秋分の日とは?2019はいつ?意味や由来を教えて!

秋分の日の意味や時期について!

秋分は、「しゅうぶん」と読み、秋分の日=祝日と覚えている方も多いのではないでしょうか。

近年は、秋分の日の前後の休みの繋がりを秋の連休(シルバーウィーク)と呼んで、ゴールデンウィーク同様に海外旅行やイベントに出掛ける方も増えているようですが、そもそもなぜ、秋分の日が国民の休日となっているか、その理由を知っている方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか。

また、秋分の日は昼と夜の長さが同じとよく聞きますが、これは一体どのような意味があるのでしょうか。

そこで今回は、知っているようで以外と知らない「秋分の日」について説明したいと思います。


Sponsored Link


秋分の日の時期はいつ?

秋分の日は、毎年9月23日頃となっていますが、実際には、国立天文台が作成している暦象年表に基づいて閣議決定されたものが前年2月に官報で発表されるため、それまでは「秋分日」としか記載されていません。

また、秋分の日はとても複雑な計算式の上で求められており、毎年決まった日付ではありません。9月23日頃という最初の記述も、これまでの統計的にその日が多いと言った方が正しいでしょう。

ちなみに、

2019年は9月23日

となっています。

しかしこれも、未来の秋分の日に関しては国立天文台が計算上予測した日付であり、閣議決定されているわけではありません。



そもそも「秋分の日」って何?

syubun2
秋分の日は、1948年に公布・施行された「国民の祝日に関する法律(祝日法)」によって制定されたもので、その意味は「祖先を敬い、亡くなった方を偲ぶ」日とされています。

秋分の日を中日とした前後3日間(計7日間)を秋彼岸と言い、墓参りや法会(ほうえ)と呼ばれる先祖供養の法要を行います。

また、秋と言えば田畑で蒔いた種が実りを付ける時期でもありますよね。

このことから、収穫への感謝や五穀豊穣のお願いを秋分の日に行っていたところもあるようです。

 

お彼岸には「おはぎ」それとも「ぼたもち」?違いは何?

 

秋分の日の意味や由来について

秋分の日は、国民の休日やお彼岸だけではなく、昼と夜の長さが同じという日でもあります。

この、昼と夜の長さが同じということがお彼岸に結びついているので、実は全く無関係ではありません。

昼と夜の長さが同じということはすなわち、太陽が真東から昇って真西に沈むことになります。

仏教の世界では西方浄土と言って西には極楽があると言われているので、真西に太陽が沈む秋分の日は仏様に祈りを捧げるのに最適な日とされたのです。

秋分の日がお彼岸として先祖供養の日となったのには、このような意味が由来があったのです。

まとめ

秋分の日が、国民の祝日として制定されている理由や意味がおわかりいただけたでしょうか。

秋は絶好の行楽シーズンですし、天気もよい日が多いのであちこち旅行やレジャーに行きたくなりがちですが、ひると夜が同じ秋分の日には、先祖を敬い、供養する心も大切だと感じます。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました