HOME

Tシャツを長持ちさせる洗い方や干し方と方法!

絶対にやってはいけないこととは?Tシャツの首元の伸びは直る?

洗濯物の中でもなにげに扱いが難しいのがTシャツで、長持ちさせるためには洗い方や干し方なども木を津川なといけません。

今回はTシャツの洗い方について、洗濯はどうすれば良かったのか、手洗いの方が良いのか、アイロンはしたほうが良いのかなど皆が気になっているけど明確な答えが返ってきにくい疑問をお答えします。

良く着るTシャツが気がついたら駄目になってしまったという経験がある方こそよくご覧ください。



Tシャツを長持ちさせる洗い方は?


汚れが目立ちやすいTシャツは丁寧に洗いたい物ですが、そもそもどのように洗ったら良いのかがわからないという人もいるでしょう。

なので、ここでは洗濯機を使った洗い方と手洗いの時の洗い方についての情報をまとめます。

洗濯機

基本的にTシャツは綿100%のものがほとんどなので、洗濯機で洗うことができるものばかりですが、中にはそれ以外の素材のものもありますので、その場合は手洗いに切り替えましょう。

基本的な洗濯機を使った洗い方は「手洗いモード」か「ドライコース」といった弱い水流で洗うことです。

ただし、濃色のTシャツやプリントがされているTシャツは色あせが発生してしまう恐れがありますので、裏返した方が安全でしょう。

あとは、色移りなどが発生しやすくなるので漂白剤を入れないことと、摩擦による劣化を防ぐためにも洗濯ネットを活用することが重要です。

皮脂汚れがひどくなりやすい襟元などは固形石鹸をこすって前処理を行うと効率が上がります。

また、細かいことではありますがほかの服や洗濯槽との接触時間が長ければ長いほど劣化が進みやすいので、脱水時間を短めにすることも重要です。

手洗い

洗濯機を使わない手洗いを行いたい人は、洗面器に水を張って洗剤を入れて洗浄液を作りましょう。

その後は押し洗いをして洗濯ネットに入れて1分ほど脱水してください。

あとは、洗剤を除去するために水を張り直してすすぎを行い、再度脱水しましょう。

その後は柔軟剤を含ませて脱水すれば終わりです。

Tシャツはよれが出やすいイメージからどうしても手洗いの方が良いと思われがちですが、洗濯機で洗うほうがおすすめという声が多くなっています。

干し方はどうしたらいい?


Tシャツの干し方として推奨されるものは陰干しや平干しです。

襟がどうしても伸びやすいTシャツはハンガーを使わないか襟からハンガーを入れないことが重要になります。

ハンガーを使わないという人は平干しネットを用意するか二つ折りになるようにしてパイプハンガーに引っかけるというやり方が安全でしょう。

また、ハンガーを使っていつものように干したいという方は肩に厚みがある太いハンガーを使って乾かすことも有効です。

陰干しをして嫌な臭いが発生するのをどうにかしたいという人は、生乾きが原因なのでエアコンや扇風機といった風を当てられる物を使って乾きやすい環境を作ってください。

部屋干しはその空間が湿っぽくなるので、除湿機を使ったり風通しをよくすることも重要になります。

アイロンはかけたほうがいい?


基本的に綿素材というのはかなり頑丈な部類に入りますので、アイロンがけそのものは問題なく実行できる素材となっています。

Tシャツのほとんどの素材は綿ですが中には別の素材の物もありますので、まずは素材チェックから行ってください。

問題なければ首から袖に向かって上下方向にアイロンをかけるように意識するとTシャツがのびにくくなります。

あとはアイロンを一方向に動かす意識を持ちながら、背中部分のシワを伸ばしてお腹側にもアイロンをかけていきましょう。



何らかのプリントがされているTシャツならあて布をプリント部分に当てながらアイロンをしてください。

シワ取りを重視したいという方は温度を「高温」に設定してアイロンがけを行いましょう。

高温の方がシワを取りやすいのです。

しつこいシワが相手の場合は霧吹きを使って短時間でササッとシワを取ってしまいましょう。

やってはいけないことはある?


Tシャツで良くあることが色あせです。

この色あせにも原因はしっかりと存在します。

一番多いのは経年劣化ですが、それ以外にも直射日光に当てている時間や洗っている時間が関わってくるでしょう。

太陽の光でしっかりと干すことは良いことなのですが、直射日光に当てている時間が長すぎるとそれだけ紫外線で変色する確率が高まりますので、外で乾かすときは裏返して陰干しすることを意識してください。

それだけでも色落ちは防げるようになります。

特に夏場はかなり劣化がかなり進む時期ですので、裏返して陰干しを徹底し、できる限り長時間干すのはやめた方が良いでしょう。

また、洗濯時間が長いとそれだけ染料が落ちる可能性が高まりますので、長時間の洗濯には注意しましょう。

これに漂白剤がセットになると余計に色落ちしますので、他の洗濯物とまとめて洗いたいときは手洗いに切り替えることも重要です。

また、高温のお湯で洗うと洗浄力が増すのですがTシャツの染料が落ちてしまう確率も高まりますので、温度管理も重要になります。

干す時の注意点ですが、通常のハンガーだと肩の部分に重みがかかりシワになる確率が高いので、ハンガーを使いたいという人はカーブを描いたような形状のハンガーを購入して型崩れを防止するようにしましょう。

これだけでアイロンがけが不要になるほど見た目が維持されるのでかなりおすすめです。

首元などの伸びを直す方法はある?


首元などののびてしまって切れなくなってしまったTシャツは数多く存在するでしょう。

この首が伸びるという現象は生地が横に引っ張られてしまうことで編み込みが不規則になってしまい波打っているようによれよれになってしまうことが原因です。

つまり、生地が横に引っ張られてしまうという部分を解消するとある程度は治すことができます。

その方法がアイロンや乾燥機を使って生地を縮むようにすることでしょう。

家に乾燥機があるという家庭は首元などがのびてしまったTシャツをそのまま乾燥機に入れて乾かしてください。

それだけでなおることがしばしばあります。

乾燥機が無いという家庭は、のびてしまった部分を元に戻すように引っ張ってからスチームアイロンをあてて横に引っ張られてできた隙間を埋めてあげましょう。

色褪せてしまったら?


基本的に色あせが発生してしまったらアウトなので、まずは色あせが発生しない方法を試してください。

陰干しにするとか長時間直射日光に当てないなど色々と方法はあります。

どうしても色あせをなんとかしたいという人はホームセンターや手芸店で売られている家庭用染色剤や布用染色ペンを使うしか無いでしょう。

単純な色落ちや色あせならこれである程度はごまかせます。

しかし、プリントしてある複雑な部分が色あせて不自然に見えるといった場合は、諦めた方が良いです。

基本は色あせや色落ちが発生しないように洗濯や乾燥をさせることと考えましょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はTシャツを洗濯する方法や洗濯や干す時にやってはいけないことをまとめました。

Tシャツを干すときにやってはいけないことは色々とありますので、今回はその部分だけでも覚えて活用してもらいたいです。

また、汗のついた衣類は耐久度が低下して色あせが発生しやすくなりますので、こまめに洗うことも重要になります。

洗うときはネットもうまく使ってください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました