HOME

お歳暮マナー絶対贈ってはいけない品物は?

お歳暮のマナー(贈ってはいけないお歳暮の品々)

お歳暮のシーズンとなると、百貨店やスーパーではビールやコーヒー、洗剤、油、肉や魚などの生鮮品から特産品、とあらゆるものが店頭に並びます。

とは言え、お歳暮は毎年同じ相手に送る場合も多く、いつも同じ物を送ると気持ちが伝わらないような気がする一方でお歳暮として送れる品物には限りがあり、なかなか思うような物を探せないという方も多いと思います。

お歳暮は、日頃の感謝の気持ちを伝えるものですので、あまり難しく考える必要はないと言えます。

しかし一方で、お歳暮として送ってはいけない品物がある事をご存知ですか?

知らないで送ってしまうと大変な失礼となりますので、そのような事にならないよう是非改めて確認をしてみて下さい。



お歳暮で贈ってはいけない品物は何?

¤•iŒ”特に目上の方にお歳暮を送る時に気をつけなければならないのは、靴下や下着など身に付けるものを送る事です。

これは相手に対して「踏みつける」や「みすぼらしい格好をしている」といった意味で受け取られるため、感謝の気持ちを表す品として妥当ではありません。

また、はさみや刃物は相手との縁を切るという意味にも取れる事から送るべき品物ではないと言えるでしょう。



また、現金や金券を送るのは「お金に困っている人」という意味でとても失礼に当たります。絶対に止めるようにしましょう。

そして以外と忘れがちなのが、相手の嫌いな物や苦手な物を知らずに送ってしまうというものです。

例えば、お歳暮にはビールもよく見掛けますが、世の中にはアルコールが苦手な方もいらっしゃいます。

事前に相手が好きな物や嫌いな物を知っている場合ならば問題ありませんが、よくわからない時には嗜好品と思われるものは避けた方がよいでしょう。

贈ってはいけない方々はどういう人?

よく、喪中の方にお歳暮を送ってもいいものかどうかと悩む方がいらっしゃいますが、お歳暮はおめでたいものという意味ではなく、日頃の感謝に対するお礼であるため、例え相手が喪中であっても送る分には問題はありません。

 

関連記事:お歳暮のお礼状の書き方とお歳暮のお返しのポイント

関連記事:お歳暮のマナーと絶対贈ってはいけない品物は何?

関連記事:お歳暮の時期はいつからいつまで?金額の相場や購入場所は?

 

まとめ

一年の感謝の気持ちを込めて贈るお歳暮。送るのは品物ですが、そこには必ず気持ちが添えられていなければいけません。

送る相手の好みを把握しておく事は勿論ですが、気をつけたいのは「送ってはいけないお歳暮」があるという事です。

一見実用的とも思えるものが、実はとても失礼なケースとなるのが今回わかりました。

若い方はそれほど気にしないかも知れませんが、目上の方や会社の上司が相手であれば「知らなかった」では済まされませんので、是非覚えておきましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました