山梨でお土産を買うならコレ【絶対喜ばれるランキング】

山梨でお土産を買うならコレ【絶対喜ばれるランキング】

山梨で人気のお土産トップ10!

山梨は「やまなし」と読みますが、実際には県土の80%が森林という「やまあり」県。

むしろ、内陸に位置するため「やまなし」と言うよりは「海無し(うみなし)」県が妥当と言えそうなのですが、海がないのに人口1人当たりの寿司屋の数が全国1位に輝いた過去を持つ、という少しユニークな県でもあります。

また、山が多いゆえにお米の栽培に適さなかったため、代わりに小麦粉栽培が盛んだったことから、山梨を代表する郷土料理のほうとうや吉田のうどんが誕生しました。

さらに、桃やぶどうなどの果物栽培も古くから行われており、山梨甲州産のぶどうから作られる甲州ワインは今や世界でも知られた銘酒となっていますよね。

このように、山梨はバラエティに富んだ食文化が魅力的な場所。美味しい物が多い、ということは当然、美味しいお土産も多いというわけです!

そこで今回は、山梨で人気のお土産について調べてみました。


Sponsored Link


山梨で買えるおススメの人気のお土産特集!

独特な食文化のある山梨ならではの、とっておきのお勧めのお土産をご紹介したいと思います。

これを読んだら、お土産買いたさに山梨に行ってしまいたくなること間違いないでしょう!

 

桔梗屋の「桔梗信玄餅」

yamnomiya2
山梨を代表する銘菓と言えば、やはり信玄餅ではないでしょうか。中でも桔梗屋の桔梗信玄餅は、一年を通じて販売できる山梨のお土産物を作りたいという想いから安倍川餅をヒントに開発されたものです。販売当初は同業者から「風呂敷を解き、別容器の蜜を掛けて食べるような手間の掛かる物など売れるわけがない」と冷ややかな目を向けられましたが、添加物を一切使用しない餅本来の味と黒蜜のコク、きな粉の香ばしい風味はお客様の支持を得、今では山梨土産には欠かすことのできない存在となりました。

価格:2個入り306円、8個入り1,149円他
場所:青沼店、美術館通り店、大月店他
営業時間:9:00~19:00(青沼店)、その他店舗によって異なる

 

澤田屋の「くろ玉」

yamnomiya3
昭和4年の販売以来、大ヒットし続けている商品です。北海道産の青えんどう豆を入れたうぐいす餡を、沖縄多良間島産の黒糖を使った羊羹で包んでおり、上品な甘さと見た目のかわいらしさがお土産に最適です。

価格:4個入り498円、10個入り1,220円他
場所:中央店、甲府駅前店、山梨県内の各駅キヨスク他
営業時間:7:30~20:30(甲府駅前店)、その他店舗によって異なる

 

桔梗屋の「信玄桃」

yamnomiya4
山梨県特産の桃に姿形を似せた和菓子です。ピーチゼリーが入った白餡を生地で包んで焼いた品で、ほんのりとした桃の香りが楽しめます。山梨のお土産に信玄餅はもう飽きたという方や、女性には特に喜ばれると思います。

価格:6個600円、12個1,200円
場所:青沼店、美術館通り店、大月店他
営業時間:9:00~19:00(青沼店)、その他店舗によって異なる

 

金精軒の「大吟醸粕てら」

yamnomiya5
寛永3年創業の老舗の蔵元・山梨銘醸の大吟醸酒の酒粕を使って作られるカステラ。カステラと言っても、卵白のみで焼き上げているので見た目は真っ白で、大吟醸独特のほんのりとフルーティーな香りが特徴となっています。お酒好きの方へのお土産として喜ばれること間違いなしです。


Sponsored Link


価格:1本1,330円、2本セット2,690円他
場所:本店、韮崎店
営業時間:共に9:00~18:00

 

みどりやの「笹子餅」

yamnomiya6
創業明治38年の老舗の和菓子屋。よもぎ餅の中につぶ餡が入っている笹子餅は、保存料や添加物を使用していないので日持ちがしないにも関わらず、それでも山梨に来たら必ず買って帰るというファンが多い銘菓です。

価格:5個入り410円、10個入り840円
場所:大月駅、甲府駅、山梨県内のSA他
営業時間:店舗によって異なる

 

竹林堂の「生クリーム大福」

yamnomiya7
明治36年創業。山梨県特産のぶどうや桃、フルーツトマトなどを生地に練り込んだ餅で、生クリームを包んだ洋風大福。味は勿論ですが、カラフルでキュートな見た目は女性受けのよいお土産として人気があります。

価格:1個126円~(種類によって価格が異なる)
場所:山梨県中央市山之神3349-7
営業時間:9:00~18:00

 

丸新製麺の「麺ロール」

yamnomiya8
山梨県名物と言えば、噛み応えのある吉田のうどんが有名ですが、その吉田のうどんが自宅で味わえるのがこの商品です。しかし、商品をよく見ると通常のうどんのように切れていません。これは、うどんの生地を巻物にして売っているので食べる時は家庭用包丁でカットする必要があるのです。お土産物としてインパクト大な商品です。

価格:550g(4人前)500円
場所:富士吉田市竜ヶ丘2-5-7
営業時間:9:00~17:00

 

清月の「イタリアンロール」

yamnomiya9
たっぷりのクリームをしっかりとしたスポンジ生地で包み、さらにその上にはクレープ生地を巻いて独特な味わいを生み出しています。

価格:ハーフ864円、1本1,620円他
場所:本店、南アルプス店、富士吉田店、セレオ甲府店他
営業時間:8:00~20:00(甲府駅ビル内セレオ甲府)、その他店舗によって異なる

 

松林軒豊島家の「月の雫」

yamnomiya10
天保3年創業の、甲府有数の老舗の和菓子屋。ざらめを溶かして練り上げ、もう一度火にかけたところに甲州ブドウを一粒ずつ落として仕上げる「月の雫」は、甲州ブドウの収穫後のみの販売にも関わらず山梨を代表する銘菓として大変有名です。元祖はこちら松林軒ですが、4代目が「月の雫」の商標権を開放したため、現在では多くのメーカーが月の雫を販売しています。

価格:24個入り1,600円
場所:甲府市中央1-14-3
営業時間:9:00~19:00

 

吉田屋の「一升瓶ワイン」

yamnomiya11
山梨と言ったら甲州ワインが有名ですが、インパクトを求めている方に人気があるのが各メーカー・ワイナリーが販売している「一升瓶ワイン」です。その名の通り一升瓶に入った大容量のワインですが、お得感やインパクトだけではなく味も確かですので安心してお買い求め下さい。なお、一升瓶ワインは各ワイナリーや甲府市内のスーパーなどでも販売されていますが、甲府駅近くの吉田屋なら数多くの種類から選びやすくてお勧めです。

価格:甲州種100%使用白ワイン1800ml1,560円他
場所:山梨県甲府市朝日2-17-13

 

山梨のお土産のまとめ

山梨のお土産には、他の地域のお土産にはないようなオリジナリティ溢れた商品が多く、さすが山梨と思いました。

山梨に行かなければ買えない、というのはそれだけでお土産の格が上がるような気がしますよね。


Sponsored Link




おすすめ記事

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)