スノボ(スノーボード)初心者の持ち物リスト【日帰り・一泊】

スノボ(スノーボード)初心者の持ち物リスト【日帰り・一泊】

初心者や女性がスノボに行く時の持ち物リスト

冬のオリンピックの正式種目としてすっかり定着したスノーボード

単純に滑り降りるだけではなく、アクロバティックな技やダイナミックなジャンプは見ている誰もが「あんな風に滑れたらいいな」と憧れを抱くものではないでしょうか。

実はスノーボードは、スキーよりも習得が簡単だと言われているのをご存知でしょうか。

スキーに比べ足がしっかり固定されるので一見滑りづらそうですが、雪との接地面積が広いので初心者でも比較的すぐに滑れるようになるのです。

そんな風に聞くとますます「やってみたいな」と思いますよね。

でも、実際にスノーボードを始めるとしても、どんな物を揃えたらいいのかよくわからない、という方も多いと思います。

では、スノーボードをするには一体何が必要なのでしょうか。


Sponsored Link


スノボ(スノーボード)に行く時にチェックしたい最低限必要な持ち物リスト

 

スノーボードを滑るためには、まずはスノーボードとブーツの用意が必要です。

ボードには最初からビンディング(ブーツをボードに固定するもの)が付いているものと付いていないものがあるので、購入の際には確認をしましょう。

そして、ウェアー、グローブ、帽子といった防寒に必要なものを揃えます。

また、寒さを防ぐために厚着をする方がいますが、セーターやトレーナーは汗の吸収が悪いだけではなく動きが妨げられてしまうので、あまりお勧めできません。

厚手の物を着るならアンダーウェア―や防寒下着を重ね着する方が効率がよいでしょう。

スノボの時にゲレンデでレンタル可能な物のリスト

 

必ずしもどこのゲレンデでも可能だというわけではないのですが、ボード(ビンディング付)やブーツ、ウェアーを貸し出しているところはあります。


Sponsored Link


しかしシーズンに入ってしまうと、レンタル数に制限があるので自分に合うボードやブーツを選べない場合もありますので、予約ができるところならあらかじめ予約をしておくのがよいでしょう。

また、手袋や帽子、ゴーグルなどは貸出はなく売店で購入となる場合が多いので注意しましょう。

ないよりはあったほうが良い持ち物リスト

 

最初は寒く感じるゲレンデでも、スノーボードを楽しんでいるうちにどんどんと体が温まってきます。

そうすると外気と体温の温度差から鼻水がよく出るようになるので、ポケットティッシュを持っておくと非常に便利です。

また、首から下げられるタイプのリフト券のパスケースもあるとよいでしょう。

腕の部分にあらかじめパスケースが付いているウェアーもありますが、ない場合は、いちいちポケットから券を取り出して見せなければならないので面倒です。

スノーボードの持ち物のまとめ

この先もスノーボードを続けるかどうかわからないという方は、滑る際にはゲレンデでスノーボード一式をレンタルして、ウェアーやグローブなどは友人知人から借りてみてはいかがでしょうか。

するかどうかわからないものを買い揃えるのには抵抗がありますよね。

そして一度滑ってみて「楽しい!もっと滑りたい!」と思ったら、一通り揃えるというのも一つの方法だと思いますよ。

 

窓の結露を簡単に防止する3つの方法と日々の対策!

窓の防寒対策!外の冷気を遮断する3つの方法

しもやけの対処法や治し方と予防【足指・耳・手】

ひび・あかぎれの原因や症状と治療法や対策は?

手荒れやひび割れの予防法と3つの対策法

カイロの貼る場所や位置で効果が決まる【冷え性・肩こり】

スキーの持ち物リスト【初心者・子連れ・日帰り・一泊】

 


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)