HOME

お風呂の天井のカビや汚れ落とす簡単な掃除方法!

お風呂の天井掃除のときの注意点は?

お風呂で厄介なのがカビですが、お掃除がしにくい天井に発生すると悪戦苦闘してしまいます。

今回はお風呂の天井に発生したカビを効率よく落とす掃除方法と、予防のために役立つ天井掃除および使い勝手のいい道具について紹介いたします。

天井掃除の必要性についても記載いたしますので、その部分をよく見て取り入れることを強くお勧めします。


Sponsored Link


お風呂の天井を掃除しないとどうなる?


天井の掃除がおろそかになると「カビの発生確率が飛躍的に上昇し、いくらそれ以外の場所を掃除したとしても次々とカビが発生する状態が続くようになる」と言えるでしょう。

そもそも、カビ菌が天井に大量発生していると、重力によって次々とカビが上から下に降り注ぐようになるのでお風呂場が常にカビ菌だらけになってしまうのです。

そもそもカビ菌は非常に小さいので目に見えることはなく大量に発生していたとしても気が付くことはほとんどないでしょう。

そんな状態のお風呂場に何度も入っていると皮膚に付着して体内に入る確率も上昇してしまうので、何らかのアレルギー症状が発生してしまったり皮膚炎といったトラブルが発生してしまうようになります。

体の汚れを落として健康かつきれいな体を手に入れるためのお風呂がむしろ病気になりやすい場所になってしまったら本末転倒でしょう。

このように天井の掃除をおろそかにすることで最悪な状況ができやすくなってしまいますので、掃除しにくい場所ではありますがカビが発生しないように意識してケアしないといけない場所でもあるのです。

また、カビの発生条件は湿度と温度と水気とカビにとっての栄養がある場所なので、これらを出来る限り省いてあげることでカビが発生する確率も一気に低下します。

天井のカビでポイントとなるのは水気でしょう。

この水気をお風呂場を使っていないときに悪影響が出ないように、出来る限り減らしてあげるのがポイントとなるのです。

天井を掃除するときの注意点


天井を掃除するときの注意点はカビ取り剤を天井に付着させるために上を向いて作業することになり、その際に大量にカビ取り剤を吸い込んでしまう恐れがあるということです。

カビ取り剤の取扱説明書には「使用の際には換気を行ってください」といった記載がありますので、必ず窓や扉を開けて空気が通り抜けやすい状況で行うようにしましょう。

カビ取り剤そのものが垂れ下がって自分の身体に付着することも多いので、体に付着しても大丈夫な格好をする必要があります。

できればレインコートや不要な長袖や帽子を用意しておくといいでしょう。

お風呂の天井掃除では、洗剤を直接触れないことと吸い込まないことが重要なので、そのための対策を講じることが必須となってしまいます。

それ以外にも天井を掃除する場合足場を使いたくなるものなのですが、お風呂場においてある腰かけは足場として使うには不適切ですので、必ず台座を持ってきてそちらに乗るようにしてください。

お風呂の天井の掃除に便利な道具一覧!


お風呂の天井を掃除するときに役立つ掃除道具は以下の通りです。

  • レインコートやいらない長ズボンや帽子
  • 水中用ゴーグルやメガネ
  • マスク
  • ゴム手袋
  • 安定している台座や踏み台
  • カビ取り用洗剤(塩素系洗剤や重曹やエタノールやセスキ炭酸ソーダなど)
  • ドライシート
  • フロアワイパー

これらをそろえれば天井の掃除がかなり楽になります。

フロアワイパーは床を掃除するために使うものですが、天井を掃除するときにも役立つので活用しましょう。

また、掃除のときに使う洗剤なのですが一番強力なのは間違いなく塩素系洗剤になります。

頑固なカビでもこの洗剤があれば高確率で落とすことができるでしょう。



しかし、一番肌にくっついてしまうと危ないのも塩素系洗剤なので天井掃除をする場合には使うのがちょっと怖い洗剤になってしまいます。

なので、そこまで天井の汚れがひどくないという人はエコ洗剤としても使える重曹水や消毒用エタノールやセスキ炭酸ソーダを活用しましょう。

これらが100%安全というわけではありませんが、塩素系洗剤が体に付着するよりははるかに安全です。

天井の掃除はフロアワイパーを使おう!


床を掃除するときに非常に便利に使えるフロアワイパーですが、こちらは天井のお掃除にも活用できます。

使い方は簡単で、フロアワイパーにドライシートを取り付けてそのシートに重曹水などをしみこませて拭くというやり方です。

天井に直接洗剤を吹き付けると液だれがなかなかにひどいことになりますので、シートにしみこませたほうがいいでしょう。

しっかりと天井全体に洗剤を馴染ませたら10分程度放置してあとは洗い流してください。

このやり方でほとんどの天井汚れは落とせます。

お風呂場以外の天井を拭くときにもこのフロアワイパーは使えますので同じように有効活用しましょう。

汚れがひどくなりがちなキッチンの天井の場合はマイクロファイバークロスを付けてセスキ炭酸ソーダをスプレーして使ってあげると瞬く間に綺麗になります。

頑固な黒カビが発生している場合はフロアワイパーと塩素系洗剤を組み合わせてしっかりとカビ除去を行い、ある程度放置した後は水拭きと乾拭きで仕上げてください。

普段からできるお風呂の天井のカビの対処法は?


カビ対策で重要なことは換気すること、水気をなくすこと、熱湯をかけてカビを死滅させることです。

特に、カビは50℃以上の熱いお湯にふれると1秒程度でほとんど死滅してしまいますので、カビ取り対策に熱いシャワーはとても有効なのです。

天井の場合は垂れてくることもありますので注意しながら熱いシャワーをかけてください。

その後はしっかりと水気を切ってあげればいいでしょう。

天井の場合はスクイージーが使いにくいのでフロアワイパーを使って乾拭きを行ってください。

あとは最低2時間以上は換気扇を回して換気してあがればカビ対策として十分に機能してくれます。

お風呂の天井を綺麗に保つには?


お風呂の天井を清潔に保つには、定期的なお掃除が必須となります。

特に、天井は掃除がしにくいので放置されることも多くどうしてもカビが発生しやすくなってしまうのです。

理想はお風呂を使い終わったタイミングでしっかりと天井の掃除と水気を完全に切るための乾拭きやスクイージーでの水除去を行うのが理想なのですが、このような行動をやる気力がなかなかわかないという人も多いでしょう。

そんな気力がわかない人は換気扇を駆使して出来る限り換気させてあげることが重要になります。

後は1ヶ月に1回か2回ほど、お休みの時間を使って天井のカビ取りを定期的に行うことです。

目に見えないレベルの小さなカビが生えていることも多いのですが、1ヶ月に1回か2回ほどカビ取りを行えばカビが発生する隙はほとんどなくなってしまいます。

お風呂場は100%水気を無くすことは不可能なので、定期的なカビ取りが最も有効な対策となるのです。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はお風呂の天井に発生するカビ対策及び予防についてのお話をさせてもらいました。

どうしても後回しになりやすい天井のお掃除ですが、お風呂場の場合はその天井にカビが生えて健康被害をもたらす可能性があるのでかなり気にしてもらいたい箇所となっています。

天井の掃除は上を向きながら行うので肩や首が疲れてしまいますが、フロアワイパーがあれば幾分かましになりますのでそちらを駆使して行うしかないでしょう。

やらなかったことで発生する被害がシャレになりませんので、皆さん徹底してカビ対策を講じてください。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました