HOME

トイレ掃除の頻度はどのくらい?毎日できる簡単掃除方法を紹介!

トイレ掃除に役立つグッズは?簡単掃除で臭い対策も!

トイレ掃除は出来る限り高頻度で行うべきとはよく言われるのですが、より具体的にその回数を知りたいという人が多いでしょう。

そこで、今回はトイレの掃除頻度について言及し、毎日簡単にできる掃除方法やトイレ掃除に役立つグッズなどの情報をまとめてまいります。

トイレ掃除は怠ってしまうとすぐに悪臭が出るようになるので、悪臭対策も知りたいところでしょう。



適切なトイレの掃除の頻度は?


トイレの掃除頻度は毎日やるのが理想です。

しかし、毎日やるのは結構大変なので減らしたいというのが理想でしょう。

なので、「簡単な掃除は毎日行うけど本格的な掃除は1週間に1回とする」といったルールを設けるのが理想となります。

ただし、さぼる期間が長すぎるとカビが大量発生してなかなか落ちない尿石や水垢でいっぱいとなってしまいますのでお勧めできません。

人によっては「しつこい汚れや悪臭にも立ち向かえるなら1ヶ月以上放置しても大丈夫」と記載していますが、はっきり言ってトイレの悪臭は強烈なので1ヶ月の放置は現実的ではないでしょう。

そのトイレを使用したいという気持ちは間違いなくなります。

こうなるとそのトイレを掃除する気力もなくなってしまうので、さらに放置期間が延びてひどいトイレが完成していってしまうのです。

トイレのどこを掃除したらいい?


基本的にトイレ掃除の順番は

便器⇒壁⇒床

となっています。

この3つを順番通りに掃除するのが理想となります。

より細かく記載すると以下の通りの順番になるでしょう。

タンクの中⇒タンクの外⇒便座⇒便器の中⇒便器の外⇒壁⇒床

という順番です。

トイレも他の部屋と一緒で汚れやすい場所とそこまで汚れがひどくない場所がありますので、汚れが発生しやすい場所は毎日掃除して、そうではない場所は1週間に1回程度で掃除するといいでしょう。

しかし、汚れやすい場所でも毎日簡単に掃除して本格的な掃除は1週間に1回にとどめるというやり方もありますので、やり方次第なところはあります。

特に汚れやすい便器は便座は毎日の掃除が理想ですが、便器の外側はトイレ用掃除シートで毎日ふき取るようにして内部は洗剤やトイレブラシで擦ってあげれば十分でしょう。

便座もトイレ用掃除シートで毎日拭いてあげるようにしましょう。

床や壁は1週間に1回の頻度で掃除してください。

重曹水スプレーが役立ちますので用意しておくといいでしょう。

場所別の掃除頻度はこちら!


掃除の頻度は、便器や便座が簡単に毎日掃除をして本格的に1週間に1回掃除する、床や壁は1週間に1回の頻度で掃除すればいいでしょう。

このトイレ掃除は尿はねなどで壁や床や便座や便器が汚れて悪臭を発するようになるのが問題なので、汚れる部分を減らすのがポイントとなります。

特にひどいのが小便器を使った場合の尿はねの被害なのであえて小便器を使わないようにすることも重要でしょう。

男性にとって小便器の代わりに大便器を使うのは抵抗感が多少あるかもしれませんが、尿漏れ掃除のほうがいろいろと大変なので大便器に統一してもらったほうがいいのです。

それ以外にもトイレ使用後にトイレの蓋をしめて湿気対策をしてカビが発生しにくくするとか、トイレ用のシートを用意して便座や便器を使用後に軽くふく癖をつけるとか、トイレタンク内にカビが発生しないように月に1回は重曹を1カップ入れるようにするといった対策もあります。

これらの毎日行える対策を行うことで掃除頻度を減らすことができるでしょう。

毎日できる簡単掃除方法!


トイレ掃除を毎日行うには出来る限り作業を簡易化してスムーズに行えるようにすることが鍵です。



先ほど説明したように、トイレ掃除の順番は

タンクの中⇒タンクの外⇒便座⇒便器の中⇒便器の外⇒壁⇒床

となりますがタンクの中は毎日の掃除で手を付ける必要は雨水でしょう。

なので、簡易的な毎日行える掃除の仕方にモデルチェンジしてみましょう。

⇒トイレ用掃除シートなどを使ってドアノブやトイレットペーパーホルダーやウォシュレットのリモコンを軽く掃除する

⇒タンクの外を掃除する

⇒便座の表を拭く

⇒トイレ掃除シートを使って便座の蓋の表と裏を掃除する

⇒便座の外側を拭く⇒トイレの壁を拭く

⇒スリッパの裏を拭く

⇒トイレの床を拭く

⇒便座裏を拭く

⇒便座の淵や裏側を拭いてシートを流す

この順番でスムーズに掃除できれば3分程度で終わります。

この掃除のポイントは便器のふち裏といった手が届きにくい部分でここは尿のしぶきが入り込んで尿石が発生しやすいのです。

なので、毎日お掃除シートでふき取るか中性洗剤を使ったブラシ洗いが重要になります。

これらの掃除で使う用具はトイレマジックリンなどの中性洗剤とトイレクイックルなどのお掃除用シートです。

ちょっと気になる部分を掃除するためにトイレ用のブラシや不要となった歯ブラシを置いておくといいでしょう。

後は小便器を使わないで大便器のみを使うといった掃除範囲を減らす工夫を凝らせば掃除も簡単になります。

本格的な掃除をする頻度はだいたい1週間に1回となりますが、そのタイミングで毎日の掃除では手を出していない照明やガラス表面や窓枠に手を付けましょう。

トイレブラシを使って便器内の汚れを除去することも重要です。

毎日綺麗に保って臭いも対策できる!


毎日綺麗に保つことで清潔感を保つこともできますが、悪臭対策にもなります。

トイレの汚れというのはどうしても悪臭と直結してしまいますので、汚れが溜まれば溜まるほど悪臭にも注意しなければいけないのです。

仕事が忙しくて掃除する暇がないという方や、そもそも掃除が好きではないという人ほど簡易的な掃除のやり方を覚えて対策するようにしましょう。

先に記載したように、トイレは放置期間が長いと悪臭もきついものとなってしまいますので、定期的な掃除は必須なのです。

嫌いという人も悪臭まみれのトイレは試用したくないでしょう。

なので、悪くなってしまったらどうなるのかをより具体的に想像して対応することが重要になるのです。

消臭剤や芳香剤でごまかすこともできますが、根本的な原因は排除できておりませんのであまりお勧めしません。

いい匂いをもたらしたいという気持ちとは別に清潔にする気持ちも持ってください。

トイレ掃除で活躍するグッズ!


トイレ掃除で役立つグッズはいっぱいありますが、その中でも必須レベルのものもあります。

それがトイレクイックル(https://www.amazon.co.jp/dp/B07BH52QPY/?tag=cojicaji-22)といった水に流せるシートです。

これは毎日の簡易的な掃除に絶対使いますので、必ず用意してください。

Amazonでのお値段も20枚×3個のセットで1000円をきるなどかなりお買い得になっておきますので、常備しておきましょう。

それ以外にはセスキ炭酸ソーダや重曹やトイレ用の洗剤スプレーなど好みに合わせて用意してください。

今ではブラシ部分を使い捨てにしているトイレ用のブラシも売られていますので、そちらを購入するのも正解でしょう。

トイレ用ブラシもかなり進化していてふち裏を掃除しやすい形になっているものもありますので、買い替えるのも有効です。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はトイレ掃除の頻度や毎日行えるトイレ掃除のやり方などの情報をまとめていきました。

トイレ掃除はできればあまりやりたくないという人も多いでしょう。

しかし、放置することで厄介なことになりやすいのもトイレなので、簡単な掃除方法を覚えて日常に組み込んでしまうのが正解です。

出来る限り効率よく掃除をするにはトイレクイックルのような水に流せるシートが役に立ちますので、いろいろ買いそろえておきましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました