HOME

夏風邪の症状と原因や高熱が長引いた時の対処法!

夏風邪の対処法や予防の仕方!

夏に

このような症状が夏場に現れたら、まず疑うのは「夏バテ」ではないでしょうか。

しかし、それはもしかしたら夏バテではなく「夏風邪」かも知れません。

夏風邪は、夏に引く風邪だからそう呼ばれていると思っている方も多いと思いますが、冬に引く風邪との違いは実は時期だけではありません。

そしてこの勘違いが、夏風邪は長引きやすい、治りにくい、と言われている原因と言われています。

そこで今回は、夏風邪の正しい知識や対処法を知って、夏風邪をこじらせることなく、できれば初期の段階で撃退してしまう方法を調べてみました。


Sponsored Link


夏風邪の症状は?

natsukaze2
夏風邪の主な症状として挙げられるのが、腹痛や下痢です。

夏風邪が時に「お腹の風邪」と呼ばれるのはこのためで、夏風邪を引くとそれだけ顕著に表れやすい症状と言えるでしょう。

夏場はエアコンなどで体が冷えるので、お腹を壊しやすい状況にあるとも言えますが、何日も下痢が続く場合には夏風邪を疑ってみるのがよいと思います。

また、夏風邪のもう一つの特徴として喉の痛みがあります。

空気が乾燥しているわけでもない夏場に、喉が痛くなって咳が出始めたらそれは夏風邪かも知れません。

この他、夏風邪が引き起こす症状には、発熱や頭痛、咳といったものもあり、症状的には一般的な風邪との違いはありません。

 

喉の痛みの治し方!痛みが止まらない時の7つの対処法

 

夏風邪の原因は?

natsukaze3
夏風邪に限らず、風邪を引いてしまう原因の80~90%はウイルスによるものと言われており、ウイルスの数は200種類以上と言われています。

しかしそのウイルスの多くが、低温で空気が乾燥した状態を好むことから、風邪が最も流行する時期は冬場となっており、風邪とは違いますが同じく低温で乾燥した状態を好むインフルエンザも冬に大流行しますよね。

ですが、夏風邪を引き起こすウイルスは、高温で湿度の高い環境を好みます。

代表的なのがエンテロウイルスアデノウイルスです。エンテロは腸、アデノは喉という意味からもわかるように、夏風邪を引くとお腹を壊したり喉が痛くなりやすいのは、これらのウイルスが活発に活動しているためです。

夏風邪にかかった時の治し方や対処法

natsukaze4
夏風邪は、通常冬の時期に引く風邪をたまたま夏の時期に引いてしまったもの、と考える方が多いようですが、夏風邪の原因でも説明したように、夏と冬では風邪を引き起こすウイルスに違いがあります。

このため、間違った対処法をしてしまうと、回復を遅らせてしまうだけではなく、こじらせて別の病気を引き起こす原因にもなりかねません。

夏風邪は、暑い夏の時期に体調不良になることから夏バテと勘違いしやすく、お腹の調子がよくないのにも関わらず「体力をつけなきゃ」と無理に食べてしまうと、余計に症状がひどくなってしまいます。



また、夏バテをして体力が低下している時にウイルスに感染しやすくなってしまうので、疲れやすくお腹の調子がよくないと感じたら、まずは睡眠をしっかりとって体力を回復するのがよいでしょう。

さらに、熱が出ていなければお風呂に入ってリフレッシュすることもよい方法です。

新陳代謝がよくなるだけではなく、副交感神経が優位に働き免疫力が上がるため、軽い症状であれば撃退できる場合もあります。

高熱が出た場合の対処法は?

natsukaze5
高熱が出た時、布団にくるまって体温を上げて汗をかくことで早く治す方がいらっしゃいますが、夏風邪では有効な方法と言えません。

と言うのも、夏風邪を引き起こす原因であるエンテロウイルスやアデノウイルスは、先ほどでも述べた通り高温多湿を好む性質があるため、体温を上げたところで簡単に弱まってはくれないからです。

むしろ、体力を消耗し逆効果となる場合もあるので注意しましょう。

夏風邪を引いて高熱が出てしまったら、水分補給をしっかりとしてぐっすりと眠ることが回復への早い道のりとなります。

夏風邪を予防するには何が大事?

natsukaze6
夏風邪と冬の風邪は、ウイルスの種類が違うと言いましたが、実は感染経路にも大きな違いがあります。

冬の風邪は主に飛沫感染が多いのに対し、夏風邪は経口感染が多いのも特徴なので、外出から帰ってたらうがい手洗いをするのは勿論、家庭内に夏風邪を引いている人がいる場合は、バスタオルやトイレの手拭きなどを共有しないことも大切です。

夏風邪を引き起こすウイルスは湿度の高いところを好むので、濡れたタオルは格好の増殖ポイントとなってしまいます。

また、室内をエアコンで冷やしすぎるのも気を付けましょう。寒い場所に長時間いるとそれがストレスになるだけではなく、外との気温差に体が慣れずに自律神経が乱れてしまいます。

自律神経が乱れると免疫力が低下しウイルスに感染しやすくなりますので、注意して下さい。

会社などでエアコンの調整が難しい場合は膝掛や腹巻などを使用し体を冷やしすぎないようにしましょう。

夏風邪の時に効く食べ物は?

natsukaze7
免疫力を高めてくれるショウガにんにくは、夏風邪の予防に最適なだけではなく、夏風邪を引いてしまった時にも効果を発揮してくれます。

ショウガは消炎作用があるので、喉が痛い時にはすりおろしたショウガを使ってジンジャーティーを飲むと痛みが軽くなりますし、にんにくに含まれるアリシンにはウイルスを撃退してくれる効果があります。

また、両方を使って根菜などで煮込んだスープも栄養満点でよいと思います。

ただし、生のまま大量に使うと返って胃腸障害を引き起こす恐れもありますから、ジンジャーティーに入れる場合も少量に留めておき、にんにくは加熱調理して使うのがよいでしょう。

 

風邪の諸症状に効くおすすめの食べ物や食事

風邪に効く飲み物やスープとレシピ!早く風邪を治すコツ!

 

まとめ

夏風邪と冬の風邪には、ウイルスに大きな違いがあるとは驚きでした。

また、熱が出た時にわざと厚着をして大量の汗をかく方法が、夏風邪には通用しないことも知りませんでした。

これまで夏風邪を引くとこのような対処法をとっていたのですが、これからは適温を心掛けしっかり休息をとることで対応していきたいと思います。

 


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました