高圧洗浄機。水冷式で音が静かなのでマンションのベランダや網戸の清掃に使用できます。また、「自吸セット」と「延長高圧ホース」を利用すると、お風呂の残り水を使用することができ、節水になります。

URL:http://www.karcher.co.jp/jp/Home.htm

 

アイリスオーヤマ FIN-801E(東日本)、FIN-801W(西日本)

ksnjo7
付属の給水セットを使うと、水道から離れた場所でも気軽に高圧洗浄機を使用することができます。従来の製品に比べて体感音量がダウンした静音タイプとなっています。

URL:http://www.irisohyama.co.jp/

 

まとめ

高圧洗浄機は、電化製品のため使用頻度や使用方法によっては故障してしまいます。

少しでも長持ちさせるためには、使用時間は一時間を限度として使用するようにしましょう。

長時間連続使用するとモーターが過剰に熱くなってしまい故障の原因となります。

また冬場は、ポンプやホースの中に水が溜まったままにせず、排出しておくと凍結による破損を防ぐことができます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました