HOME

洗濯機の臭いの原因を徹底解説!臭いの解決方法も!

こんな簡単にできる洗濯機の臭いの解決法!

洗濯機の臭いが気になるけどどうしたら良いのかわからない問い人も多いでしょう。

今回はこの洗濯機の臭いの現任と解決方法、そして臭いを解決するための洗濯機そのものの掃除のやり方についても記載いたします。

洗濯したばかりなのに衣類がなんとなく臭いと感じる方は必見です。



洗濯機の臭いの原因は?


洗濯機の臭いの原因はカビです。

衣類についた汚れや埃、そして水垢や石鹸カスが蓄積されてしまうと洗濯槽の内側にあいている脱水のための穴の奥にカビが大量発生してしまいます。

このカビが大量発生すると変な臭いが洗濯した物に残り続けるのです。

このカビ以外にも洗濯機では大量の雑菌が発生してしまいますので、雑菌が増えると生臭い臭いが発生しやすくなります。

特に注意が必要なのは水分や皮脂などの汚れと湿度によって増えやすいマイコバクテリウムという細菌で、この細菌がいる洗濯物の臭いはひどい物となります。

カビや細菌が大量発生すると、洗剤の匂いと混じってしまって柔軟剤を使っているのに変な臭いとなりやすいので、変な臭いがし始めたら洗濯機の掃除を絶対にしましょう。

また、排水トラップがついていないと排水口内部の臭いが上がってきて下水の臭いがついてしまう事があります。

洗濯機の蓋は閉じたままにしない!


基本的な予防方法は、湿気対策を色々と行使することにあります。

それが洗濯機の蓋の扱いです。

洗濯機の蓋は使っている時以外は開けっ放しにするのが理想です。

選択後に直ぐに締めてしまうと湿気が中にこもってしまいますので雑菌やカビが繁殖しやすくなります。

なので、乾燥させるためにも開けっ放しにする癖をつけましょう。

ひとり暮らしの家庭やお子さんがいない家庭ならば問題ないのですが、小さな子供やペットがいる家庭は開けっ放しにしている洗濯機を見ると中に入ってしまう危険性もありますので、それだけは防いでください。

洗濯機が置いてある場所にペットや小さい子供が入れないようにすることも重要です。

面白画像や可愛い画像の中にペットが洗濯機の中に入っているものが紹介されますが、あれは湿気対策などを考えるとない方が良いのです。

汚れた洗濯物を洗濯機に入れっぱなしにしない!


あまり普段から洗濯をしない人は脱いだ物をついつい洗濯機に直接放り込んでしまうことがありますが、あれは服についている皮脂や汗が雑菌やカビの栄養になってしまうのではっきり言っておすすめできません。

また、洗濯機の中の湿度が湿っている洋服を入れるとあがってしまうので、湿度の面からも推奨できません。

なので、脱いだ物は必ず洗濯カゴに入れるようにしましょう。

些細なことではありますが、洗濯機のメンテナンスというのは結構な大仕事になってしまいがちなので、家族のことを考えたら間違いなく意識して行動できる事柄となります。

どうしてもその癖が直らないという人には一度洗濯機のメンテナンスをやらせてみると良いでしょう。

その大変さが身にしみますので、一生忘れなくなります。

洗濯が終わったらすぐに干す!


そして、洗い終わった後の衣類もずっと洗濯機に入れっぱなしにするのではなく、直ぐに取り出してカゴに入れてください。

洗濯物を入れっぱなしにするとそれも洗濯機の中の湿度を高めてしまう原因となってしまうので、カビや雑菌にとってはありがたい環境になってしまいます。

こちらもシンプルではありますが、忘れてはいけないカビや雑菌対策なのです。

良くあるのが、洗濯をしている時に長電話や買い物などをしにいって洗濯をしていたことを忘れてしまい、入れっぱなしになってしまうというケースです。



空いている時間がもったいないと言うことで洗濯をしている時間に色々と行動するのは問題ないのですが、その結果入れっぱなしにする時間が長くなるのはあまり良くないのです。

どうしても入れる時間が長くなりがちという人はカビや雑菌が大量繁殖している可能性が高いと考えて、洗濯槽のクリーニング頻度を増やした方が良いでしょう。

お風呂の残り湯はできるだけ使わない!


できる限り水道代を節約するために残り湯を使うという家庭は多いのですが、この残り湯には雑菌がかなりいますので残り湯を多く使うという人はそれだけ雑菌が大量発生する確率が高いということです。

なので、できるだけ使わないのが理想となります。

しかし、水道代がなかなかに馬鹿にならないという家庭にとっては残り湯を使わないのは難しいでしょう。

そういう人は除菌ができる洗濯洗剤を使いつつ「洗い」のみに限定してください。

すすぎで使ってしまうと雑菌だらけの環境でのすすぎになるのでカビ臭いかおりも発生しやすくなります。

どうしても使いたい人は「洗い」に残り湯を使ってすすぎには水道水にしてください。

ただし、1回のすすぎではちょっと不安もありますので汚れや雑菌を洗い流せるようにすすぎの回数は1回ではなく2回の方が良いでしょう。

また、ドラム式洗濯機は使用する水量が少ないために節水しやすいと言われていますが、水量が少ない故に洗剤や汚れが洗濯槽内に汚れやすいのであまり残り湯は使わない方が良いという意見もあります。

他にもこちらの「衛生微生物研究センター(https://kabi.co.jp/kabi.php?k=k15)」の報告によると、お風呂に入ったお湯を一晩放置すると雑菌の数が2000倍程度にまで増加するというものがありますので、一晩放置したお湯は使わない方が良いという意見も多数あります。

どうしても使いたいという人は雑菌がそこまで繁殖していないお風呂にあがって直ぐのタイミングが理想でしょう。

放置時間が長くなりすぎると雑菌が大量繁殖するので「洗い」でもあまり使って欲しくはない水となってしまいます。

必要以上に洗剤を入れない!


洗剤を必要以上に入れると洗剤カスが溜まってしまいますので、それだけカビや雑菌が増えやすくなります。

洗剤は基本的に水の量に対して溶ける量がきちんと決まっていますので、多く入れすぎた場合は溶けきらなかった洗剤が多数出てきてしまいます。

この洗剤は洗濯槽に残ってしまいがちで変な臭いの原因となってしまうのです。

ついつい臭いをごまかすために柔軟剤や洗剤の量を多くしてしまいがちですが、洗濯機にも洗濯物にもそれは良いことにはなりませんので、洗剤の説明文を読んで量を確認しましょう。

それでも臭いが気になるという方は思い切って使っている洗剤や柔軟剤を変えてみるのも良いでしょう。

そもそも洗剤や柔軟剤の臭いがあっていないケースもあるのです。

定期的に掃除を行う!


洗濯機は使っている人ほど高頻度で汚れて言ってしまいます。

きちんと蓋を開けておくとか洗濯物はカゴに入れておくとか、洗濯が終わったら直ぐに取り出すといった対応をしていても少しずつ洗濯機は汚れていくのです。

使用頻度が多い人は1カ月に1回程度、使用頻度が少ない人でも3カ月に1回程度は洗濯槽や洗濯パンや排水口の掃除をしてください。

特に洗濯槽を掃除するための洗剤も色々とありますし、重曹を使うというやり方もありますので、それらをうまく活用しましょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は洗濯機の臭いに関わる情報をまとめていきました。

洗濯機の臭いを予防する方法は今回紹介したように色々とありますので、試してみることを試してみることを強くおすすめします。

お風呂のお湯を節約のために使っているという人も多いのですが、それが原因で悪い臭いがついてしまっている可能性もあるので使用頻度は少なくした方が良いでしょう。

悪臭対策で色々と柔軟剤を購入したり洗濯機の掃除頻度を増やす事の方が拘束時間も費用的にももったいないのです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました