HOME

暑中お見舞いの時期はいつからいつまで?「残暑」との違いは?

暑中お見舞いを出す時期は個人と法人で違う?はがきの書き方を教えて!

夏の季節の挨拶として贈る暑中お見舞いですが、出す時期はいつからいつまでなのか、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。

また、暑中お見舞いを出す時期は、個人と法人では違うという話を聞いたことがあるという方もいて混乱しているようです。

もし本当なら、仕事の関係者に出す場合は特に注意したいものですよね。

そこで今回は、暑中お見舞いについて調べてみました。

暑中お見舞いを出す時期や遅れて出す場合の対処法、暑中お見舞いの例文などをご紹介します。



暑中お見舞いの時期はいつからいつまで ?


暑中お見舞いは、二十四節気と呼ばれる季節を表す名称の中で、小暑(7月7日頃)から立秋(8月7日頃)の間に出す挨拶状となっています。

ただし、7月の初旬はまだそこまで暑くないことから、近年は梅雨明けの、本格的な暑さが到来する土用の時期に出すというのが一般的になりつつあります。

梅雨明けは地域によって異なりますが、例年7月15日~25日(沖縄・及び北海道は除く)と言われていることから、ちょうど土用の時期(7月19日頃~8月7日頃)と重なります。

暑中お見舞いの「暑中」は、暑い最中という意味なので、あまり早く出し過ぎても季節感がないかも知れません。

そのため、まだ本格的な暑さとは言えない7月初旬よりも、7月中旬から下旬にかけて出すのがよいでしょう。

「暑中」と「残暑」の違い


暑中お見舞いと近しい時期に出すもう一つの挨拶状が、残暑お見舞いです。

この2つ、夏ならどちらを出しても問題がないと思っていたら大間違いです。

暑中お見舞いと残暑お見舞いには、明確な違いがあります。

暑中お見舞いは、一年の中で最も暑さが厳しい時期に出す挨拶状です。

上記でもご紹介しましたが、二十四節気の小暑から立秋にかけて出すもので、近年は梅雨明けのうだるような暑さの時に出す人が増えています。

一方の残暑お見舞いは、暦の上では秋を迎えてもなお、夏のような暑さが残る時期に出す挨拶状になります。

具体的には小暑から立秋までに出すのが暑中お見舞いで、立秋以降に出すのが残暑お見舞いになります。

残暑お見舞いには、暑さが残っている時期という意味があるので、9月になってもまだまだ暑い日が続けば残暑お見舞いを出しても構わないとされていますが、一般的には8月いっぱいまでに出すものと考えられています。

暑中お見舞いを出す時期


暑中お見舞いを出す時期は、個人と法人では違うという話を聞いたことがある、という方はいるでしょうか。

この話は果たして本当なのでしょうか。

ここでは、暑中お見舞いを出す時期を、個人、法人に分けてご紹介します。

個人

個人で出す暑中お見舞いは、上記でご紹介している通り、小暑(7月7日頃)から立秋(8月7日頃)の間となります。

7月7日を過ぎれば暑中お見舞いを出しても構いませんが、近年は梅雨明けで暑さがピークとなる時期(7月19日頃から7月末くらい)に出す方が多いようです。

暑中お見舞いは、夏の暑さによって体調などを崩していないか、健康を案ずる内容となっているため、その年の気象条件により寒い夏が続いている場合は、出すタイミングを考えた方がよいかも知れませんね。

法人

法人の暑中お見舞いも、基本的には個人と同じ小暑から立秋の間に出します。

ただし、法人では8月の中旬にお盆を迎えて長期休暇となる場合に、そのお休みの告知も兼ねて、少し早めに暑中お見舞いを出して連絡するケースもあるようです。

暑中お見舞いは小暑を過ぎれば出しても問題はないため、お盆休みの1ヵ月前あたりから暑中お見舞いにて長期休暇を知らせると親切と言えるのではないでしょうか。



暑中お見舞いのはがきの書き方

① 「暑中お見舞い申し上げます」を少し大きめに書きます。

暑中お見舞いでは、頭語(拝啓など)や結語(敬具など)はいりません。

立秋を過ぎたらこの部分は、残暑お見舞い申し上げますに変えましょう。

② 時候の挨拶と相手の体調を気遣う本文

「梅雨明けとともに本格的な夏がやってきましたが、お元気でいらっしゃいますか」や「暑い日が続いておりますが、皆様お変わりありませんか」など、季節に合った挨拶文と、相手の体調を気遣う文面を書きます。

③ 自分の近況報告

プライベートで報告したいことや、元気で過ごしていることなどを書きます。

④ 結びの挨拶

相手の健康を願う一言を盛り込み、最後を締めくくります。

⑤ 日付

具体的な日付は入れず、年号と年月のみ(令和二年七月)や、令和の後に「盛夏」と加えます。

遅れて出すときの対処法は?


暑中お見舞いを出すのが贈れてしまった場合、気づいた時点で暑中お見舞いとして出してよいのでしょうか。

暑中お見舞いの時期は、小暑から立秋までと言われているため、立秋を過ぎてから出すのはマナー違反となります。

立秋を過ぎてしまったら、夏の挨拶状は暑中お見舞いではなく、残暑お見舞いに変わります。

つまり、遅れて出す時は残暑お見舞いとして出せばよいというわけです。

なお、残暑お見舞いは「暦の上では秋になっても、夏のように暑い日が続いている」ことへの体調の気遣いになるため、暑中お見舞いとは文面が異なります。

暑中お見舞いの例文を紹介

・暑中お見舞い申し上げます。厳しい暑さの毎日ですがいかがお過ごしでしょうか。今年は去年以上の猛暑と言われていますので、くれぐれもご自愛下さい。当地は多少過ごしやすい気温となっていますので、遊びにおいで下さい。令和●年 盛夏
・暑中お見舞い申し上げます。梅雨明けと同時に厳しい暑さが続いておりますが、家族一同おかげさまで元気に過ごしております。酷暑の折、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。令和●年 七月
・暑中お見舞い申し上げます。寝苦しい日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。私達は元気に過ごしています。夏休みに帰省の際はご連絡させて頂きます。ひさしぶりにお会いできるのを楽しみにしております。令和●年 盛夏
・暑中お見舞い申し上げます。平素は格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます。さて、弊社では下記の予定で夏季休業を実施させて頂きますので、ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。記 八月十三日~八月十五日 三日間 何かとご迷惑をお掛け致しますが今後ともよろしくお願い申し上げます。令和●年 盛夏
・暑中お見舞い申し上げます。毎々格別のお引き立てに預かり有り難く厚く御礼申し上げます。暑さの厳しき折、皆様方のご健勝をお祈り申し上げます。お盆休暇のお知らせ 八月十三日から八月十五日(三日間)令和●年 盛夏
・暑中お見舞い申し上げます。今年は冷夏となり、今一つ夏らしくない天気が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。私ども家族一同はおかげさまで元気に過ごしております。今のところは気温が低いとはいえ、今後暑くなることが予想されていますのでご自愛下さいませ。令和●年 七月

まとめ

暑中お見舞いは、小暑(7月7日頃)から立秋(8月7日頃)の間に出す、季節の挨拶状です。

個人と法人で暑中お見舞いを出す時期に違いはありませんが、法人の場合は8月の夏季休暇(お盆休暇)の案内を暑中お見舞いで行うこともあるため、立秋ギリギリに出すよりもやや早めに出しておくのがマナーと言えるでしょう。

なお、立秋を過ぎたら暑中お見舞いではなく、残暑お見舞いを出します。



コメント

タイトルとURLをコピーしました