HOME

気になる冷蔵庫の臭いの原因と掃除の仕方を教えて!

冷蔵庫の意外な消臭方法は?予防するためには?

冷蔵庫は長い期間使っているとなんとなく食品とは違う変な臭いが発生することがあります。

今回は冷蔵庫の気になる臭いの対策と原因について記載し、予防の仕方や掃除や消臭のやり方、消臭剤の必要性などを記載して参ります。

冷蔵庫の中のトラブルは以外と大事になりやすいので、意識してケアすることが本当に大切なのです。



冷蔵庫の臭いの原因は?


冷蔵庫の中から発せられる臭いの原因は大きく分けて3つです。

それが冷蔵庫の中に入っている食品から出る臭い、こぼれた食品のカスや汁が腐敗してカビが発生してしまうことで出てくる臭い、冷蔵庫そのものが壊れてしまうことで機械的な臭いの3つです。

食品から発せられる臭いの中でも特に強烈なのがキムチなどの漬け物類です。

味が濃くて液体に漬け込んである物というのはどうしてもその液体の臭いが冷蔵庫の中についてしまいがちで、冷蔵庫を開けると嫌な臭いが出やすくなります。

他にも生魚や納豆やニンニクなど元から臭いが強烈な食品は冷蔵庫の中の臭いをかなり悪い物にしてしまうので要注意です。

傷んだ食材からは「硫化水素」や「アンモニア」が発生するので腐敗臭が出てしまう物なのですが、この腐敗臭も強烈なので悪臭に繋がりやすいでしょう。

あとは、作り置きしておいた料理や鍋を冷蔵庫に入れておくと以外と臭いが発せられるとのことです。

ラップをきちんとしたつもりでも隙間があると臭いが漏れてしまうので注意しましょう。

掃除をすることがほとんど無く食材も放置されがちだとカビも発生するようになるので、カビ臭さも加わってなんとも言えない臭いになってしまうこともあります。

冷蔵庫の中で汁物をこぼしてしまったりしてしまうと、なかなかうまく掃除ができないのでそこからカビが発生するケースも多々あるでしょう。

また、水を蒸発させるためのコンプレッサーが壊れてしまうと水が溜まって変な臭いが出ることもありますし、壊れた部位によって機械的な臭いが発生することもあります。

冷蔵庫の中を掃除しよう!


冷蔵庫の中から悪臭が出る原因は食材にもありますが、カビや臭いが染みついている事が原因なので、定期的に掃除をしているとある程度は防げます。

ただし、冷蔵庫の中を本格的に掃除するときは冷蔵庫の電源を落とす必要がありますので、冷蔵庫の中身が少ないタイミングじゃないと難しいでしょう。

また、夏場のようなめちゃくちゃ熱い環境で生ものを冷蔵庫で保管できないのは怖い物がありますので、本格的に熱くなる前か夏が過ぎ沙汰タイミングで冷蔵庫内を掃除する必要があります。

冷蔵庫の中身を全部取り出して掃除をするときに、取り外せるパーツはできる限り全部取り外して丸洗いしてください。

特に給水タンクと浄水フィルターやカビが発生しやすいので、念入りに洗いましょう。

悪臭がひどい場合はカビ取り以外に消臭剤や除菌剤としても使えるエタノールクエン酸水重曹が役立ちます。

内側の汚れを取るときも40℃程度のぬるま湯200mlと重曹大さじ1杯を混ぜた重曹水を満遍なくスプレーして拭き取るようにしましょう。

これだけである程度の汚れと臭いは落ちます。

特に、野菜室と頻繁に利用するドアポケットは汚れが集中しているので徹底して拭いてください。

仕上げにアルコール除菌スプレーを吹きかければしばらくは悪臭も発生しなくなるでしょう。

ゴムパッキンの部分もカビが発生しやすいので麺棒や歯ブラシを使ってカビを取り除いてください。

消臭できる意外なものとは?

冷蔵庫内を徹底的に掃除しても、使い続けるとやがては悪臭が出やすくなってしまいますので、臭い防止として色々と細工する必要があります。

ここではその中でも、かなり独特なやり方を紹介しましょう。

焙煎されたコーヒーかす


身近な物だけど消臭効果があるとして紹介されることが多いのが、コーヒーです。

備長炭には無数の孔が開いていることで水分を吸着して臭いを取るという効果があるのですが、どうやら焙煎されたコーヒーも同じような効果を発揮するとのことなので、消臭や除湿にも使えると言われています。



ただし、個人的には意見がちょっと分かれているので気軽に試すのは待ってもらいたいです。

というのも「コーヒーには確かに脱臭効果があるけど、コーヒーの臭いと他の食材の臭いがミックスされてはっきり言って悪化している」という意見があったからです。

この意見は個人的になかなか見逃せない部類に入るので、注意書きをさせていただきました。

コーヒーの臭いが大好きという人にとってはむしろ朗報かもしれませんが、あまり得意では無いという人にとっては悲報になりかねません。

まずは試してみることを強くおすすめします。

焦げたパン


うっかり焦がしてしまって食べることも困難になったパンも実は備長炭と似たような効果を発揮するとのことなので、以外と脱臭に活用できるようです。

あまりパンを食べないという方にとってはほとんど活用しない方法ではありますが、このようなやり方もあるということだけ覚えておきましょう。

重曹で作る手作り消臭剤!


脱臭や消臭効果が抜群に高いとして紹介される頻度も多いのが重曹です。

冷蔵庫内の掃除にも使える重曹ですが、粉末のまま使えば消臭剤としても活用できます。

ジャムの空き瓶といった口の広いものに重曹を8分目程度に入れて、通気性の良いガーゼなどで蓋をすればかなり便利な消臭剤となってくれます。

人によっては重曹とアロマオイルなどを混ぜてちょっとした良い香りが出る消臭剤として活用しています。

消臭剤として使う場合は粉として使うことになりますので、だいたい3カ月は持つとのことです。

3カ月に1回交換するようにしましょう。

オススメの消臭剤は?


基本的に推奨されることが多い消臭剤は「炭」です。

脱臭と言ったらこの「炭」のタイプがとにかくおすすめとされます。

そこまで強力な効果を期待しない場合は緑茶成分やミネラル成分配合の脱臭剤でもいいのですが、冷蔵庫のように強烈な臭いが発せられる可能性が高い物の中に配置する場合は脱臭能力や消臭能力を第一にしてください。

なので、備長炭を基本として「冷蔵庫用」とか「野菜室用」という用途別で選んでください。

ただし、大きさが商品によって結構異なっているので自分の冷蔵庫に配置できる大きさや形状も考えておくといいでしょう。

冷蔵庫のドアポケットに引っ掛けるタイプもありますので、種類は豊富なのです。

普段から臭いを予防するには?


悪臭を予防するにはこのように消臭剤を活用することも重要ですが、普段からどれだけ汚れに気をつけているのか、カビを排除しているのかも重要になります。

食品を取り扱う冷蔵庫ではいくらか臭いが強烈になってしまうのは致し方ないことではありますが、汚れによってカビが発生してしまうと悪臭もさらにひどいものとなってしまいますので、それだけは防がないといけないでしょう。

あとは、冷蔵庫の中に物を詰め込みすぎると空気循環がかなり鈍くなるので臭いがこもりやすくなるので要注意です。

冷却効率が落ちてしまうことで腐敗が進み余計に悪臭がきつくなると考えることもできますので、収納に余裕を持たせることも重要です。

3カ月に1回程度の掃除や冷蔵庫内の収納スペースの配慮、消臭剤の活用と3つ揃えば臭いはほとんど気にならなくなります。

あとは細かいことですが、食品を保存するときはきっちりと密封するのも忘れずに。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は冷蔵庫の悪臭対策及び原因といった情報をまとめました。

冷蔵庫の悪臭対策はやっぱり定期的な掃除になりますが、隙間がなくギチギチに詰めていることもかなりの原因となってしまいますので、詰め込みすぎも要注意です。

詰め込みすぎると奥の方に入れた食材のことを忘れて気がついたら賞味期限をガッツリと過ぎていたというケースも多発します。



コメント

タイトルとURLをコピーしました