HOME

出産祝いお返しの金額相場は?目安はどのくらいか教えて!

出産祝いお返しの金額について!相場以上いただいた時はどうしたらいい?

出産祝いを頂いたら、赤ちゃんが生後1ヵ月を迎えるあたり、ちょうどお宮参りの時期までに出産内祝を贈るのがマナーです。

しかし、結婚祝いや出産祝いだと大体の相場はわかるものの、出産『内』祝ってどれくらいが相場なのか、よくわからないという方も多いと思います。

そこで今回は、出産内祝の金額について調べてみました。

相場以上に頂いた場合の対応方法なども、合わせてご紹介します。



出産祝いお返しの金額相場は?


出産祝いのお返し、つまりは出産内祝の相場は、頂いた出産祝いの金額によって異なります。

出産内祝の金額の目安については、詳しくは後述しているのでここでは省略しますが、一般的な出産祝いの相場は兄弟・姉妹であれば10,000~30,000円、親戚(従妹や甥、姪など)の場合は3,000~5,000円、友人なら5,000~10,000円、会社の上司なら5,000~10,000円、同僚や後輩なら3,000~5,000円となっています。

これを元に出産内祝の金額の相場を産出すると、兄弟・姉妹なら3,000~15,000円、親戚なら1,000~2,500円、友人なら3,000~5,000円、会社の上司なら2,000~5,000円、同僚や後輩なら1,000~2,500円程度となります。

現金ではなく、品物が届いた場合でも、自分と贈り主との関係性から、おおよその金額の相場は把握できるのではないかと思います。

ただし、兄弟・姉妹や親戚、友人関係にある人では、相場よりも多く包んでいる可能性もあるため、その辺りは相場で決めつけずに品物を見て判断するようにしましょう。

お返しの金額の目安は?


出産内祝の金額の目安は、頂いた出産祝いの1/3~1/2と言われています。

例えば、10,000円のお祝いを頂いたら、出産内祝は3,000~5,000円が目安となります。

ただし、目上の方には、高額な内祝を贈ると返って失礼(面子を潰す)と捉えられることもあります。

そのため、会社の上司などには1/2ではなく1/3程度で内祝を贈る方が、マナー的にはよいと言われています。

とは言え、あまり金額にこだわってしまうと、お返しのギフトを選ぶのに困ってしまうこともあるため、出産内祝は一律同じ品物を用意しても構いません。

と言うのも、そもそも出産内祝は、「出産祝いを頂いたから、そのお礼にするもの」ではありません。

内祝とは、内輪のお祝いのことを指し、出産や結婚など身内の幸せを親戚や近所の人、友人、知人などに報告を兼ねて、喜びを分け合って一緒にお祝いしてもらうという趣旨のものです。

つまり、内祝はお祝いのお返しではなく、慶事があった人が自ら周囲に喜びを配るというのが本来なのです。

このようなことから、出産内祝はお祝いを頂いている、いないに関係なく、赤ちゃんの誕生を知らせたい人に自分から贈るもののため、元々はそこまで金額を気にする必要はありませんでした。

しかし近年は、出産祝いを頂いたお礼としてお返しするもの、と考えられているため、頂いた金額の1/3~1/2程度をお返しするのが一般的となっています。

相場以上の出産祝いをいただいた場合


相場以上の出産祝いを頂くと、すんなりと受け取っていいのか、内祝はどうすればいいのかなど、悩んでしまうことがあるかも知れませんが、お祝い金は有り難く頂くのがマナーです。

その上で、内祝の金額については頂いた金額の1/2~1/3程度の品物を贈ります。

お祝い金が多かったからと言って、内祝で現金を返すのは止めましょう。

また、内祝の品物は直接渡すのが最もよいですが、先方の都合などもあり、手渡しではなく送付する形になることも考えられます。

その場合は、メッセージカードやお礼状をつけて、感謝の気持ちを伝えるようにします。

さらに電話で感謝の旨を伝える連絡をすると、より丁寧な対応と言えます。



お返しの金額が相場を満たない場合


出産祝いの内祝は、金額の1/3~1/2が目安とされています。

出産祝いの金額が5,000円なら1,500~2,500円、10,000円なら3,000~5,000円ですが、それでは出産祝いの金額が相場を下回った場合、例えば2,000~3,000円くらいだとしたら、内祝はどれくらいで返すのがよいのでしょうか。

上記の金額であっても、内祝は変わらずに1/3~1/2となります。

そのため、このケースであれば700~1,500円になります。

中には「お返しはいらない」と相手から言われることもありますよね。

このような時、相場程度の金額であればそれでもやっぱり内祝は贈った方がよいと言われていますが、相場より低額のお祝い金の場合は、「お返しを考えらせるのが申し訳ない」と気を遣ってくれている可能性があります。

それなのにお返しをしてしまうと、「せっかく気を遣ったのに意味がなかった・・」と捉えられてしまいますので、こういった時は内祝を贈るのは控え、電話やメッセージカードなどで感謝の気持ちを伝えるに留めた方がよいでしょう。

親や親戚から出産祝いをいただいたら?


親や親戚などの近しい人からの出産祝いは、金額が高額になることがあり、「どれくらいお返しすればいいのか」と悩んでしまう方も多いと思います。

例えば、親から100,000円のお祝い金を頂いた時、一般的なマナーに照らし合わせると30,000~50,000円を内祝として贈ることになります。

しかし、親御さんの多くは「赤ちゃんが生まれて、お金が必要だろうから」という理由で、多く包んでいると思われるため、それに対し半分程度をお返ししてしまうと、逆にガッカリしてしまうかも知れません。

このような時は、贈られてもそこまで負担にならない程度の品物を内祝として贈り、100日祝いなどで撮影した写真をプレゼントしたり、こまめに実家に顔を出して赤ちゃんを見せにいくなどした方が喜んでもらえると思います。

友人へのお返しの金額相場は?


友人からの出産祝いは、3,000~5,000円が相場と言われているため、内祝いは1,000~2,500円が内祝の金額と言えます。

しかし、複数でお金を出しあってベビーカーなどの品物を贈ってもらった場合、内祝はどうしたらよいのか悩んでしまいますよね。

このような時は、インターネットなどで品物のおよその金額を調べ、それを人数で割った金額の1/3~1/2を一人一人に返すようにします。

職場の方々へのお返しの金額相場は?


職場の場合、上司なら出産祝いは5,000~10,000円が相場と言われているため、内祝は1,500~5,000円となりますが、年上の方にはきっちりと半返しするよりも1/3で返した方が、相手を立てることになり、目下の立場としてよいと言われています。

これとは逆に、部下や後輩からの出産祝いには、半返しがよいと言われています。

また、会社の場合は複数が連名で出産祝いを贈ることもあります。

このような時は、インターネットなどで品物の金額を調べた上で、できれば一人一人に1/3~1/2の内祝を贈るのがよいでしょう。

ただし、一人あたり数百円程度になってしまう場合は、個別に品物を贈ると返って気を遣わせてしまう可能性もあるので、詰め合わせのお菓子やクッキーを購入し、まとめてお返しという形にした方が気を遣わせなくてよいでしょう。

まとめ

出産祝いの内祝は、出産祝いの金額の1/3~1/2をお返しするのがよいでしょう。

ただし、親や親戚などから高額のお祝い金を頂いた時や、上司など目上の方からのお祝いについてはこの限りではなく、必ずしも1/3~1/2でお返しするのが正しいと言えません。

親や親戚から相場よりも多いお祝い金を頂いた時は、他の方と同程度の内祝を贈った後に、赤ちゃんの写真などを別にプレゼントするのがよいでしょう。

上司の場合は、1/3よりもやや少ない金額で内祝をした方が、相手の面子を立てることがあります。



コメント

タイトルとURLをコピーしました