熱中症の対処法と応急処置の仕方や予防法!

熱中症の対処法と応急処置の仕方や予防法!

熱中症の予防に牛乳がいいって本当?

夏になると一気に増える熱中症

気温が高い日に外にいなければ平気、と思っている方がもしいらっしゃったら、それは間違った認識かも知れません。

熱中症は、誰にでも起こりうることであると同時に、重症化しやすく、最悪死に至るケースもある恐ろしい病です。

たかが熱中症と侮らず、正しい知識を得ていることで熱中症の予防になるだけではなく、もし熱中症になってしまったとしても重症化を防ぐことができますよね。

そこで今回は、熱中症について詳しく調べてみました。

熱中症の原因や症状、対処法や牛乳による予防法について掲載していますので、是非ご一読していただけたらと思います。


Sponsored Link


熱中症になる原因は?

熱中症の原因としてまず一番に気温の高さが挙げられますが、実はそれだけではありません。

気温がそれほど高くなくても、湿度が75%を超えるような場合は熱中症になりやすいと考えられています。

また、日差しが強い、無風状態であることも熱中症の危険が高まります。このため、熱中症は外に限らず室内でも多発しており、注意が必要なのです。

このような環境に加え、激しい運動を行い汗を大量にかいた状態や、暑さに体が慣れていない場合が重なると熱中症を発症する確率はさらに高くなってしまいます。

人間の体には本来、体温を調整する機能があり自律神経によって制御されています。

通常体温が上がると、汗をかくことでその汗が気化する際の気化熱によって体温を下げる仕組みとなっているのですが、外気温が高すぎるとこの働きに乱れが生じ、体温を上手く下げることができなくなってしまいます。

また、体温を下げようと大量の汗を一気にかくと、体内で必要な水分と塩分も失われてしまい血流や筋肉などに様々な弊害を引き起こしてしまうのです。

 

夏バテに効く食べ物や食材!夏はコレで乗り切れ!

夏バテを解消する方法【症状・原因・予防・食材・食べ物】

 

熱中症は、どんな症状があるの?頭痛はひどいの?

熱中症の症状は、その度合いによって3段階に分かれています。

1度は、

  • 顔が赤く火照っている
  • 拭いても拭いても汗が出る
  • めまいや立ちくらみ
  • 筋肉のけいれん

などの症状です。これらの症状は現場での応急処置が可能と言われています。

 

次に2度ですが、こちらは病院への搬送が必要となります。症状としては、

  • 頭痛や吐き気
  • 実際に嘔吐する
  • 全身の倦怠感
  • 汗を全くかいていない

などです。

 

そして3度では入院が必要となります。

  • 呼びかけに反応しない
  • けいれん
  • 手足がガクガクとして真っ直ぐ歩けない
  • 体に触れると熱い
  • 自分で水が飲めない

などの症状が現れたら、救急搬送して下さい。

なお、意識が朦朧としている人に無理矢理水を飲ませると、誤飲して気管に入ってしまうことがあるので危険です。

また、熱中症の症状として頭痛がよく聞かれますが、熱中症の頭痛には頭痛薬は効きません。

いつもの頭痛だと思って薬を飲んでも痛みが治まらない場合は、熱中症が原因かも知れませんので対処法を変える必要があります。

 

めまいの原因と対処法!病院は何科がベスト?

多汗症の原因と解消法と効果的なツボや漢方は?

 

熱中症になった時の応急処置の仕方とポイント!

熱中症らしい症状が現れたら、慌てず応急処置をしましょう。

直射日光の当たる場所にいたら、まずは日陰や建物の中に移動します。そして衣服をゆるめ、楽な姿勢を取ります。

さらに冷やしたタオルを手足や首に当てる、うちわなどで仰いで風を起こし体を冷やすなどの対処を行います。

水分を摂るのも勿論有効ですが、この場合水ばかりを飲んでしまうと体内の塩分が薄くなってしまいますので、スポーツドリンクや経口補水液をこまめに飲むことが必要です。


Sponsored Link


また、意識がはっきりしていない状態の人を仰向けに寝かせると、嘔吐した物で窒息してしまう危険があるので横向きに寝かせるのがよいでしょう。

赤ちゃんが熱中症にならないようにするには?

赤ちゃんは、大人に比べて体温調整機能が未熟なため、熱中症になりやすいと言われています。そのため、親がしっかりと管理をしてあげる必要があります。

具体的には、日中の気温が高い時間帯は外出を避け、朝や夕方の比較的日差しの弱い時間帯を選ぶことや、水分補給をいつもよりもこまめに行い、特に暑い日であれば30分おきに与えるのがよいでしょう。

この時、麦茶やミルクだけではなく経口補水液やイオン飲料を与えることも大切です。

さらに、夏場の行楽地へのお出掛けの際は赤ちゃんの体力に合わせた予定を組むことが必要です。つい大人に標準を合わせてあっちもこっちも行ってしまうと、赤ちゃんに無理をさせることになり熱中症のリスクも高くなってしまいます。

余裕を持ったスケジュールを組むか、赤ちゃんの様子を見て疲れていると感じたら途中でも引き返すという選択肢を持って下さい。

 

赤ちゃんの日焼け止めおすすめ5選!紫外線対策はいつから必要?

赤ちゃんのインフルエンザの症状や潜伏期間!風邪との違いは?

 

熱中症の予防法は?牛乳はいいの?

necyusyo2
熱中症の予防には、気温や湿度に気を付け、適度な水分の補給が欠かせません。

熱中症は気温の高さだけではなく湿度の高さも関係しているので、室内にいても75%を超えるような高湿の環境にいればそれだけ発症リスクは高まってしまいます。

また、水分補給に水やお茶だけを飲んでいると、体内の塩分濃度が低くなり頭痛やけいれんなどの症状を引き起こしてしまいます。

経口補水液やスポーツドリンクを飲む他に、塩飴を舐めるなども予防の手段として有効です。

さらに、熱中症の予防法に牛乳がよいという研究結果があります。

とは言え、暑い日の外出前に牛乳を飲むと熱中症にならない、という話ではなく、夏本番を迎える前に熱中症に負けない体を作る上で牛乳はとても役立つという話です。

この方法はとても簡単で、少しきついと感じるくらいの運動をした後に牛乳を飲むだけ。

こうすることで血液の生成が活発になることが研究でわかりました。これは、牛乳に含まれているアルブミンというたんぱく質が、血管の中に水分を引き込むことで血液が増えると言われています。

血液量が増えると、汗をかきやすくなり皮膚表面から熱を放出する機能も高まるので熱中症予防となるわけです。

また、牛乳がどうしても苦手という方はヨーグルトやチーズなどでもよいそうです。

 

マヌカハニー5つの効果!食べ方や上手な選び方は?

はちみつ15の効能・効果【咳止め・ダイエット・美容】

 

熱中症と思ったら何科に行けばいいの?費用は?

necyusyo3
基本的に大人であれば内科、子供であれば小児科に行くのがよいでしょう。

意識障害などがある場合は救急車を要請しますが、自力で病院へ行くとしても(タクシーや友人の車など)症状が重いと感じたら救急外来へ行くのがよいと思います。

また、病院の費用ですが初診料の他に治療によって金額が変わります。入院となれば費用はそれだけ大きくもなります。

これは一例ですが、重症度の高い熱中症となって救急搬送された方が、3日間入院治療を受けた時の請求額が50,000円ほどだったそうです。

熱中症の対処法のまとめ

いかがでしたか?

熱中症は、予防や対策によって危険を回避できるものですので、正しい知識を持って熱中症にならない夏を過ごして下さいね。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)