HOME

ビアガーデン札幌2017のおすすめ7選【屋上や女子会】

2017年の夏を楽しむおススメの札幌のビアガーデン!

北海道の夏は短く、気を抜くとほんの一瞬で駆け抜けて行ってしまいます。

だからでしょうか、北海道の人は夏がやってくると全力で満喫しようとします。

ビアガーデンもその一つで、他の地方に住む方が避暑地として訪れるほど過ごしやすい北海道にも関わらず、以外なことに夏には数多くのビアガーデンがオープンするのです。

特に札幌はビアガーデンの激戦区となっており、6月~8月頃は札幌市内のどこを歩いても必ずと言っていいほどビアガーデンを見つけることができます。

また、札幌や札幌周辺にはビール工場が多数あることから、できたて新鮮なビールが味わえるのも大きな特徴かも知れませんね。

では、札幌で楽しめるビアガーデンはどれくらいあるのでしょうか。



札幌のビアガーデン2017年度版おススメ7選!

夏になると、札幌には実に多くのビアガーデンが出現します。特に大通周辺はビアガーデン最激戦区。

歩くだけですぐにビアガーデンをやっているスポットを見つけられますが、今回はその中でも選りすぐりの7か所をご紹介したいと思います。

また、北海道でビールと言えば相棒はジンギスカン!本場のジンギスカンの味も是非堪能していただければと思います。

札幌大通りビアガーデン

札幌市の中心部にある大通公園が会場となったビアガーデン。大通5丁目~11丁目の間で会場ごとにドリンクやフードが振る舞われます。全体で13,000人が収容できるビアガーデンは、日本最大級と言われています。
会場別の内訳は以下の通り。

5丁目会場「サントリー ザ・プレミアムモルツガーデン」
6丁目会場「アサヒスーパードライビアパーク」
7丁目会場「KIRINヨロコビールガーデン」
8丁目会場「THEサッポロビヤガーデン」
10丁目会場「世界のビール広場」
11丁目会場「札幌ドイツ村」

【期間】7月20日~8月15日
【営業時間】12:00~21:00
【予算・料金】会場・店舗によって異なる
【住所】北海道札幌市中央区大通公園5丁目~8丁目・10丁目・11丁目
【TEL】011-281-6400(さっぽろ夏まつり実行委員会)
【最寄駅】地下鉄「大通駅」
【ホームページ】http://sapporo-natsu.com/beer-garden/

 

さっぽろテレビ塔 サッポロクラシック ビアガーデン

pbeer3
大通公園内にある「サッポロテレビ塔」の下で開催されるビアガーデン。直火で焼き上げるジンギスカンと、北海道の味「サッポロクラシック」が楽しめるスポットです。

【期間】5月25日~9月1日
【営業時間】12:00~22:00
【予算・料金】ジンギスカ食べ飲み放題90分4,180円
【住所】北海道札幌市中央区大通西1丁目
【TEL】011-252-1800
【最寄駅】地下鉄「大通り駅」
【ホームページ】http://www.tv-tower.co.jp/event/

 

銀座ライオンビヤガーデン SUMMER FESTA

pbeer4
JR札幌駅南口で開催されるビアガーデン。駅前が会場となっているので、終電の時間ギリギリまで飲んでもokなのが嬉しいところ。

【期間】2016年6月17日(金)~8月28日(日)(昨年情報)
【営業時間】
【予算・料金】
【住所】北海道札幌市中央区北5条西4丁目 札幌駅南口広場
【TEL】011-209-5115
【最寄駅】札幌駅
【ホームページ】http://www.ginzalion.jp/top.html



 

ノルベサ 屋上ビアガーデン

pbeer5
北海道唯一の屋上観覧車がある商業施設の屋上で開催されるビアガーデン。会場が北側(大通方面)と南側(すすきの方面)に分かれており、それぞれの会場で異なったコンセプトがあるのが面白いところです。

【期間】6月5日~8月30日
【営業時間】17:00~23:30(土日祝は16:00~)(昨年情報)
【予算・料金】ジンギスカン食べ放題と飲み放題4,000円~(100分制)
【住所】北海道札幌市中央区南3条西5丁目1-1
【TEL】北側011-859-1130 南側011-251-5560
【最寄駅】地下鉄「すすきの駅」
【ホームページ】http://www.norbesa.jp/

 

小樽ビール 狸二条ビアガーデン

pbeer6
1995年に誕生した小樽ビールは「ドイツビールの伝統を日本に根付かせること」を使命としており、正統製法の水、麦芽、ホップ、酵母のみでビールを作っています。そんなこだわりのビールが、ビアガーデンで飲めるとあって毎年大好評となっています。

【期間】7月20日〜8月15日(昨年情報)
【営業時間】12:00~21:00
【予算・料金】飲み放題2,200円など
【住所】北海道札幌市中央区南3条西1丁目「創成川公園狸二条広場」
【TEL】090-9519-0106(11:00~20:00)
【最寄駅】地下鉄「豊水すすきの駅」
【ホームページ】http://otarubeer.com/jp/

 

サッポロビール園「SAPPORO BEER TERACE」

pbeer7
札幌の中心地から離れる分、都会の喧騒から逃れ落ち着いた空間でゆったりとビールを味わうことができます。サッポロビール園、サッポロビール博物館に併設されているので、見学をするのも楽しそうです。

【期間】6月27日~8月31日(昨年情報)
【営業時間】月~金17:00~21:30、土日祝12:00~21:30
【予算・料金】生ラムジンギスカン食べ飲み放題3,700円(100分制)
【住所】北海道札幌市東区北7条東9丁目2-10
【TEL】0120-150-550
【最寄駅】地下鉄東豊線「東区役所駅」
【ホームページ】https://www.sapporo-bier-garten.jp/

 

北海道大学 緑のビアガーデン

pbeer8
札幌駅北口から徒歩で20分ほど歩いたところに、北海道大学があります。その緑溢れるキャンパスに出現するのが、緑のビアガーデンです。テーブル席の他、芝生に座りながらの飲酒・食事が可能となっており、北大農場の生産物を利用して作られたフードが楽しめる他、生ビールを300円の格安で飲むことができます。

【期間】7月29日~8月1日(昨年情報)
【営業時間】17:00〜20:30
【予算・料金】チケット3,100円
【住所】北海道札幌市北区北9条西5丁目 北海道大学内百年記念会館
【TEL】011-726-0061
【最寄駅】札幌駅
【ホームページ】http://www.hokudai.ac.jp/

 

まとめ

ビアガーデンの多さは、冬が長い北海道だからこそ夏に対する憧れが強い道産子の気持ちの現れなのかも知れませんね。

夏の北海道観光の際には、是非ビアガーデンに足を運んでみてはいかがでしょうか。



コメント

タイトルとURLをコピーしました