山口でお土産を買うならコレ【絶対喜ばれるランキング】

山口でお土産を買うならコレ【絶対喜ばれるランキング】

山口で人気のお土産トップ10!

本州最西端に位置する山口県は、ふぐの産地として有名な下関市が開門海峡を挟んで福岡県北九州市と連接する地点となっています。

また、室町時代に大内弘世が山口を拠点として活躍したことから栄え、「西の京都」と称されるように風情のある街並が今も数多く残っています。

例えば、日本三名塔の一つである国宝の瑠璃光寺五重塔や重要文化財である洞春寺観音堂、今八幡宮本殿、古熊神社本殿、八坂神社本殿、山口県下最古と言われる木造建築物である月輪寺薬師堂、禅僧であり水墨画家としても活躍した雪舟が築庭したと言われている常栄寺雪舟庭、などです。

山口にはこのような歴史的な建造物が数多くあることから、観光が楽しみな場所と言えますよね。また、旅行に付き物と言えばお土産ですが、山口で買える人気のお土産には何があるのでしょうか。

そこで今回は、山口のお土産について調べてみました。


Sponsored Link


山口で買えるおススメの人気のお土産特集!

観光名所がたくさんあっても、魅力的なお土産がないと旅行に行く気が少し失せてしまったりしますよね?

そこでここでは、山口で人気のお土産をご紹介したいと思います。

以外な名物が数多くあり、お土産でも知られざる山口の素晴らしさをお伝えできる内容となっています。

 

菓子乃木の「月でひろった卵」

ymgomiya2
工場地下から湧き出る名水「琴名水」を使用して蒸し上げたふわふわのスポンジ生地の中に、地元山口産の牛乳を使ったたっぷりのカスタードクリーム、それに食感と味のアクセントになる刻んだ栗が入っています。栗は、以前は外国産の物を使っていましたが現在は国産和栗となっており、より安心安全に食べて頂ける努力をしています。

価格:1個190円、4個入り760円他
場所:本店、徳山駅、山口駅、ゆめタウン新南陽・防府・柳井他
営業時間:9:00~19:00(本店)、その他店舗によって異なる

 

旭酒造の「獺祭」

ymgomiya3
山口県岩国市は酒造りが盛んで、市内には多くの酒蔵があります。その中でも特にお酒好きの方に有名なのが、旭酒造の獺祭。辛すぎずフルーティーな味わいなので日本酒があまり得意ではない方でも美味しく頂ける銘酒です。

価格:お試しセット180ml×3本2,700円、純米大吟醸磨き三割九分180ml648円他
場所:山口県内の各酒店、山口県内の駅売店他
営業時間:店舗によって異なる

 

御堀堂の「外郎」

ymgomiya4
山口の銘菓。山口のお土産と言えば、山口外郎(ういろう)が定番商品です。山口外郎は、わらび粉を使っているので時間が経ってもモッチリ感が持続し、他の地方の外郎とは異なる食感や味わいが特徴となっています。

価格:小形5個パック×2セット1,100円、5本入り1,040円他
場所:本店、下関大丸店、近鉄松下店、Jr山口駅・新山口駅・徳山駅キヨスク他
営業時間:10:00~19:30(下関大丸店)、その他店舗によって異なる

 

山陰堂の「名菓舌鼓」

ymgomiya5
創業明治16年。白餡を求肥で包んだ和菓子で、販売当時は舌鼓としていましたが、時の総理大臣・寺内正毅から「このような美味しいお菓子ならば、名菓舌鼓に改称した方がよいであろう」と言われたことから、現在の名前に変更されたとされています。

価格:4個入り630円
場所:山口県山口市中市町6-15
営業時間:9:00~18:00

 

吹上堂の「利休さん」


Sponsored Link


ymgomiya6
宇部を代表する銘菓。白餡と小豆餡の2種類があり、一口サイズの蒸し饅頭です。利休さん、という名前の由来は安土桃山時代の茶人・利休にちなんでおり、彼がある茶会で出された素朴な饅頭を気に行って生涯愛用したことから、利休の徳を偲んで名づけられました。

価格:18個入り550円、36個入り1,090円他
場所:山口県宇部市中央町2丁目2-1
営業時間:9:00~18:00

 

中屋うに本舗の「粒うに」

ymgomiya7
実は山口は瓶うにの発祥の地と言われています。そのため、瓶うにの取り扱いも多く、お土産としても大変人気があります。中屋うに本舗では、うにの中でも最高級と言われるバフンうにを使用し、昔ながらの製法で一本ずつ手作りをしています。防腐剤や着色料は一切使用していないので、自然のままのうにの味が堪能できます。

価格:極上粒うに60g1,600円、特撰塩うに60g1,200円他
場所:山口県長門市油谷新別名732-7
営業時間:8:30~17:00

 

宇部蒲鉾株式会社の「宇部かまぼこ」

ymgomiya8
宇部かまぼこの特徴は、焼き抜きと言われる山口独自の伝統的な製法にあります。板の真下から焼くので、かまぼこの表面に焼き色がつかず色白な肌を保ちます。また、表面にちりめんのようなシワが寄るのも宇部かまぼこならではと言えるでしょう。

価格:新川(バラ5本)3,240円他
場所:新山口駅、山口井筒屋宇部店、イズミゆめタウン山口店他
営業時間:7:00~20:30(新山口駅新幹線口2階直売店)、その他店舗によって異なる

 

井上商店の「ふぐせんべい」

ymgomiya9
下関の特産のふぐを使った贅沢なせんべい。パリパリサクサクな軽い食感のせんべいと、辛子マヨネーズのピリ辛味が癖になる商品。

価格:14枚入り540円、26枚入り1,080円
場所:本店、新山口駅店、味街道店他
営業時間:8:30~19:00(新山口駅アイスタ内)、その他店舗によって頃なる

 

きれん製菓の「山焼きだんご」

ymgomiya10
全国菓子大博覧会にて農林水産大臣賞を受賞した銘菓。やわらかくついたお餅にきな粉をまぶした和菓子で、素朴な味わいながらもつい手が伸びてしまう名品です。個別包装されているので、職場などで配るお土産にも重宝します。

価格:12串入り650円、20串入り1,080円他
場所:新山口駅、宇部空港他
営業時間:8:30~19:00(新山口駅アイスタ内)、その他店舗によって頃なる

 

豆子郎の「豆子郎」

ymgomiya11
御堀堂の外郎と人気を二分しているのが、豆子郎の外郎「豆子郎」です。外郎と言えば名古屋の青柳ういろうが有名ですが、山口外郎はその存在を知らないだけで、知ってしまうと断トツに美味しいという方も多くいらっしゃいます。味は小豆と抹茶で、どちらも食べ切りサイズであっさりとした味となっています。

価格:1本105円
場所:本店、新山口駅店、宇部空港店他
営業時間:7:00~20:00(宇部空港店)、その他店舗によって異なる

 

山口のお土産のまとめ

今回の調査では、外郎が名物だったり、瓶うにの発祥の地だったりと、山口の知らない面をたくさん知ることができました。

今年、どこかへ旅行に行きたいと思っている方は是非、山口を訪れてはみませんか?


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)